マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第9回戦:鹿島 彰浩(埼玉) vs. Zhang Meng Qiu(香港)

【観戦記事】 第9回戦:鹿島 彰浩(埼玉) vs. Zhang Meng Qiu(香港)

By Sugiki, Takafumi

 ついにグランプリ・静岡2015も初日最終戦を迎えた。ここでは、ここまで全勝で駆け抜けている鹿島彰浩とツァン・メンシュウ/Zhang Meng Qiuの対戦をお送りしよう。鹿島はプロツアー・ヴェニス2003で日本人2人目となるトップ8を成し遂げた古豪であり、本トーナメントにおいては渡辺雄也、市川ユウキといったプラチナプレイヤーを倒してこのポジションを維持している。


鹿島 彰浩 vs. ツァン・メンシュウ/Zhang Meng Qiu

ゲーム1

 ともにマリガンがなく、ツァンの先攻でゲームがスタートした。ツァンが《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter(KTK)》、変異と展開するのに対して、鹿島は3ターン目に変異をプレイ。

 ツァンは4ターン目に変異と《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter(KTK)》で攻撃すると、鹿島は変異同士で相打ちすることを選ぶ。ツァンは《マー=エクの夜刃/Mer-Ek Nightblade(KTK)》を追加し、対する鹿島も《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で空から攻撃する体制を整えるといった、どちらも譲らぬ立ち上がりとなった。

 ツァンは《マー=エクの夜刃/Mer-Ek Nightblade(KTK)》に長久でカウンターを載せ、変異を盤面に追加。対する鹿島は《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で攻撃をし、《矢の嵐/Arrow Storm(KTK)》で《マー=エクの夜刃/Mer-Ek Nightblade(KTK)》を除去。

 コンバットトリックを持っていないのか、ツァンは《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》に対して変異を攻撃に向かわせず、追加の変異を戦場に加える。ターンを経てようやく5マナに到達すると、《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》への回答として《絞首/Throttle(KTK)》をプレイ。変異2体、《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter(KTK)》を攻撃に繰り出すも、鹿島も前のターンに出していた変異で1体をブロック、もう1体は《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》をプレイし、《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter(KTK)》の攻撃が通るのみとなる。

 ツァンが変異をプレイしたことで盤面が傾きかけるも、鹿島が《死の投下/Dead Drop(KTK)》で盤面をまっさらに戻そうとする。ここで、その変異が《休息地の見張り/Watcher of the Roost(KTK)》であることが明かされ、手札からは《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》が提示される。この《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》は、《森/Forest(KTK)》が無いためにプレイできていないのだ。

 ツァンの《血蠅の大群/Swarm of Bloodflies(KTK)》は鹿島の《冬の炎/Winterflame(KTK)》で除去され、対して鹿島が引いた《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》も、長久を重ねている間に《大蛇の儀式/Rite of the Serpent(KTK)》で除去されるといった展開で、なかなか盤面が傾かない。


ツァン・メンシュウ/Zhang Meng Qiu

 鹿島は《湯熱の精/Scaldkin(KTK)》をプレイし攻撃の体制を整えるが、ついにツァンが《森/Forest(KTK)》を引き当てたことにより《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》が盤面に登場する。なにか有効なカードを引かないと、瞬く間に《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》に蹂躙されてしまうところだが、きっちりと《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》を引き当て、《湯熱の精/Scaldkin(KTK)》との1対1交換をできる盤面を作り出す。

 一方的に殴れる状況を作るべく、ツァンは《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》と《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》を対象に《凶暴な殴打/Savage Punch(KTK)》をプレイ、《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》を除去しにかかる。鹿島は《水渦/Waterwhirl(KTK)》で《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》をバウンスすることでこれをなんとか回避。しかしながら、手札に戻った《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》は当然再び盤面に登場し、鹿島のライフを蝕んでいく。この時点で、ツァンのライフが20に対し、鹿島のライフは7まで落ち込んでいる。

 ツァンは再登場させた《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を、《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》を立てている鹿島に向かって攻撃させる。鹿島は決断し、《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》でブロック。先制攻撃のダメージが入る前に《湯熱の精/Scaldkin(KTK)》のダメージを《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》に与え、《湯熱の精/Scaldkin(KTK)》と《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》の交換が成立する。ここはツァンが少しもったいない交換をしてしまったように見える。

 盤面に《荒野の後継者/Heir of the Wilds(KTK)》を追加することで、ツァンはライフの少ない鹿島にプレッシャーを与える。これにより、《荒野の後継者/Heir of the Wilds(KTK)》と《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》が睨み合う盤面となった。

 この均衡を打開したのは鹿島。おもむろに《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》が攻撃に行き、ツァンは「追加のクリーチャーを引いたんだね」といった顔をしながらそれを通してライフが14。鹿島の引いたブロッカーはというと......

本環境最強の呼び声も高い

 これを見たツァンはため息。ターンをもらったツァンは力なく《荒野の後継者/Heir of the Wilds(KTK)》で攻撃し鹿島のライフは5、《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》を盤面に追加するも、鹿島はお構いなしとばかりに《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》、3/4の鳥・トークン、《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster(KTK)》で攻撃し、ライフを5から8に引き上げた上で、ツァンに10点のダメージを通す。ツァンが次のターンのドローを見てできることは、カードを片付けることのみであった。

鹿島 1-0 ツァン

ゲーム2


鹿島 彰浩

 ツァンは後攻を選択したゲーム2。鹿島は《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》に加えて3・4ターン目に出せるクリーチャーがあるものの土地が2枚しかない手札を引き、少考の末マリガンを選択する。続いて引いた6枚をキープ。

 鹿島は《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》、《アブザンの鷹匠/Abzan Falconer(KTK)》と展開し、対するツァンも《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》、変異とプレイする。《アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin(KTK)》同士が相打ち、鹿島は《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》を追加する。

 4ターン目、ツァンは変異を攻撃に向かわせ、鹿島はそれをブロックしない。ツァンがプレイするのは《吠える鞍暴れ/Bellowing Saddlebrute(KTK)》、4マナ4/5の破格のクリーチャーだ。これでツァンがペースをつかむかと思われたが、ツァンの悪夢はまたも訪れる。そう、鹿島は《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で攻撃をしてから《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》!!

 こうなると完全にこのゲームは鹿島のペース。ツァンの《吠える鞍暴れ/Bellowing Saddlebrute(KTK)》、変異の攻撃を受けつつ、返しで《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》、3/4の鳥・トークン、《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》で攻撃すると、ツァンのライフだけがみるみる減っていく。

 ツァンは《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》をプレイし、鹿島の《雪花石の麒麟/Alabaster Kirin(KTK)》をブロックしながら《抵抗の妙技/Feat of Resistance(KTK)》でサイズアップするなど盤面の維持に努力をするものの、《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》と鳥・トークンは容赦なく殴りかかってくる。《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》の効果でライフゲイン、ブロックされなかった鳥・トークンがツァンのライフを削っていくという、全くダメージレースにもならない展開。

 鹿島がそのまま押し切り、初日を9戦全勝で折り返すこととなった。おめでとう鹿島彰浩!!

鹿島 2-0 ツァン

前の記事: 【戦略記事】 渡辺雄也のシールドデッキ構築・ライフタイムでベスト | 次の記事: 【トピック】 マジック大好き!ニコ生新司会者候補たちの素顔に迫る?!
グランプリ・静岡2015 一覧に戻る