マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 プロプレイヤーに聞いてみた! あなたのこだわりの基本土地は?

【トピック】 プロプレイヤーに聞いてみた! あなたのこだわりの基本土地は?

By Masashi Koyama

lands_en_ust_topbanner.jpg

 2017年12月8日、第3のジョークセット、『Unstable』が発売されました。13年ぶりの「Un」シリーズとあって、多くのマジックファンの方々がカードと出会う日を心待ちにしていたことでしょう。

 そんな『Unstable』で話題沸騰となっているのが――

lands_en_K8Y7JeHzEG.jpg

 ......からくり!

 ではなく(いえ、もちろん話題になってますよ!)、シリーズお馴染みの美麗な基本土地です。

lands_ust.jpg

 このグランプリ・シンガポール2017では多くの人々が新たに加わった基本土地を戦場に並べ、その美しいアートを楽しんでいます。

lands_gp1.jpg lands_gp2.jpg

 マジックでは数多くの基本土地が印刷されており、こだわりの土地を使うのも楽しみのひとつとなっています。

 そこで、本記事ではプロプレイヤーたちに好きな基本土地について聞いてみました!


市川ユウキ選手の場合

lands_ichikawa.jpg

――好きな基本土地について教えてください!

市川「僕は『ウルザズ・サーガ』か『Unglued』の土地のどっちかですね。」

lands_usg.jpg lands_ugl.jpg

市川「『ウルザズ・サーガ』の土地は昔やっていた時のものなので、懐かしいなと思って。『Unglued』も昔やっていた時に1枚だけ《島》を持っていて、憧れだったんですよね。大人になったので揃えてみました。両方好きなので交互に使ってます。あと、僕はリミテッドでも絵柄を揃えますね。単純に同じ土地を並べるのは気持ちいいですよね。バラバラだと気になっちゃう(笑)」

――ありがとうございました!


齋藤 友晴選手の場合

lands_saito.jpg

――好きな基本土地について教えてください!

齋藤「今はスタンダードのイベントに出る時は『アモンケット』のフルアート土地を使ってるね。スタンダードならスタンダードの、同じ時代に生まれたカードを使いたいんだよね。世界観を統一してプレイしたいんだ。モダンは『ゼンディカー』のJohn Avon氏のものを使ってる。」

lands_akh.jpg lands_zen.jpg

齋藤「昔は『Unhinged』の基本土地を全部数十枚持っていたんだけど、3回晴れる屋の経営難で手放しちゃってるんだよね(笑)。別れて付き合ってを繰り返してる恋人みたいだね(笑)。今はスタンダードには新しいフルアート土地があるから、それがいいかなって思ってる」

lands_unh.jpg

――ありがとうございました!


高橋 優太選手の場合

lands_takahashi.jpg

――好きな基本土地について教えてください!

高橋「『Guruランド』です!最近集めています。前は『Euroランド』だったんですが、心変わりしました。30過ぎたら『Guruランド』かなって(笑)。色の好みで言えば濃い色が好きなんですよ。あとは、基本土地は旧枠(『ミラディン』以前のカードの外枠のこと)が好きで、新枠は使わないですね。『Unstable』の土地はとてもいいとは思うんですが、なんだかマジックっぽくない気がして、自分では使う予定はないですね」

lands_guru_mountain.jpg
「Guruランド」の《山》の原画

――ありがとうございました!


井上 徹選手の場合

lands_inoue.jpg

――好きな基本土地について教えてください!

井上「僕は『Ice Age』の基本土地を使っています」

lands_ice.jpg

井上「僕のマジックの師匠がいるんですけど、その人が手放す時に丸ごと『あげるよ』と言ってくれて。もう結構......10年とまではいかないですけど、5年以上は使っていてかなり好きですね。ずーっと使っているので、愛着がありますから」

――ありがとうございました!


 こうして伺うと、プロの方々も基本土地にはそれぞれの好みやこだわりがあるようです。

 好きな絵柄の基本土地を並べるのもマジックの魅力のひとつだと思いますので、この機会にこだわりの基本土地を見つけてみてはいかがでしょう?

前の記事: 【トピック】 グランプリ・シンガポール2017 初日日本勢まとめ | 次の記事: 【観戦記事】 第13回戦:中村 修平(東京) vs. 齋藤 友晴(東京)
グランプリ・シンガポール2017 一覧に戻る