マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 デッキテク:細川 侑也の「Wrath Dredge」

【戦略記事】 デッキテク:細川 侑也の「Wrath Dredge」

By 宮川 貴浩

(この記事はグランプリ本戦1日目に取材したものです)

hosokawa_01.jpg

 「ドレッジ・マスター」として名高い細川が、猫や飛行機の跋扈するこのスタンダード環境にドレッジデッキを持ち込んできた。少し前のスタンダード環境では見かけることもあったが、ドレッジというとやはり下の環境での印象が強い。細川はいかなる調整過程をへて今回のデッキをチョイスしたのか。そして、デッキに搭載された秘策とは?

 これが、細川のデッキリストだ。

細川 侑也 - 「Wrath Dredge」
グランプリ・静岡2017春 / スタンダード (2017年3月18~19日)
6 《島》
6 《山》
4 《さまよう噴気孔》
4 《尖塔断の運河》
1 《高地の湖》
2 《ウギンの聖域》

-土地(23)-

4 《秘蔵の縫合体》
4 《縫い翼のスカーブ》
4 《改良された縫い翼》
4 《老いたる深海鬼》
2 《騒乱の歓楽者》

-クリーチャー(18)-
4 《稲妻の斧》
4 《安堵の再会》
4 《苦しめる声》
4 《ナヒリの怒り》
3 《コジレックの帰還》

-呪文(19)-
3 《儀礼的拒否》
4 《否認》
4 《熱病の幻視》
3 《グレムリン解放》
1 《癇しゃく》

-サイドボード(15)-
What's "Wrath Dredge"?

 単にドレッジに思い入れがあるから、という理由でこのデッキを選んだわけではない。《ナヒリの怒り/Nahiri's Wrath(EMN)》を使いたいというところから、細川のこのデッキの構想が始まった。「Wrath Dredge」というデッキ名からも、このカードがデッキの主役であることがうかがえる。

 現在のスタンダードでは、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》、《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai(KLD)》、《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》といったプレインズウォーカー陣が幅を利かせている。特に、有利な状況を築いた後、それに蓋をするように登場する《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》は、対処できなければ即負けてしまうカードだ。

 最初はコントロールデッキを使っていた細川だが、怒濤のプレインズウォーカー群を捌ききるのは至難の業だったという。そこで目をつけたのが、4ターン目に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》を倒すことが可能な《ナヒリの怒り/Nahiri's Wrath(EMN)》だ。このカードであれば、先に展開されたクリーチャーと《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》、並んだプレインズウォーカーたちといった厄介な面子をまとめて流せる。

 《ナヒリの怒り/Nahiri's Wrath(EMN)》を使うのであれば、当然《縫い翼のスカーブ/Stitchwing Skaab(SOI)》、《改良された縫い翼/Advanced Stitchwing(EMN)》といった相性のいいクリーチャーたちに白羽の矢が立つ。そして、それらは8枚の「ルーター」呪文、《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam(SOI)》、《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend(EMN)》などのカードと手を組み、まさにシナジーの塊と言えるこのデッキが完成した。

hosokawa_02.jpg

 《稲妻の斧/Lightning Axe(TSP)》は、細川が《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》と並んで警戒する《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》を撃ち落とすことができ、赤1マナを立てておくだけで《守護フェリダー/Felidar Guardian(AER)》をどけられるのもポイントが高い。

 《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler(EMN)》は、トップデックして強いカードがほしいという観点からの採用だ。

デッキ相性

 気になる他のデッキとの相性だが、サヒーリデッキにはかなり有利で、ソーサリータイミングのアクションが多い《霊気池の驚異/Aetherworks Marvel(KLD)》デッキにも有利とのことだ。機体デッキには必要なカードをしっかり引かないと負けるので、気合が必要と語ってくれた。特に《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》は、きっちり火力に合わせられた場合は厳しい戦いを強いられる。

サイドボーディング
hosokawa_03.jpg

 対戦相手の《否認/Negate(AER)》にルータースペルを打ち消されると致命的なので、サイドボードには《熱病の幻視》、《否認/Negate(AER)》がそれぞれ4枚と、コントロール用のカードが多めに取られている。対コントロールでは火力が抜けるので、入れ替え先には困らない。手札が増える《熱病の幻視/Fevered Visions(SOI)》はディスカードとも相性がいい。

 《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection(KLD)》は《霊気池の驚異/Aetherworks Marvel(KLD)》デッキに、《グレムリン解放/Release the Gremlins(AER)》は機体デッキにと、その他のカードもしっかりとターゲットを絞って採用されている。対機体デッキでは、《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler(EMN)》2枚と《縫い翼のスカーブ/Stitchwing Skaab(SOI)》1枚あたりを抜いて《グレムリン解放/Release the Gremlins(AER)》を入れる形になる。

 《癇しゃく/Fiery Temper(TSB)》は、対サヒーリデッキなどのための追加の火力だ。

プレイング

 プレイングはちょっと難しいかもしれません、と細川はこのデッキを使う上でのポイントを教えてくれた。例えば対機体デッキの場合、先手番では積極的に《改良された縫い翼/Advanced Stitchwing(EMN)》を墓地から戦場に戻していくのだが、後手番の場合は相手の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》の返しの《ナヒリの怒り/Nahiri's Wrath(EMN)》を最大限に生かすため、《改良された縫い翼/Advanced Stitchwing(EMN)》を手札に取っておくといったプランの変更が必要になる。

 また、手札を捨てる必要があるというデッキの性質上、裏目を引くこともあり、その点もこのデッキの扱いを難しくしている。しかし、このデッキのもつ爆発力と奇襲性は、それらのリスクを補って余りあるものだ。

 非常に整理された思考でデッキについて語ってくれた細川。新しいデッキの考案に行き詰っている方や猫アレルギーの方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

前の記事: 【戦略記事】 注目のデッキ:「黒赤エルドラージ」 | 次の記事: 【戦略記事】 デッキテク:松田 幸雄の「黒単ジャパニーズトラディショナルスナック」
グランプリ・静岡2017春 一覧に戻る