マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:棚橋 雅康(新潟) vs. 桐野 亮平(岡山)

【観戦記事】 準決勝:棚橋 雅康(新潟) vs. 桐野 亮平(岡山)

By 宮川 貴浩

 誰もが憧れるグランプリトップ8という晴れ舞台。では、実際にそこまでやってきた者たちが次に目指すものは何だろうか。トップ4入賞か、次回のグランプリトップ8か。いや、今日の優勝だ。

 誰もが日本で一番高い山を知っていても、二番目に高い山を即答できる人は多くない。一番とその他には、それだけ大きな差があるのだ。来た道のりだって、振り返るのは頂上の景色を見てからでいい。

 つまり、ここで負けては意味がない。だが、現地はもちろん、放送を通して多くの人々が見守り緊張に包まれているはずのフィーチャーテーブルからは、楽しげな声が聞こえてきた。

「このデッキやばいな~」

 機体デッキの海(ことごとく飛んでいるが)をかき分けてトップ4までやってきた棚橋の「《電招の塔/Dynavolt Tower(KLD)》」デッキのリストを見て、桐野は感嘆の声をもらした。

「そりゃトップ4に残るわ」

 とてもグランプリ初出場とは思えない落ち着きを見せる桐野は、「初日全勝のあと1敗して気が楽になった」と語った。機体デッキのシンデレラレーサー桐野は、勢いそのままにてっぺんまでぶっちぎるか。それとも、棚橋が静岡後に《電招の塔/Dynavolt Tower(KLD)》という記念碑を打ち立てるか。

sf_tanahashi_kirino.jpg
棚橋 雅康(左) vs. 桐野 亮平(右)
ゲーム1

 後手の桐野は《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》、《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》、《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》とパワフルな面々が揃った7枚をキープする。マリガンに見舞われた棚橋は、デッキの名前にもなっている《電招の塔/Dynavolt Tower(KLD)》を設置するところから動きを開始した。

 桐野のメインデッキに直接これを破壊できるカードは入っていない。そびえ立つこの塔にエネルギーが行き渡り、繰り返し《稲妻》が放てるようになる前に、棚橋という巨塔をへし折ることができるだろうか。

 棚橋は手始めに《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》に《ショック/Shock(AER)》をプレゼントすると、再び出てきた2枚目の《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》は《霊気溶融/Aether Meltdown(KLD)》で黙らせた。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が3枚に《無許可の分解/Unlicensed Disintegration(KLD)》が2枚、《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》というオーバーキルな桐野の手札も、土地が3枚しかないのでは意味がない。

 対照的に土地を伸ばし続ける棚橋は、《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》には《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》は《不許可/Disallow(AER)》、手札とエネルギーの補充に《天才の片鱗/Glimmer of Genius(KLD)》と、七色の呪文を駆使して最早なんでもありの状態。気がつけば《電招の塔/Dynavolt Tower(KLD)》もエネルギー満タンになっている。

sf_tanahashi.jpg
桐野のデッキが最強の矛なら、棚橋のデッキは最強の盾だ。しかもこの盾、殴れる。

 棚橋は桐野の2枚目の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》も《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk(KLD)》で《不許可/Disallow(AER)》にすると、逆に2枚目の《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk(KLD)》で桐野を追い詰め、《ショック/Shock(AER)》、《ショック/Shock(AER)》と本体にお見舞いしたところで、桐野が潔く「死んだ」と宣言した。

棚橋 1-0 桐野

 棚橋が素早くサイドボーディングを終える一方で、桐野は悩むそぶりを見せる。デッキリストが公開とはいえ、事前にどれだけ相手を想定できるかという点では、全体数の少ないデッキを使っている棚橋が一歩リードか。


ゲーム2

 桐野は一瞬首をかしげてからキープを決めたが、《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》、《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar(EMN)》と動きは悪くない。

 《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》を唱えていた棚橋は、《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》を《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で撃ち落とすことには成功するが、サイドボードから投入した《守られた霊気泥棒/Shielded Aether Thief(AER)》は《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar(EMN)》のせいでせっかくの瞬速を活かしきれない。そして何より、今度は棚橋の土地が止まってしまった。

 《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》にはなんとか《不許可/Disallow(AER)》を合わせることができた棚橋だったが、その代わりに《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の着地を許してしまう。

 桐野の布陣は、《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar(EMN)》、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》、《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》と実にやりにくいもの。さらには《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》で二の矢、三の矢を補充した。

 棚橋は《粗暴な排除/Brutal Expulsion(BFZ)》というマニア垂涎のおしゃれなカードを交えて耐えつつ、なんとか土地を並べて《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk(KLD)》で《粗暴な排除/Brutal Expulsion(BFZ)》を使いまわしながら、まくりの態勢に入る。

 しかし、捌いても捌いても桐野の攻撃の手は緩まず、最後まで残り続けた《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が貫録十分にゲームを決めた。

棚橋 1-1 桐野

sf_kirino.jpg
強力なカードを堂々たる所作で次々と戦場に送る桐野

ゲーム3

 棚橋は《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》で無難な立ち上がり。1マリガンの桐野は、《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》をトップバッターに送り出した。

 桐野の《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》は《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》が残した手掛かりで強化されアタックを敢行するも、これは滑り込んできた《守られた霊気泥棒/Shielded Aether Thief(AER)》が優しく受け止める。棚橋は続く《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar(EMN)》に少し悩み、これを《不許可/Disallow(AER)》した。

 ここで、再びの不運が棚橋を襲う。4枚目の土地が置けない。苦しい棚橋はたまらず《霊気溶融/Aether Meltdown(KLD)》を《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》にエンチャントしなんとか延命を計るが、桐野の手札には《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》、《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》と脅威の連続が控えていた。

 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》は《虚空の粉砕/Void Shatter(OGW)》で防ぎ、綱渡りを続ける棚橋。しかし、《自然廃退/Natural Obsolescence(AER)》に対応した桐野の《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》の自爆で《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》が《浄化の天使、アヴァシン/Avacyn, the Purifier(SOI)》へと変身してしまう。

 再度《霊気溶融/Aether Meltdown(KLD)》で《浄化の天使、アヴァシン/Avacyn, the Purifier(SOI)》を食い止めようとする棚橋だったが、桐野の2枚目の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》が通り、最後まで4枚目の土地、赤マナが引けないと、ついぞ桐野の波状攻撃を押し返すことはできなかった。

棚橋 1-2 桐野


「(土地が)詰まるか~」と悔しそうな表情を見せた棚橋。桐野は「コントロールプランにしようかと思ったけど、勝てるわけがないと思ってやめた」と語り、両者はサイドボーディングについて考察した。

桐野「デッキリストを見て、あの軽さは絶望しました」

棚橋「《電招の塔/Dynavolt Tower(KLD)》を割るカードを腐らせるためのプランだったんですけどね」

桐野「《グレムリン解放/Release the Gremlins(AER)》は1枚だけ挿しました」

 棚橋のデッキに翻弄されながらも己のスタイルを貫き通した桐野。「意志」という最強の矛を、決勝の舞台でも突き立てることができるか。

桐野 亮平、決勝進出!

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:Qi, Wentao(中国) vs. 佐々部 悠介(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 決勝:桐野 亮平(岡山) vs. Qi, Wentao(中国)
グランプリ・静岡2017春 一覧に戻る