マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 グランプリマスターに王手:セス・マンフィールドのピック

【戦略記事】 グランプリマスターに王手:セス・マンフィールドのピック

By 伊藤 敦

 昨日紹介したグランプリマスターレースが、驚きの展開を見せていた。

 理論上は逆転の可能性があるとはいえ、基本的に「BBD」ことブライアン・ブラウン=デュイン/Brian Braun-Duinと齋藤 友晴との一騎打ちと思われていたのだが、2日目でかたや齋藤の成績が奮わず、BBDが3敗のプロポイント3点に終わる一方、レース3位だったセス・マンフィールド/Seth Manfieldが何とトップ8入賞を確定させたのだ。

 この状況を表で説明すると以下のようになる。

順位プレイヤーポイント
1Brian Braun-Duinアメリカ53+3
3Seth Manfieldアメリカ48+

 まずBBDは3敗でトーナメントを終えているので、プロポイント3点を加えて56点。

 マンフィールドがこれに追いつくには、現在の48点に加えて8点が必要になる。

 そしてグランプリにおいてプロポイント8点を獲得できるのは......優勝のみ。

 つまりマンフィールドが準々決勝か準決勝で負ければ自動的にBBDのマスターレース1位が確定する......逆に言えば、セス・マンフィールドが優勝すると(同率の場合シーズン内のグランプリで優勝した回数が参照されるため)BBDを逆転するという、とんでもなく熱い展開になっているのだ。

 せっかく齋藤を上回る成績でグランプリを終えられそうで一安心と思っていたところにこの仕打ち、BBDにとってはたまったものではないだろう。なんでも決勝ドラフトが始まる前に「見ていると叫びだしそうだから見たくない」とだけ述べて調整部屋に帰ってしまったとか。

 ともあれ、この激アツの決勝ドラフトを見逃すわけにはいかない。

 ここではプレイヤー・オブ・ザ・イヤー・レーストップにしてグランプリマスターがかかった現時点で世界最強のプレイヤー、セス・マンフィールドのピックをお届けしよう。

finaldraft.jpg
セス・マンフィールド/Seth Manfield

1パック目

(以下、カッコ内は他の候補)

  • 1-1 《ソンバーワルドの雄鹿/Somberwald Stag》 (《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》/《錬金術師の挨拶/Alchemist's Greeting》/《絞首束縛/Choking Restraints》/《狂乱した仔/Deranged Whelp》/《生命の危機/Certain Death》)
  • 1-2 《絞首束縛/Choking Restraints》 (《怒り刃の吸血鬼/Furyblade Vampire》/《不憫なグリフ/Wretched Gryff》/《信仰持ちの聖騎士/Faithbearer Paladin》)
  • 1-3 《巧妙なスカーブ/Ingenious Skaab》 (《熱錬金術師/Thermo-Alchemist》/《捨て身の歩哨/Desperate Sentry》)
  • 1-4 《巡礼者の守護霊/Guardian of Pilgrims》
  • 1-5 《歓喜する信者/Exultant Cultist》
  • 1-6 《巧妙なスカーブ/Ingenious Skaab》 (《捨て身の歩哨/Desperate Sentry》/《墓ネズミ/Graf Rats》)
  • 1-7 《ぼろぼろの憑依者/Tattered Haunter》 (《墓ネズミ/Graf Rats》)
  • 1-8 《恩寵借用/Borrowed Grace》
  • 1-9 《霊体の予備兵/Spectral Reserves》 (《生命の危機/Certain Death》)
  • 1-10 《信仰持ちの聖騎士/Faithbearer Paladin》
  • 1-11 《正気の欠片/Shreds of Sanity》
  • 1-12〜14 略

 初手が無駄になったせいとはいえ、ピックできたのはほとんどコモンのみで、カードパワー的には厳しい立ち上がり。

 しかし初手以外はまともなカードがコモンしか見当たらず、シグナルとなるようなわかりやすいカードが回ってこない中で、堅実な《絞首束縛/Choking Restraints》から《巧妙なスカーブ/Ingenious Skaab》へと渡りをつけて流れの良い青に舵を切ったのはさすがの手腕と言える。

 この位置取りを生かして2パック目以降で高レアリティのカードを回収できるかどうかが勝負というところか。

2パック目

(以下、カッコ内は他の候補)

  • 2-1 《波止場の潜入者/Wharf Infiltrator》
  • 2-2 《ぼろぼろの憑依者/Tattered Haunter》 (《孤独な夜番の霊/Geist of the Lonely Vigil》/《血の間の僧侶/Bloodhall Priest》/《罪からの解放者/Extricator of Sin》)
  • 2-3 《シガルダ教の僧侶/Sigardian Priest》 (《騎乗追撃/Ride Down》/《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》)
  • 2-4 《身分泥棒/Identity Thief》
  • 2-5 《巡礼者の守護霊/Guardian of Pilgrims》 (《悟った狂人/Enlightened Maniac》/《突発的変化/Spontaneous Mutation》)
  • 2-6 《信仰持ちの聖騎士/Faithbearer Paladin》 (《捨て身の歩哨/Desperate Sentry》/《信者の杖/Cultist's Staff》)
  • 2-7 《敵意借用/Borrowed Hostility》 (《偏った幸運/Fortune's Favor》)
  • 2-8 《悟った狂人/Enlightened Maniac》
  • 2-9 《巻き込み/Convolute》
  • 2-10 《敏捷な巣紡ぎ/Swift Spinner》
  • 2-11 《辺境林の生存者/Backwoods Survivalists》
  • 2-12 《スレイベンの軍旗手/Thraben Standard Bearer》
  • 2-13〜14 略

 自引きのレアが噛み合い、デッキのカードパワーを大幅に補うことに成功した2パック目となった。

 ただこの段階ではデッキに入る見込みの非クリーチャー呪文が極端に少なく、バニラの群れに毛が生えた程度のラインナップに過ぎない。

 もちろんレアリティが高いカードもあればあるほど嬉しいので、3パック目でそれらの足りないパーツを確保しにいきたいところだ。

3パック目

(以下、カッコ内は他の候補)

  • 3-1 《腕っぷし/Strength of Arms》 (《驚恐の目覚め/Startled Awake》/《熟読/Pore Over the Pages》/《かそけき翼/Ghostly Wings》)
  • 3-2 《縫合の刻み獣/Stitched Mangler》 (《不屈の追跡者/Tireless Tracker》)
  • 3-3 《薬剤師の霊/Apothecary Geist》 (《ただの風/Just the Wind》)
  • 3-4 《霊体の羊飼い/Spectral Shepherd》
  • 3-5 《今夜を生き延びる/Survive the Night》 (《ネファリアの月ドレイク/Nephalia Moondrakes》/《エルドワルの照光/Erdwal Illuminator》/《沈黙の観察者/Silent Observer》)
  • 3-6 《ジェイスの精査/Jace's Scrutiny》 (《霊魂破/Geistblast》)
  • 3-7 《腕っぷし/Strength of Arms》
  • 3-8 《今夜を生き延びる/Survive the Night》 (《果敢な捜索者/Daring Sleuth》/《沈黙の観察者/Silent Observer》)
  • 3-9 《かそけき翼/Ghostly Wings》 (《驚恐の目覚め/Startled Awake》)
  • 3-10 《ケッシグの不吉な豚/Kessig Dire Swine》
  • 3-11 《回答の強要/Press for Answers》
  • 3-12 《存在の否定/Deny Existence》
  • 3-13 《沈黙の観察者/Silent Observer》
  • 3-14 略

 いきなり初手、《驚恐の目覚め/Startled Awake》や《熟読/Pore Over the Pages》と比べても迷いなく《腕っぷし/Strength of Arms》をピックしたのが印象的だった。

 ビートダウンである以上余計な要素はいらないし、何より《腕っぷし/Strength of Arms》というカードの評価が高いということなのだろう。

 しかし待ち望んだ呪文枠は大分補充できたものの、レアリティという意味では不作な3パック目だったと言える。


 かくしてマンフィールドのデッキは重なったコモンが多い、かなりまとまった形の青白ビートダウンとなった。

 グランプリマスターレース、そしてグランプリ・ニューヨーク2016とグランプリ・サンホセ2016に続く同一シーズンのグランプリ3勝目という偉業の達成を目指すマンフィールド。

 はたしてこの世界最強の男がまたしてもトロフィーを掴むこととなるのか?

 グランプリ・シドニー2016、その最後の数マッチの行方やいかに。

前の記事: 【観戦記事】 第14回戦:森 勝洋(東京) vs. Scott Fulko(オーストラリア) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:Seth Manfield(アメリカ) vs. Zen Takahashi(ニュージーランド)
グランプリ・シドニー2016 一覧に戻る