マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 スタンダードシリーズってどうなの? 全国の人たちに聞いてみました

【トピック】 スタンダードシリーズってどうなの? 全国の人たちに聞いてみました

by Yuichi Horikawa

 グランプリ会場には、日本各地からマジックのプレイヤーが集まります。

 その中でも、スタンダードをプレイしている人たちに焦点をあて、2月13日からスタートしたスタンダードシリーズの反響についてインタビューさせてもらいました。

standard_series_promo.jpg

 スタンダードシリーズについて、くわしくはこちらでご確認できます。

 ゲームデーの後もスタンダードを楽しもう!『霊気紛争』スタンダード・シリーズが2月13日(月)からスタート!

 では、順不同で日本国内のさまざまな地域のスタンダードプレイヤーの声を紹介していきましょう。

北九州の場合 和田 一将さん

gpshizuoka2017standardseries02.jpg

福岡在住
レベル2ジャッジ
マジック歴 13年ぐらい

 地元の九州は田舎なので、なかなか大会に出てくる人が少ないってのが現状ですね。

 ジャッジをしているので、北九州の店舗に顔を出すことが多いのですが、ちょっと特殊かもしれないのですが、お店にはプレイヤーはたくさん居るんですが、FNMがはじまっても大会には出ないって人が多かったりって話を耳にします。

 九州ではスタンダードプレイヤーが少ないというわけではなく、みんな家でマジックを楽しんでいるって感じでしょうか?

 ですが、今回のスタンダードシリーズは特別な土地カードがもらえるとあってなかなか受けが良いって聞いています。

 新しい取り組みでまだ始まったばかりなので、これを通じて店舗の大会に人が多く集まってくれると良いなと思っています。


愛知県の場合 渡辺 恭平さん

gpshizuoka2017standardseries04.jpg

愛知県在住
マジック歴 4年ぐらい

 普段地元では、なかなか時間が合わなくて店舗の大会には行ける時には行くって感じの頻度で大会に参加しています。

 スタンダードシリーズは、行きつけの店舗でも、スタンプラリーはやってますが、小さいお店なのでスタンプカードじゃなくて、参加したかどうかを店舗で管理してるって感じですね。

 大きな店に出るとスタンプカードで管理してる感じですね。

 このスタンプラリーが始まって、スタンダードをする人が増えていると思います。目に見えてすごく増えているって感じではないですが、周りのプレイヤーも今回もらえる土地カードの話が出たりしてますね。

 スタンダードショーダウンのときもそうだったんですが、できれば日本語のカードが良いなって声も聞きますね。

 行きつけの店舗で使っているブースターパックも日本語で、デッキのほとんどのカードが日本語なので、日本語でデッキのカードを統一したいって人は多いんだと思います。

 まだまだ、始まったばかりのイベントなので続けてほしいなと思います。


大阪府の場合 禹 佳伸さん

gpshizuoka2017standardseries01.jpg

大阪府在住
マジック歴 18年ぐらい

 スタンダードシリーズは、地元のお店のスタンダードイベントに出たときに、スタンプカードをもらって、「おっ、こんなのやってのか」といった形で知りました。

 地元では、今回のグランプリもあってかスタンダードは盛り上がっていましたね。

 私自身は、仕事の都合もあって、その予定に合う店舗で大会に参加するというのもあるので、いろいろな店舗でスタンプラリーのサーキットが出来たら面白いのになって思います。

 あと、どこにもアナウンスが無いので、どの店舗がスタンダードシリーズがやっていて、どの店舗がやっていないのか分からなくて、イベントに出てみたらここはスタンプラリーをやってない店舗なんだなって、がっかりすることはありますね。

 でも、こういう取り組みは新しいスタンダードのプレイヤーが参加する機会にもなりますし、めっちゃええと思います。なかなかプレイヤーには伝わっていないところもあるので、もっと大々的にアピールしてスタンダードプレイヤーが増えてほしいですね。


新潟県の場合 H・Kさん

gpshizuoka2017standardseries05.jpg

新潟県在住
マジック歴 11年ぐらい

 地元ではちょっとスタンダードの人が減ってきているのが今の状況ですね。好きな色とかの関係でちょっと盛り下がってるって雰囲気ですかね?

 ただ、個人的な意見としては、こういうイベントは好きなので続けてほしいと思っています。

 今回の特別な土地はこの機会にしかもらえないので、そういう土地が好きな人は他にもたくさんいると思います。

 スタンダードショーダウンも好きだったんですが、個人的には、今回のスタンダードシリーズの方が良いなって思ってます。

 以前あった、ラヴニカギルドのギルドマークが入ったMPSランドみたいに基本土地だったら、他のフォーマットからスタンダードをはじめるきっかけになったりするんじゃないのかなって思ってます。

 今回のスタンダードシリーズは、今スタンダードを楽しんでいる人のためのって印象なので、もっと間口を広げてほしいなと思います。

 ただ、行きつけの店舗は入ってくる枚数が少ないので、同じ土地を4枚集めるのは至難の業じゃないかな?って言われてしまいましたね。


店舗スタッフの場合 日下部 恭平さん

gpshizuoka2017standardseries06.jpg

大阪府在住
マジック歴 18年ぐらい

 そうですね、正直なところスタンダードシリーズは、まだあまり知られていない感じですね。店舗でもこれからだなって感じてます。

 店舗の大会に参加されたプレイヤーの方にスタンプカードを渡したときに「こんなのやってるんや」って反応が多いですね。

 続けていくうちにプレイヤーには根付いていくんじゃないかと思っています。

 今のところ、知っている人が少ないので、スタンダードのプレイヤーを増やすって感じよりも、リピーターを増やすって感じですね。

 もっと告知して、知っているプレイヤーが増えれば、もっと盛り上がると思いますよ。スタンプカード渡して、これを知ったら、かなり好感触ですからね。


インタビューさせていただいて

standard_series_promo.jpg

 私の考えたいた以上に、まだまだスタンダードシリーズは産声をあげたばかりで、プレイヤーには認知されていないのだなという印象でした。

 この記事では触れていませんでしたが、実はスタンダードシリーズの賞品として、3枚のプレイマットがスタンダードシリーズを開催している店舗に配布されるのです。(店舗でのプレイマットの配布方法は店舗毎に異なります)

 また、スタンダードシリーズは、店舗のスタンダードの大会に出るだけで参加できるお手軽なイベントです。1か月ほど期間も残っていますので、ぜひとも店舗のスタンダードのイベントに参加してみてください。

 そこには、きっと楽しい出会いや、エキサイティングな体験が待っていますよ!

前の記事: 【戦略記事】 グランプリ・静岡2017春 第11回戦終了時トップ32デッキ分布 | 次の記事: 【観戦記事】 第12回戦:藤村 和晃(大阪) vs. 猿田 克海(茨城)
グランプリ・静岡2017春 一覧に戻る