マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第4回戦:日比野 泰隆(愛知) vs. 津村 健志(大阪)

【観戦記事】 第4回戦:日比野 泰隆(愛知) vs. 津村 健志(大阪)

By Tetsuya Yabuki

r4_tsumura_hibiino.jpg

第4ラウンド。不戦勝が3つ明け、闘志を内に秘めていたプレイヤーたちがその力を開放するときが来た。

 フィーチャー・マッチ・エリアに姿を現したのは、「殿堂顕彰者」津村 健志。慣れた様子で席に座ると、ときおり笑顔を見せながら対戦相手を待つ。

 同様に不戦勝を3つ得て初陣を迎えるのは、愛知でマジックに親しむ日比野 泰隆だ。こちらは「観戦記事を書かれるなんて」と驚いた様子。殿堂顕彰者とマッチングしたプレイヤーに配られるバッヂを津村から手渡されると、感激したようにそれを胸に当てた。

 デッキをシャッフルする日比野の手が震えている。フィーチャー・マッチの緊張と、大物相手の武者震いだろう。


殿堂顕彰者を相手にし、カードを持つ手に熱がこもる日比野。
ゲーム1

 先手は津村。2ターン目《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》からゲームを始めるが、日比野は返しに《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》で対応。津村は《神出鬼没の混成体/Elusive Krasis(GTC)》を続かせ、対する日比野は《ディミーアの魔鍵/Dimir Keyrune(GTC)》を置いてターンを返す。

 《神出鬼没の混成体/Elusive Krasis(GTC)》を進化させつつ展開する津村に負けじと、日比野は《ダスクマントルのギルド魔道士/Duskmantle Guildmage(GTC)》、《欄干のスパイ/Balustrade Spy(GTC)》と続けて投入。両者の攻撃がお互いのライフを削っていくなかで、日比野は津村の《鍵達人のならず者/Keymaster Rogue(GTC)》に《死の接近/Death's Approach(GTC)》を貼りつけた。しかし、津村の墓地には最初に除去した《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》のみで、《鍵達人のならず者/Keymaster Rogue(GTC)》を墓地に送るには至らない。

 ところが、日比野はさらなる《死の接近/Death's Approach(GTC)》を津村の《ドレイク翼の混成体/Drakewing Krasis(GTC)》へ差し向けた。これで2体のクリーチャーが墓地に落ち、津村の戦場は心もとないものになる。

 ドロー後、津村はしばらく考えて《神出鬼没の混成体/Elusive Krasis(GTC)》で攻撃した。返しの日比野の攻撃を《道迷い/Totally Lost(GTC)》で弱めたものの、日比野の展開は止まらず《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》が繰り出される。

 《キヅタ小径の住人/Ivy Lane Denizen(GTC)》を盤面に追加した津村だが、日比野の飛行戦力を削ぐことができず、次第に追い詰められていった。

日比野 1-0 津村

ゲーム2

 津村が初手の7枚をしばらく見据え、マリガンを選択。その後の6枚にも頭を悩ませるが、これをキープした。


マリガンを悩む津村。

 津村の初手は第1ゲームと同じ《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》。日比野は《大都市のスプライト/Metropolis Sprite(GTC)》で津村の攻撃を受け止め、相討ちにした。

 と、ここで日比野の土地が止まった。彼は2枚並んだ土地を前に首を振るが、それでも次のドローは《沼/Swamp(RTR)》で、致命的にはならなかった。

 津村の戦場には《両生鰐/Crocanura(GTC)》と《実験体/Experiment One(GTC)》。日比野は《実験体/Experiment One(GTC)》を《オルゾフの魔除け/Orzhov Charm(GTC)》で除去し、さらに土地を引き込んだ。返しのターン、津村は《ドレイク翼の混成体/Drakewing Krasis(GTC)》を盤面に追加する。ところが、それは《両生鰐/Crocanura(GTC)》共々《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》2枚の餌食となってしまう。

日比野の持つ除去の数々が津村の足を止める。

 順調に土地を伸ばした日比野は《欄干のスパイ/Balustrade Spy(GTC)》から反撃を始めた。《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》、そして5/5となった《第6管区のワイト/Wight of Precinct Six(GTC)》が彼の手札から次々と繰り出された。

 津村も《鍵達人のならず者/Keymaster Rogue(GTC)》と《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways(GTC)》で懸命に戦うが、《鍵達人のならず者/Keymaster Rogue(GTC)》が《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》を受けて追放され、防戦を余儀なくされる。《第6管区のワイト/Wight of Precinct Six(GTC)》は《束縛の手/Hands of Binding(GTC)》で動きを封じたものの、やはり飛行を止められない。

 日比野の陣営に駄目押しの《欄干のスパイ/Balustrade Spy(GTC)》。なんとか突破口を探す津村だったが、ドローを確認すると静かにカードを片づけた。

日比野 2-0 津村

前の記事: 【観戦記事】 第4回戦:行弘 賢(和歌山) vs. 杉浦 琢弥(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 第5回戦:浅原 晃(神奈川) vs. 井川 良彦(東京)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る