マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 松本郁弥の「4色サヒーリ(新緑の機械巨人型)」デッキとそのサイドプラン

【戦略記事】 松本郁弥の「4色サヒーリ(新緑の機械巨人型)」デッキとそのサイドプラン

By Sugiki, Takafumi

(この記事はグランプリ本戦1日目に取材したものです)

今シーズンの活躍とプロツアー『アモンケット』予選通過

 松本郁弥(ふみや)、今シーズンの日本マジック界ライジングスターは、間違いなく彼であろう。

matsumoto1.jpg

 昨年9月にチーム戦で行われたグランプリ・京都2016で原根健太(Hareruya Pros)、平見友徳(Hareruya Hopes)とともにトップ4に入賞し、勢いをそのままに10月に開催されたグランプリ・クアラルンプール2016で見事初の戴冠。彼自身初のプロツアーとなった、プロツアー『霊気紛争』では7勝9敗と奮わなかったものの、先週にMagic Online(以下MO)上で行われたプロツアー地域予選で《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》、《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》型4色サヒーリを使用し見事に通過。5月に開催されるプロツアー『アモンケット』の権利を獲得した。

 プロツアー『アモンケット』での参加点3点を含めれば、シルバーレベルの必要プロポイントである20点まであと2点。今回のグランプリで2点以上獲得することで、シルバーレベルに上がり、7月のプロツアー『破滅の刻』(京都)ならびに、次シーズンのプロツアー1回分の参加権利も獲得できる。

 また、今シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーレースでも現在8位につけており、プロツアーでの活躍次第では、大礒正嗣、渡辺雄也など錚々たるメンバーに次いでの、日本人としては久しぶりのルーキー獲得もあり得る。

 そんな彼が先週のMOでのプロツアー地域予選で使用し見事プロツアー『アモンケット』の参加権利を獲得した際に使用したデッキは、下記のとおりである。

MATSU
Magic Online プロツアー『アモンケット』地域予選 権利獲得 / スタンダード(2017年3月11日)
4 《森》
1 《島》
1 《山》
1 《平地》
4 《植物の聖域》
3 《獲物道》
3 《尖塔断の運河》
4 《霊気拠点》

-土地(21)-

4 《導路の召使い》
2 《歩行バリスタ》
4 《ならず者の精製屋》
4 《つむじ風の巨匠》
4 《守護フェリダー》
2 《新緑の機械巨人》

-クリーチャー(20)-
4 《ニッサの誓い》
3 《霊気との調和》
4 《蓄霊稲妻》
2 《チャンドラの誓い》
2 《領事の旗艦、スカイソブリン》
4 《サヒーリ・ライ》

-呪文(19)-
2 《不屈の追跡者》
1 《新緑の機械巨人》
1 《歩行バリスタ》
2 《否認》
1 《チャンドラの誓い》
3 《グレムリン解放》
3 《鈍化する脈動》
2 《反逆の先導者、チャンドラ》

-サイドボード(15)-

 この1週間で彼はこのデッキをどのように進化させて、この静岡の地に乗り込んでいるのか、そして、デッキのサイドプランについても聞いてみたい。

――まずは、MOでのプロツアー地域予選通過おめでとうございます。

松本「ありがとうございます。」

――「4色サヒーリ」を選択したのはどのような理由でしょうか?

松本「この環境のツートップである『機体』『4色サヒーリ』の両方を試しました。その中で分かったのが、機体が土地事故を起こすということ。一方、『4色サヒーリ』はプロツアー『霊気紛争』前から試しており感触はよかったので、そのまま調整を進めて仕上げました。」

――その中でも《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》、《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》型を選択したのはどういった理由でしょうか?

松本「通常の4色サヒーリだと、対策されきってるということが挙げられます。そのため、不意打ちでダメージクロックを上げられる《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》を採用しました。また、重ための除去枠として、《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》ではなく《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》を選択したのは、戦場から離れにくく、また負けてるときにもまくりに行ける強さがあるためです。」

――先週使用したデッキに不満点はありましたでしょうか?また、それに伴う改良点はどういったものでしょうか?

松本「土地周りに不満がありました。1ターン目に緑マナからスタートする安定性を増やすため、緑マナを増やしました。」

――デッキの調整はどのように行っていたのでしょうか。

松本「杉山雄哉、平見友徳と3人でデッキをMO上で回し、LINEで意見交換しながら仕上げました。今回は8人がほぼ同じデッキを使用しています。」

 彼が調整メンバーとともに先週からの1週間でブラッシュアップした結果、グランプリ・静岡2017春で使用するデッキは下記のとおりである。

matsumoto2.jpg
松本 郁弥 - 「4色サヒーリ(新緑の機械巨人型)」
グランプリ・静岡2017春 / スタンダード (2017年3月18~19日)
5 《森》
1 《島》
1 《山》
1 《平地》
4 《植物の聖域》
3 《獲物道》
1 《尖塔断の運河》
4 《霊気拠点》

-土地(20)-

4 《導路の召使い》
2 《歩行バリスタ》
4 《ならず者の精製屋》
4 《つむじ風の巨匠》
4 《守護フェリダー》
2 《新緑の機械巨人》

-クリーチャー(20)-
4 《ニッサの誓い》
3 《霊気との調和》
1 《ウルヴェンワルド横断》
4 《蓄霊稲妻》
2 《チャンドラの誓い》
2 《領事の旗艦、スカイソブリン》
4 《サヒーリ・ライ》

-呪文(20)-
3 《不屈の追跡者》
1 《新緑の機械巨人》
1 《歩行バリスタ》
1 《チャンドラの誓い》
3 《金属の叱責》
3 《グレムリン解放》
1 《空鯨捕りの一撃》
2 《鈍化する脈動》

-サイドボード(15)-
matsumoto_deck2.jpg

サイドプラン

対サヒーリ同型先手
OutIn
4 《守護フェリダー/Felidar Guardian(AER)》
4 《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》
1 《チャンドラの誓い/Oath of Chandra(OGW)》
2 《鈍化する脈動/Dampening Pulse(BFZ)》
1 《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》
2 《金属の叱責/Metallic Rebuke(AER)》
対サヒーリ同型後手
OutIn
4 《守護フェリダー/Felidar Guardian(AER)》
4 《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》
2 《鈍化する脈動/Dampening Pulse(BFZ)》
1 《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》
1 《金属の叱責/Metallic Rebuke(AER)》

 特徴的なカードとしては《領事の権限/Authority of the Consuls(KLD)》より《鈍化する脈動/Dampening Pulse(BFZ)》を採用していることが上げられる。

 これは《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》コンボはもちろんのこと、《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》も含めて対策することで、殴り負けることがなくなることが大きいとのことだ。また、《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》への搭乗もかなり阻害される。

対機体先手
OutIn
4 《守護フェリダー/Felidar Guardian(AER)》
4 《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》
1 《ニッサの誓い/Oath of Nissa(OGW)》
3 《グレムリン解放/Release the Gremlins(AER)》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》
1 《空鯨捕りの一撃/Skywhaler's Shot(KLD)》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》
1 《チャンドラの誓い/Oath of Chandra(OGW)》
対機体後手
OutIn
4 《守護フェリダー/Felidar Guardian(AER)》
4 《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》
1 《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》
3 《グレムリン解放/Release the Gremlins(AER)》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》
1 《空鯨捕りの一撃/Skywhaler's Shot(KLD)》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》
1 《チャンドラの誓い/Oath of Chandra(OGW)》

 対機体では、サイド後殴りあうプランを採用するとのことだ。先手後手では、2マナ3マナ域のカードの枚数を微調整しダブつきを防いでいる。

対黒緑
OutIn
1 《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》
1 《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》
1 《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》
1 《チャンドラの誓い/Oath of Chandra(OGW)》
1 《空鯨捕りの一撃/Skywhaler's Shot(KLD)》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》
対ティムール《電招の塔》
OutIn
2 《チャンドラの誓い/Oath of Chandra(OGW)》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》
2 《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》
2 《守護フェリダー/Felidar Guardian(AER)》
2 《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》
3 《グレムリン解放/Release the Gremlins(AER)》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》
1 《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》
3 《金属の叱責/Metallic Rebuke(AER)》

 グランプリトップ4、グランプリ戴冠、プロツアー連続出場と確実にステップアップする松本。シルバーレベル到達に向けてターニングポイントとなる本グランプリでの活躍を期待したい。

前の記事: 【観戦記事】 第15回戦:Sun, Chuan(中国) vs. 伊藤 大明(神奈川) | 次の記事: 【戦略記事】 デッキテク:三宅 恭平の「バント・霊気池の驚異」
グランプリ・静岡2017春 一覧に戻る