マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第13回戦:川上 和人(大阪) vs. Lee, Shi Tian(香港)

【観戦記事】 第13回戦:川上 和人(大阪) vs. Lee, Shi Tian(香港)

By 小山 和志

 2日目の第2ドラフトを終えると、会場の雰囲気は一変する。トップ8が見えてきたプレイヤーたちの緊張感でプレイエリアの空気が張り詰めるからだ。そんなトップ8を目指す猛者たちの中から、ギリギリの2敗ラインでプレーするアジアの強豪リー・シー・ティエン/Lee, Shi Tianと、普段はMagic Onlineでプレイしているという大阪の川上和人の対戦をご紹介しよう。

 負ければトップ8の目がなくなる崖の試合。だが、数々のイベントを経験しているリーはもちろん、初のフィーチャーマッチだという川上にも緊張は見られない。トップ8への目を残すのはプロか新鋭か。

R13_kawakami_lee.jpg
川上和人 vs. リー・シー・ティエン

ゲーム1

 リーが先手でゲームスタート。両者ともに親指を立ててキープの意を示す。まず主導権を握りに行ったのは川上。《荒野の後継者/Heir of the Wilds(KTK)》から、リーの《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》に《消耗する負傷/Debilitating Injury(KTK)》を合わせて最初のジャブをお見舞いし、《ジェスカイの学徒/Jeskai Student(KTK)》を追加する。一方リーは《苦しめる声/Tormenting Voice(KTK)》から《山頂をうろつくもの/Summit Prowler(KTK)》と続ける。

 川上は《山頂をうろつくもの/Summit Prowler(KTK)》を意に介せず2体でアタックを敢行。リーは「フーッ」とため息をついて顔をしかめると、コンバットトリックを警戒してこれらをスルー。返すリーは《山頂をうろつくもの/Summit Prowler(KTK)》で攻撃し、手札の《マルドゥの心臓貫き/Mardu Heart-Piercer(KTK)》を見つめて少考する。先ほどの川上のアタックから、巨大化系のスペルが見えるだけにキャストを悩んでいるようだったが、結局《荒野の後継者/Heir of the Wilds(KTK)》に向けて強襲能力を使う。これは予想通り《熊の覚醒/Awaken the Bear(KTK)》でかわされる。リーは続くターンに、《龍流派の双子/Dragon-Style Twins(KTK)》をプレイするが、変異をプレイするのみでマナがオープンな川上の動きをいぶかしがり、アタックせずに《氷河の忍び寄り/Glacial Stalker(KTK)》と《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》を追加するのみ。


アジアを代表するプレイヤーのリー。

 川上はリーのターン終了時に変異を《アブザンの先達/Abzan Guide(KTK)》とし、自身のターンに《増え続ける成長/Incremental Growth(KTK)》をプレイする。とはいえ、リーの軍勢にもなかなかのサイズを持つクリーチャーが揃っており、攻撃には行けずひとまずターンを返す。

 数ターンに渡りクリーチャーたちが睨みあい、膠着状態が続くかと思われたが、決着は一瞬だった。リーは《石弾の弾幕/Barrage of Boulders(KTK)》をキャストすると、《山頂をうろつくもの/Summit Prowler(KTK)》と《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》で8点。ブロックできない川上はスルーしかできず、ライフは11。そして次のターン、リーの手札から飛び出したのは2枚目の《石弾の弾幕/Barrage of Boulders(KTK)》。フルアタックを確認すると川上は土地を畳んだのだった。

川上 0-1 リー

 サイドボードの間も両者が会話を交わすことはない。プレイヤーの間にも、ギャラリーの間にも緊張の糸が張り詰めたままだ。

ゲーム2

 再び川上の先手でゲームスタート。川上がすぐにキープを宣言したのに対し、リーは悩みに悩む。それもそのはず、リーの手札は土地1枚に、《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic(KTK)》とスペル5枚というものだったのだ。顔を大きくしかめながら考えるリーは意を決してキープを宣言する。果たしてこの賭けが吉と出るか凶と出るか...。

 リーは最初のドローで土地が引けず、迎えた運命の第2ターン。恐る恐るドローをのぞくも...土地は見えない! 続くターンにも土地が引けなかったリーは苦笑いしながら戦場のたった1枚の《森/Forest(M15)》を片付けたのだった。

川上 1-1 リー

初のフィーチャーマッチとなる川上

ゲーム3

 3本目はリーが待望の先手をゲット。7枚でキープすると、川上はマリガン。スタートはリーの2ターン目《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic(KTK)》から、3ターン目変異という流れ。川上は3連続タップインの土地から《幽霊火の刃/Ghostfire Blade(KTK)》。

 川上はライフが14となったところで変異を召喚し、《幽霊火の刃/Ghostfire Blade(KTK)》を装備してひとまず地上を固めるが、これが《矢の嵐/Arrow Storm(KTK)》で退場。リーのクリーチャーがクロックを刻み続ける。変異は《打ち倒し/Bring Low(KTK)》で除去するが、すでにライフは半分の10まで減っている。

 だが、ここから川上が反撃を見せる。《高地の獲物/Highland Game(KTK)》と変異を召喚すると、リーのキャストした《氷河の末裔/Scion of Glaciers(KTK)》に《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》を合わせる。続くターンに《高地の獲物/Highland Game(KTK)》と《幽霊火の刃/Ghostfire Blade(KTK)》を装備した変異で攻撃に向かい、ライフレースを10対10の互角へと持ち込む。

 リーの召喚した《高山の灰色熊/Alpine Grizzly(KTK)》にも川上は《不撓のクルーマ/Unyielding Krumar(KTK)》をブロッカーに立て、盤面ではストップしたかに見えた。

 だが、またしても最後は唐突にやってきた。ブロッカーが《不撓のクルーマ/Unyielding Krumar(KTK)》1体の川上に対し、リーは2枚の呪文をキャストする。

 10点あった川上のライフは一瞬で0を割ってしまった。

川上 1-2 リー

Lee Wins!

前の記事: 【トピック】 外国人参加者に聞いてみた! Youの日本の印象は? | 次の記事: 【観戦記事】 第14回戦:和田 寛也(東京) vs. 鹿島 彰浩(埼玉)
グランプリ・静岡2015 一覧に戻る