マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第10回戦:大森 健一郎(兵庫) vs. Lee, Shi Tian(香港)

【観戦記事】 第10回戦:大森 健一郎(兵庫) vs. Lee, Shi Tian(香港)

By 矢吹 哲也

 今大会における「Day1 Undefeated Player」、すなわち無敗で初日を切り抜けたプレイヤーは4人。そのうち3人が9戦全勝を果たしており、そのひとりに大森 健一郎がいる。

 2日目初戦で迎える相手も、全勝。だが香港のリー・シー・ティエン/Lee Shi Tianの名がここで出てくることは、もはや驚くことではないだろう。アジアを代表するトップ・プレイヤーは悠然とフィーチャー・マッチ・テーブルにつき、微笑をたたえて構える。

 リーと比較してしまっては大森の側が「挑む」形になるが、今日、今大会で立っている土俵は同じだ。このまま「全勝道」を進めるのはどちらかひとり。長い戦いに臨む両者は早くもフルスロットルで闘志を燃やす。


大森 vs. リー。全勝同士、龍虎の戦い。

大森 健一郎(白赤人間)vs. リー・シー・ティエン/Lee Shi Tian(バント・カンパニー)

 マリガンを喫したリーに対し大森は1ターン目《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros(ORI)》で口火を切ると、続くターンには《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》を2体立て続けに展開。早くも《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros(ORI)》の「プレインズウォーカーの灯」を点火させる準備が整う。対するリーはこれに対処できず、3体の攻撃をまともに受けて残りライフは14点。《歴戦の戦士、ギデオン/Gideon, Battle-Forged(ORI)》とも対峙することになった。

 続く攻撃を《跳ねる混成体/Bounding Krasis(ORI)》で防いだものの、大森は《石の宣告/Declaration in Stone(SOI)》でブロッカーを排除。4マナを立ててターンを返したリーに対し、《歴戦の戦士、ギデオン/Gideon, Battle-Forged(ORI)》をクリーチャー化して殴りかかった。

 リーの手札から放たれた《集合した中隊/Collected Company(DTK)》は《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》と《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》を彼にもたらし、《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》が彼にカード・アドバンテージと高打点の脅威をもたらす。しかし大森は2枚目の《石の宣告/Declaration in Stone(SOI)》でブロッカーを退場させると攻撃を通し、リーのライフを残り1点に。


手負いの虎こそ恐ろしい。相手がリー・シー・ティエンであるなら、なおさらだ。

 タップ・アウトしてブロッカーを繰り出してもライフを守り切れない状況に追い詰められたリーは、マナを残して大森にターンを渡す。手札に《集合した中隊/Collected Company(DTK)》の姿はないが、「何かある」と思わせる気迫も戦略だ。

 大森は一瞬考える素振りを見せたが、全軍で攻撃。リーはこの状況を耐える「手掛かり」を求めて小さなアーティファクトを生け贄に捧げたものの、カードを片付けることになった。


全勝継続に向けて確かな歩みを進める大森。

 2ゲーム目もマリガンを喫し苦笑するリーだが、大森の詰めは揺るがない。1ターン目《探検隊の特使/Expedition Envoy(BFZ)》で素早くリーのライフを脅かすと、続くターンには2枚目の《探検隊の特使/Expedition Envoy(BFZ)》と《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros(ORI)》を展開。

 リーは《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer(ORI)》を繰り出したが、芳しくない手札を抱える今、大森の攻撃を防ぐことはできない。大森は《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》、《勇者の選定師/Anointer of Champions(ORI)》と追撃の手を緩めず、大軍による包囲でリーに降伏を迫る。

 思うような動きができないリーは口惜しそうに頭を振り、天を仰いだ。彼にできるのは、投了を受け入れることだけだった。

大森 2-0 リー

大森 健一郎、全勝継続!

前の記事: 【戦略記事】 グランプリ・台北2016 1日目メタゲーム・ブレイクダウン | 次の記事: 【観戦記事】 第12回戦:市川 ユウキ(神奈川) vs. 高橋 優太(東京)
グランプリ・台北2016 一覧に戻る