マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第3回戦:清水 直樹(大阪) vs. 卜澤 太二(大阪)

【観戦記事】 第3回戦:清水 直樹(大阪) vs. 卜澤 太二(大阪)

By Yugo Tsuda

 2BYEあけプレイヤー同士の対決となった第3回戦、卜澤は昨年末に行われたグランプリ・シンガポールトライアルで優勝するなどの活躍を見せているプレイヤー。

 その卜澤の対戦相手は「シミックの王子」である清水。今回のギルド門侵犯でシミックギルドが再び登場しているため、個人的にデッキもシミックカラーであると良いなとつい期待してしまうがはたしてどうだろうか。

r3_shimizu_urasawa.jpg

 「フィーチャーで知らない人に当たるよりはと良いよね」などと知り合いならではの会話をしながらゲームの準備を進める二人。

ゲーム1

清水 直樹

 ダイスロールに勝利した卜澤が先手を選択し小考の後にキープ、対する清水は1度マリガンをした後の6枚の手札でスタート。

 卜澤は《島/Island(RTR)》《森/Forest(RTR)》と並べて《大都市のスプライト/Metropolis Sprite(GTC)》、対する清水は《山/Mountain(RTR)》《森/Forest(RTR)》から《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways(GTC)》という立ち上がり。

 《大都市のスプライト/Metropolis Sprite(GTC)》で攻撃した後、《ドレイク翼の混成体/Drakewing Krasis(GTC)》を出して飛行のクロックを増やす。

 清水も負けじと《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways(GTC)》で攻撃し返し、《不毛の地のバイパー/Wasteland Viper(GTC)》を追加。

 飛行と地上ですれ違いのダメージレースが続くが、先手を取ったのは清水だった。

 《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》で上空を牽制しつつ、更に《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》で地上の戦力を大幅に増強させる。

 この際に《平地/Plains(RTR)》を置いており、清水のデッキは「グルール」+「ボロス」の3色であることが明らかになった。

 卜澤も3色目となる《平地/Plains(RTR)》を置きつつ、遅れてやってきた《雲ヒレの猛禽/Cloudfin Raptor(GTC)》、《神出鬼没の混成体/Elusive Krasis(GTC)》と並べ、更に《予言のプリズム/Prophetic Prism(GTC)》から4色目となる赤マナを供給して《破壊のオーガ/Wrecking Ogre(GTC)》を出す。

 これで清水の地上の攻勢を止めつつ、「進化」を機能させていき反撃開始。

 しかし清水は落ち着いて《大規模な奇襲/Massive Raid(GTC)》で《破壊のオーガ/Wrecking Ogre(GTC)》を除去してこじ開け、卜澤のライフを削りきった。

清水 1-0 卜澤

ゲーム2

卜澤 太二

 卜澤が再び先手でキープして、後手の清水が1度マリガンとここまではゲーム1と同じ流れ。

 ゲームの展開は両者が3ターン目《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》を出しあう展開。

 清水は殴り合いには行かずこれをブロッカーに回してスピードを緩めようとするが、卜澤は《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》の「破壊されない」モードで一方的に倒して先手の優位性を維持する。

 次のターンにも清水は《正義の矢/Arrows of Justice(GTC)》を唱えて《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》を止めにかかるが、これも《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》でかわされてしまう。

 《装甲輸送機/Armored Transport(GTC)》、《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》と攻め手を緩めない卜澤に対し、清水は土地と手札が噛み合わず事故に合ってしまいそのまま押し切られてしまった。

清水 1-1 卜澤

ゲーム3

 先ほどのゲームとは異なり、清水がきれいに3色を揃えて《不毛の地のバイパー/Wasteland Viper(GTC)》、《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》と展開していく。

 これに対し卜澤も《皮印のゴブリン/Skinbrand Goblin(GTC)》、《宮廷通りの住人/Court Street Denizen(GTC)》を並べる。

 清水は《焦土歩き/Scorchwalker(GTC)》を追加し攻勢を緩めずダメージを与えていく。しかし返しのターンに卜澤が唱えたのは《炎まといの報復者/Firemane Avenger(GTC)》!

 この天使を目の前にして時間を使い考えた後に全軍で攻撃する清水、《焦土歩き/Scorchwalker(GTC)》と《皮印のゴブリン/Skinbrand Goblin(GTC)》が相打ちになる。

 さらに清水は戦闘後に《宮廷通りの住人/Court Street Denizen(GTC)》を《強盗/Mugging(GTC)》で処理。

 これで卜澤のクリーチャーは《炎まといの報復者/Firemane Avenger(GTC)》だけになり、「大隊」からは遠ざかったかに見えたが、卜澤はすぐさま2匹目の《宮廷通りの住人/Court Street Denizen(GTC)》と《ボロスの精鋭/Boros Elite(GTC)》を展開し、「大隊」の条件をすぐさま取り戻す。

 清水も《鱗剥ぎの捕食者/Ripscale Predator(GTC)》を出してライフを攻めに行くが、《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》、《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》と防御を固めて凌いだ卜澤が《炎まといの報復者/Firemane Avenger(GTC)》の「大隊」能力を機能させた所で清水は投了した。

清水 1-2 卜澤


前の記事: 【戦略記事】 プロプレイヤーに聞いてみた!「デッキどう?」 | 次の記事: 【戦略記事】 シールドという迷宮
グランプリ・横浜13 一覧に戻る