マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第4回戦:Ivan Floch(スロバキア) vs. 鈴木 優大(茨城)

【観戦記事】 第4回戦:Ivan Floch(スロバキア) vs. 鈴木 優大(茨城)

By 小山 和志

 いよいよこのラウンドより、3不戦勝が明け全てのプレイヤーが出揃うことになる。かつてはグランプリトライアルやプレインズウォーカーポイントなどの方法で獲得ができた「3」不戦勝だが、現在の制度での獲得方法はたった1つ。プロプレイヤークラブのゴールドレベル以上に登りつめることだけだ。つまり、この第4回戦より登場する3不戦勝明けのプレイヤーは全員が「プロ」の称号を持つスタープレイヤーなのだ。

 そんなまばゆいスタープレイヤーたちの中から本記事でご紹介するのは、プロツアー『マジック2015』優勝者にして、プラチナ・レベル・プロ、イヴァン・フロック/Ivan Floch(スロバキア)だ。いつも微笑みながらプレイする彼の笑顔が印象に残っている方も多いのではないだろうか。

 対するは鈴木 優大(茨城)。フィーチャーマッチということで、かなり緊張しているように見えるが、フロックを相手に金星を上げることはできるか。

R4_ivan_suzuki.jpg

ゲーム1

 先攻のフロックが2ターン目に《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》で先手を取る。対する鈴木は2ターン連続で土地をタップインして、この環境の基準である3ターン目変異で迎え撃つ。フロックは《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》でアタックし、さらに変異を追加、この変異は《必殺の一射/Kill Shot(KTK)》で失うものの、《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker(KTK)》からさらなる変異と続々と攻め手を繰り出していく。

 鈴木は《苦々しい天啓/Bitter Revelation(KTK)》で手札の充実を図るが、ドローを戦場に反映できるまでライフが持つかどうか。その間に、押せ押せムードのフロックは《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》も追加して、数での押し切り勝ちを目指す。返しのターンに鈴木は《スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger(KTK)》、《牙守りの隊長/Tuskguard Captain(KTK)》で押しとどめようとするが、フロックは構わずフルアタック。鈴木は《牙守りの隊長/Tuskguard Captain(KTK)》で変異をブロック。この変異が表になると《峡谷に潜むもの/Canyon Lurkers(KTK)》で、フロックはなんとか鈴木のブロッカーを減らしつつ攻撃の手を続ける。

 だが、フロックの攻めもここまでだった。鈴木は先ほど充実させた手札から順々に強力カードを連打していく。まず《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》。次のターンに《象牙牙の城塞/Ivorytusk Fortress(KTK)》。そしてダメ押しは《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》からの《アブザンの隆盛/Abzan Ascendancy(KTK)》!

 この間に強襲なしの《マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief(KTK)》しか追加できなかったフロックは、顔をしかめて一言「OK」と呟くとサイドボードに手を伸ばしたのだった。

鈴木 1-0 フロック
R4_ivan.jpg
微笑みの男、フロック。

 お互いにかなりの枚数をサイドボーディングしている。鈴木は5枚前後、フロックにいたっては10枚以上もカードを入れ替えている。先にサイドボードを終えた鈴木が不安そうな顔でフロックの手元を見つめ、フロックはスマイルを絶やさずスリーブの交換を行う。

ゲーム2

 フロックが「Play」と先手でスタート。《軍団の伏兵/Horde Ambusher(KTK)》から3、4ターンと続けて変異を繰り出していく。鈴木も《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》、変異と繰り出し、フロックのクリーチャーと順々に相打ちをとっていく。変異同士の交換は鈴木が《グドゥルの嫌悪者/Abomination of Gudul(KTK)》、フロックが《僧院の群れ/Monastery Flock(KTK)》で、フロックが得をしたように見える。

 鈴木は変異、《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》、《サグの射手/Sagu Archer(KTK)》と次々と手札からクリーチャーを展開していくが、フロックは追加のクリーチャーをキャストすることができない。再び変異同士が相打ち(鈴木が《アブザンの先達/Abzan》、フロックが《真珠の達人/Master of Pearls(KTK)》)、フロックが《サグの射手/Sagu Archer(KTK)》を《停止の場/Suspension Field(KTK)》で取り去ったことで、いったん、戦場は鈴木の《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》のみになる。手札にクリーチャーの無いフロックは何とか《峡谷に潜むもの/Canyon Lurkers(KTK)》を引き込み、《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》を処理するが、鈴木の次の手は《軍備部隊/Armament Corps(KTK)》でフロックは下唇を突き出して渋い顔。

 何とか変異を2体引き込み盤面を再構築しようとするが、《死の激情/Death Frenzy(KTK)》を鈴木がキャストすると、渋い顔をしていたフロックは一転、いつものようにニコリと微笑んで、手を差し出したのだった。

鈴木 2-0 フロック
R4_suzuki.jpg
スター選手を相手に緊張ぎみの鈴木は金星を上げた。
鈴木 優大 Wins!

 試合後、鈴木は震えながら大きく息を吐き、安堵の表情を見せた。「フィーチャーマッチは緊張しましたか?」と尋ねると「もちろんそれもそうですが、なによりフロック選手と対戦できたので...。緊張しましたけど凄く嬉しかったです」とのこと。それをフロックに伝えると、彼の表情は微笑みから大きな笑顔へと変化したのだった。

前の記事: 【観戦記事】 第3回戦:Joseph Sclauzero(オーストラリア) vs. 篠田 滉人(京都) | 次の記事: 【戦略記事】 『タルキール覇王譚』シールドデッキ、このカードプールどう組むの?
グランプリ・静岡2015 一覧に戻る