マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第8回戦:遠藤 亮太(埼玉) vs. 砂川 惠路(東京)

【観戦記事】 第8回戦:遠藤 亮太(埼玉) vs. 砂川 惠路(東京)

By Hisaya Tanaka

 ここまでの全勝できた遠藤。昨年東京で行われた大きな大会、「関東Finals」と「PWCチャンピオンシップ」をともに優勝している実力者だ。プロツアーへの参加も積極的に行なっており、現在プロレベル・ゴールドを保持し、渡辺の背中を追っている新進気鋭のプレイヤーである。

 一方砂川は、東京の晴れる屋などの店舗でのプレイを主体にマジックを行なっているプレイヤーだ。ここまで全勝と波に乗っている。


砂川 惠路

 初日全勝に王手をかけるのはどちらのプレイヤーなのか。

ゲーム1

 ダイスロールで砂川が先手。お互いにスムーズにキープをしてゲームが開始された。

 砂川は山を2枚置きターンエンド。一方遠藤は2ターン目に《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》をプレイしプレッシャーをかけ始める。しかし砂川は《強盗/Mugging(GTC)》で《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》を除去。4ターン目に《森/Forest(RTR)》を置いてナヤカラーだということが判明し、《冠角獣/Crowned Ceratok(GTC)》を出して攻勢に出る。対して遠藤は《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》。

 ところが5マナで《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways(GTC)》しか出せなかった砂川に対して、遠藤は6ターン目に《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》を出して盤面を逆転。一気にライフを詰めていく。

 返しのターンで《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》に向かって《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》を出して全力で攻撃にいった砂川は、ブロックに来た《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》を《殺戮角/Slaughterhorn(GTC)》で除去すると、遠藤のライフを6に追い詰める。

 遠藤は《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》をプレイすると《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》とともに一度攻撃。2回めは落ち着いて《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》だけが攻撃し、さらに《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》を出し防御のクリーチャーを残す。

 ここで砂川がトップデッキしたのは《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》。まさしく防御に《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》を残したのが功を奏した形だ。しかし《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》が除去されると、遠藤は《冠角獣/Crowned Ceratok(GTC)》をスルーするしか選択肢がなく、残りライフは2になってしまう。かろうじて《航行隊の猛士/Nav Squad Commandos(GTC)》をプレイし強請を行うと残りライフは3。トップデッキをもう一度されなければ、生き残る算段だ。

 「お願い!」と祈った遠藤の願いは叶い、砂川はドローをしてエンド。遠藤は手札で眠っていた《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》を二連続でプレイして、砂川は投了を宣言した。

遠藤 1-0 砂川


遠藤 亮太
ゲーム2

 負けた砂川はもちろん先攻を選択し、順調にお互いがキープ。

 最初に動いたのは遠藤で、2ターン目に《真火の聖騎士/Truefire Paladin(GTC)》を戦場に送り出した。すると砂川からも《真火の聖騎士/Truefire Paladin(GTC)》が登場。遠藤は攻撃をしてから《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》を戦場に追加した。砂川は《強盗/Mugging(GTC)》で遠藤の《真火の聖騎士/Truefire Paladin(GTC)》を除去すると、《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》を鏡打ち。遠藤は土地を引けないものの、《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》をプレイしてなんとか盤面を維持しようと試みている形だ。

 一方、砂川は《真火の聖騎士/Truefire Paladin(GTC)》で攻撃を行うと、《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》を出して、空からもプレッシャー与え続ける。遠藤は未だ土地が引けず、《真火の聖騎士/Truefire Paladin(GTC)》を《強打/Smite(GTC)》で除去したものの、今度は《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》が全く止まらない。

 ついに4枚めの土地を引いた遠藤が《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》をプレイするのに対し、砂川は《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》で攻撃しつつ、クリーチャーをプレイし2点の強請を行なっていく。徐々にライフがなくなっていく遠藤だが、《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》の能力で死にゆくのを免れている形だ。

 ここで砂川が《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》をトップデッキ。ガンとなっている《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》に対してプレイをすると、遠藤が動き出した。まず《闘技/Pit Fight(GTC)》で《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》を除去すると、次のターンに《航行隊の猛士/Nav Squad Commandos(GTC)》をプレイ。土地が連なっていたのか6マナ目を手に入れると、今度は《鱗剥ぎの捕食者/Ripscale Predator(GTC)》も戦場に。そして待望の二枚目の平地を引き入れて《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》までもが登場した。

 「《オレリアの憤怒/Aurelia's Fury(GTC)》ですか?」と手札をずっと残している砂川に聞くも、攻撃はほとんどがスルーされて砂川のライフは10。さらに追加の攻撃を受けて砂川のライフは残り1。「《一族の誇示/Clan Defiance(GTC)》か!」と警戒していたカード名を告げるも、砂川は手札の土地を見せると投了した。

遠藤 2-0 砂川

前の記事: 【観戦記事】 第7回戦:三原 槙仁(千葉) vs. 北山 雅也(神奈川) | 次の記事: 【観戦記事】 第8回戦:石村 信太朗(埼玉) vs. 新田 有紀(東京)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る