マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第6回戦:Brandon Pascal(アメリカ) vs. Jon Finkel(アメリカ)

【観戦記事】 第6回戦:Brandon Pascal(アメリカ) vs. Jon Finkel(アメリカ)

By Masashi Koyama

 グランプリ・シドニー2016の会場はシドニーの中心から少しばかり離れたシドニー・オリンピック・パーク内のホールで開催されている。

 そう、「オリンピック・パーク」と名の通り、ここは2000年に行われたスポーツの祭典、シドニーオリンピックの跡地なのだ。

 そして、これからここで行われるプロツアー『異界月』はまさにマジックにとって祭典といえるイベントで、世界中から眩いばかりの光を放つプレイヤーが集っている。

 そして、その中でも一際輝くスタープレイヤーが今ここに。

 ジョン・フィンケル/Jon Finkel。

 「ジョニーマジック」と呼ばれ、マジック黎明期から活躍を続けている彼もまたこのシドニーに降り立っている。

 そのマジックのスーパースターに挑むはブランドン・パスカル/Brandon Paskal。

 Magic Online予選でプロツアーの権利を獲得している彼は、まだ大学生の若手プレイヤーだという。

 果たして、熟練の「ジョニーマジック」に挑むパスカルの運命や、いかに。


「ジョニーマジック」ジョン・フィンケル(写真右)に挑むはブランドン・パスカル(写真左)
ゲーム1

 先手パスカルの《狂乱した仔/Deranged Whelp(EMN)》からゲームがスタート。フィンケルは《ウルヴェンワルドに囚われしもの/Ulvenwald Captive(EMN)》から、《狂乱した仔/Deranged Whelp(EMN)》に《絞首束縛/Choking Restraints(EMN)》をエンチャントし、赤白という攻めっ気の強いカラーリングのパスカルを減速させる。

 そしてそのままフィンケルが4ターン目に繰り出したのは《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade(EMN)》!

 これはすぐさま《焼夷流/Incendiary Flow(EMN)》に除去されてしまうが、続けて《魂を飲み込むもの/Soul Swallower(SOI)》とレアを連発する。

 土地が3枚で止まってしまっているパスカルは《不動の聖戦士/Steadfast Cathar(EMN)》に《刹那の器/Vessel of Ephemera(SOI)》と展開自体はできるものの、フィンケルのサイズで勝るクリーチャーを止めることができない。

 フィンケルが土地が順調に8枚並べた段階でも、パスカルは4枚目の土地を引き込むことができず、《魂を飲み込むもの/Soul Swallower(SOI)》と《ウルヴェンワルドの忌まわしきもの/Ulvenwald Abomination(EMN)》の攻撃をチャンプブロックした後にドローを見て、早々とサイドボードに手を伸ばした。

パスカル 0-1 フィンケル


フィンケルが堂々と1本を先取
ゲーム2

 パスカルの3ターン目の《狂乱した仔/Deranged Whelp(EMN)》をフィンケルが《エムラクールの加護/Boon of Emrakul(EMN)》で除去する立ち上がり。

 パスカルはその後《ステンシアの亭主/Stensia Innkeeper(EMN)》、《シガルダ教の僧侶/Sigardian Priest(EMN)》、《罪からの解放者/Extricator of Sin(EMN)》を順調に追加するのに対し、緑マナを引き込めないフィンケルはクリーチャーを展開することができない。

 パスカルの攻撃を受け続けるしか無いフィンケルは、静かにターンを返し続け、そのまま早々に土地を畳んだ。

パスカル 1-1 フィンケル


若きパスカルはフィンケルに挑む
ゲーム3

 先手フィンケルの《エムラクールの福音者/Emrakul's Evangel(EMN)》をパスカルが《焼夷流/Incendiary Flow(EMN)》する立ち上がり。

 フィンケルは《ガヴォニーの不浄なるもの/Gavony Unhallowed(EMN)》、《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》をプレイからすぐに起動し、《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer(EMN)》を手札に加える。

 パスカルは《ステンシアの亭主/Stensia Innkeeper(EMN)》、《ガツタフの放火魔/Gatstaf Arsonists(SOI)》と《集合した頭目/Assembled Alphas(EMN)》、さらに《罪からの解放者/Extricator of Sin(EMN)》《刹那の器/Vessel of Ephemera(SOI)》と一気に続け盤面を優位に傾ける。

 このパスカルの脅威に対し、フィンケルは《ガツタフの放火魔/Gatstaf Arsonists(SOI)》を《絞首束縛/Choking Restraints(EMN)》で追放。そして《鉄覆いの処刑者/Ironclad Slayer(EMN)》で《絞首束縛/Choking Restraints(EMN)》を使い回し《集合した頭目/Assembled Alphas(EMN)》を無力化すると、《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer(EMN)》で攻撃。

 《ステンシアの亭主/Stensia Innkeeper(EMN)》とエルドラージ・ホラー・トークンが《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer(EMN)》の攻撃をダブルブロックしたところで、フィンケルは《木こりの気概/Woodcutter's Grit(EMN)》。これでブロック・クリーチャーを一方的に葬り、《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer(EMN)》の能力が誘発し、続くターンにライブラリーから現れたのは《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade(EMN)》!

 これが勝負を決めるかと思われたが、パスカルは果敢にスピリット・トークンで攻撃。フィンケルが頭を抱えながら《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade(EMN)》でブロックを宣言すると、そこに刺さったのは渾身の《騎乗追撃/Ride Down(EMN)》!

 さらにパスカルは《信仰持ちの聖騎士/Faithbearer Paladin(EMN)》を追加し、なんとか戦闘で《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer(EMN)》を討ち取り、フィンケルが呼び出した天使の片割れを召喚する。

 すなわち《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light(EMN)》。

 墓地から呼び戻した《罪からの解放者/Extricator of Sin(EMN)》は問題ではなかった。

 フィンケルも《罪からの解放者/Extricator of Sin(EMN)》を唱え、地上戦線を拮抗させるものの、盤面のガンは《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light(EMN)》で、この強大な天使がどうしようもないのだ。

 パスカルは静かに、慎重に《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light(EMN)》のみで攻撃を続ける。そしてフィンケルのライフは毎ターン5点ずつ減り続け、最後のターンを迎えるとそのまま握手を求めたのだった。

パスカル 2-1 フィンケル

ブランドン・パスカル Wins!

前の記事: 【戦略記事】 ドラフターズ 〜リミテッド巧者たちの戦い「ドラフトマスター」の行方〜 | 次の記事: 【観戦記事】 第7回戦:Andrew Cuneo(アメリカ) vs. 玉田 遼一(大阪)
グランプリ・シドニー2016 一覧に戻る