マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:松下 高幸(静岡) vs. 山本 賢太郎(埼玉)

【観戦記事】 第12回戦:松下 高幸(静岡) vs. 山本 賢太郎(埼玉)

By 矢吹 哲也

 グランプリ・静岡2015は2日目、第1ドラフトの最終戦を迎えた。ここではドラフト・ピックを追った山本 賢太郎の試合に注目する。

 山本は《境界の偵察》や《苦々しい天啓》などで墓地と手札を広く使い、強力な「探査」クリーチャーを活かす戦略で、本日ここまでの2戦を勝利してきた。昨年大きな活躍を見せた彼だが、新年のスタート・ダッシュを決めるためにもここでもうひとつ勝ちを重ね、勢いをつけて第2ドラフトに向かいたいところだ。

 山本に対するのは、開催地静岡から参加の松下 高幸。こちらも初日を1敗で抜け、2日目もここまで勝ち進んでいる。彼のドラフトしたマルドゥは、ビッグ・プレイヤーに土をつけることができるだろうか。

R12_matsushita_yamamoto.jpg
ここで1敗を守り、第2ドラフトへ弾みをつけるのはどちらか。

ゲーム展開

 ダイス・ロールに勝利すると、松下は顎に手をかけて少し時間を置き、先手を宣言した。初動は山本の《縁切られた先祖》。山本は続くターンにこれを「長久」し、次のターンにもう一度重ねる。

 一方の松下は「変異」クリーチャーから《雪花石の麒麟》と展開。山本も「変異」クリーチャーを繰り出し、「長久」により2/6となった《縁切られた先祖》を立たせてターンを渡す。

 ターンを迎えた松下は少考し、「変異」クリーチャーを攻撃に向かわせた。ブロックに入った山本の《縁切られた先祖》に《絞首》を差し向け、これを討ち取る。山本はすぐさま《スゥルタイのゴミあさり》で戦線を維持。なおも向かってくる松下に対して再びブロックに入るが、これも《打ち倒し》で除去された。

R12_matsushita.jpg
軽く素早いクリーチャーと除去でアグレッシブに攻める、松下のマルドゥ。

 《ラクシャーサの秘密》で《マルドゥの戦叫び》を2枚墓地へ送ったものの、松下の「変異」クリーチャーは表になり《アイノクの足跡追い》が姿を現す。さらに、《わめき騒ぐマンドリル》を展開し守勢に回る山本に対し、松下は《マルドゥの荒くれ乗り》、《雪花石の麒麟》と畳み掛ける。最後までクリーチャーの勢いを維持した松下が、ゲーム1をもぎ取った。


 2ゲーム目は、松下の1ターン目《血に染まりし勇者》が素早く戦端を開いた。初動が3ターン目の「変異」クリーチャー展開である山本に対し、攻勢を仕掛ける。

 山本はこれを冷静に「変異」クリーチャーでブロックすると、それを――《シディシのペット》を表返し、防御に成功した。松下も「変異」クリーチャー、《アイノクの足跡追い》を表にして攻撃を続けたが、しかし今度は山本の展開力が松下を上回り、松下は大型のクリーチャーを前に窮地へ追いやられていく。

R12_battlefield.jpg
クリーチャー・サイズに勝る山本が松下を追い詰める。

 松下の手札には《雪花石の麒麟》が2枚あるのだが、白マナの出る土地がない。《マルドゥの戦叫び》から捻出したマナで1体は展開するものの、このゲーム中に2度唱えられた《苦々しい天啓》から続々と現れる山本の軍勢に、ついに膝を屈したのだった。


 勝負は3ゲーム目までもつれ込み、残り時間も気になる中で、山本が再び《縁切られた先祖》を「長久」するところからゲームをスタートさせた。さらに《蔑み》を放つと、《絞首》、《果敢な一撃》、《マルドゥの戦叫び》、そして残りが土地という松下の手札が明かされる。

 クリーチャーを手札から失った松下はそれでも、その後すぐに「変異」クリーチャーを引き込み、《絞首》を絡ませた戦闘で山本の盤面から2体のクリーチャーを退場させた。松下は続けて、《遠射兵団》を繰り出した山本に対しマナを残しながら「変異」クリーチャーで攻撃すると、「探査」から《よろめく従者》を展開してターンを渡す。

 だが山本も《牙守りの隊長》と《スゥルタイのゴミあさり》を同時展開し盤面を押し返した。さらに続くターンには「変異」クリーチャーを2体続けて繰り出し、山本のクリーチャーたちが戦場を支配する。

R12_yamamoto.jpg
山本は優秀な「探査」クリーチャーと《苦々しい天啓》で、クリーチャー攻勢を緩めない。

 厳しい戦いに追い込まれる松下。山本は守りを維持しつつ冷静にクロックを刻む。

 逆転の目にかけて、反撃する松下。ライフ自体は互いにひと桁と接戦だが、物量と、《シディシのペット》の1点回復が山本に優位を与える。

 松下は《マルドゥの荒くれ乗り》を引き込み、それを戦場に送ると望みをかけて山本のターンを見守った。だが山本の手札から《暴風》が放たれると、ブロッカーを1体失った松下の軍勢では山本の攻撃を抑えることが叶わなかった。

松下 1-2 山本

「クリーチャーのサイズ差と《苦々しい天啓》のハンド差、厳しかったです」

 悔しい思いに肩を落としながらも、松下は真摯に敗北を受け止める。山本は勝利を積み重ねるべくフィーチャー・マッチ・エリアをあとにし、松下もここで踏み留まるべく次戦を見据えた。

 覇者を巡る8人が決定するまで、残り3ラウンド。

前の記事: 【観戦記事】 第11回戦:牛尾 淳志(高知) vs. 齋藤 友晴(千葉) | 次の記事: 第2ドラフト:ポッド組み合わせ・席順
グランプリ・静岡2015 一覧に戻る