マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 楽しみはマジックだけじゃない!? 台北の食文化を満喫せよ!

【トピック】 楽しみはマジックだけじゃない!? 台北の食文化を満喫せよ!

By Masashi Koyama

 マジックは当然のことながら、その土地の食事を楽しめるというのも海外グランプリの大きな魅力のひとつです。

 今回は比較的日本人と味覚が合い、また文化も似ていると言われる台北でのグランプリとあって、我々取材班としてはその食文化をお伝えしないわけには行きませんね!

 ということで私たちカバレージチームが台北に到着してから仕事で出会った台北の魅力的な食事をご紹介しようと思います。

 あくまでも仕事ですからね?

絶品!小籠包!!

 まず私たちは台湾名物の小籠包を食べに訪れました。台湾と言えば小籠包と言われるほど、絶品だというこの逸品。本場の味はどのようなものでしょうか......?

gourmet1.jpg gourmet2.jpg gourmet3.jpg

 来ました!熱々の小籠包!お箸で革を割ると中からスープがじゅわり......おいし〜い!醤油につけた生姜と一緒に口にほおばると、スープとお肉と生姜の香りが一気に口の中に広がります!

 いやー、これはいいものですねえ。

台北と言えば夜市!士林夜市のB級グルメ!!

 次に訪れたのは、台北でも最大級の夜市である士林夜市です!

gourmet4.jpg

 地下の食事街では数多くの店舗が軒を連ね、さながらお祭りの出店のようでした。

gourmet5.jpg

 地下でまず最初に頼んだのは、牡蠣オムレツです! とろける卵の中と牡蠣のコンビネーションがたまりません!

gourmet6.jpg

 次に頼んだのはこれも台湾名物牛肉麺! 見た目とは違ってあっさり目のスープと牛肉にお箸が止まりません! これでお値段なんと100元(約320円)! 味もお値段も大満足です!

gourmet7.jpg

 地下を出て歩いていると見つけたのが胡椒餅の屋台。運良く焼き立てにありつくことができました。カリっとした生地の中からこんにちはするのは肉汁たっぷりの肉のタネ!

 暑い台北の気候とあいまって、汗だくになりながら完食です!

最後を締めるデザートは......

 大満足で士林夜市を後にしましたが、ここで私たちはひとつ忘れ物をしていたことに気づきます......そう、デザートを食べていなかったのです!

 慌ててホテル近くを探したところ......ありました。

gourmet8.jpg

 台湾かき氷!

 日本のかき氷と違って氷がふわっとしており、未知の食感!

 すでに満腹でしたが氷の間にはマンゴーが敷き詰められていて、飽きることなく食べきることができました。これで暑さにやられかけていた体も一気に冷え、心地よく1日を終えることができました。

食文化を楽しもう!

 さて、台北の食事はどのように映ったでしょうか?

 国内、国外に関わらず、出かけた先の食文化を楽しめるというのもグランプリならではのことかと思います。

 グランプリに出かける際にはぜひ、その土地の美味しい食べ物を事前に調べてみてください。楽しさが倍増しますよ!


 ......おっと、そんなことを言っていたらお腹が空いてきました。これは仕事に行かなければ......!

前の記事: 【観戦記事】 第9回戦:行弘 賢(東京) vs. 大森 健一郎(兵庫) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・台北2016 日本人プレイヤー初日突破者一覧
グランプリ・台北2016 一覧に戻る