マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第9回戦:坂本 力祐(大阪) vs. 牛江 雄太(三重)

【観戦記事】 第9回戦:坂本 力祐(大阪) vs. 牛江 雄太(三重)

By Nakatani Shinji

 長かった初日もこれが最終ラウンドである。

 レガシープレイヤーの間ではりょーちんの愛称で知られる坂本。最近はレガシー以外のフォーマットもプレイしているようで、今後プレミアイベントでも活躍が見られるようになるかもしれない。

 一方の牛江はなんとノーバイからここまで駆け上がったとのこと。この勢いのまま初日を終えられるか。

r9_shuffle.jpg
ゲーム1

 牛江の1マリガンでゲームは始まった。先手の坂本は《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》でスタート。さらに《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》を追加してプレッシャーを掛ける。牛江は《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》で返す。

 坂本は流れるように《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(RAV)》をプレイし、大隊を達成。限定戦でこの動きができたら、だいたい勝ち!といえる流れに、次のターンさらに2枚目の《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》を出す猛攻。牛江はなんとか《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》で攻勢を和らげようとするも、《強盗/Mugging(GTC)》で《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》を落とされ、残りライフは7となる。

 ブロッカーを出して延命を図るが、坂本の《焦土歩き/Scorchwalker(GTC)》の湧血がフィニッシュブローとなった。

坂本 力祐 1-0 牛江 雄太

ゲーム2

 坂本も牛江も1ゲーム目を模倣するような展開。ただし違うのは先手後手である。

 牛江は《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》を出し、坂本は《戦心の歩兵/Warmind Infantry(GTC)》で応える。2/1になった《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》と《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》が相打つ。相打ちをすると大隊達成が遠のくが、《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》との相打ちなら満足ということだろう。

 牛江は《墓所の怪異/Crypt Ghast(GTC)》を展開する。一見地味な生物だが、オルゾフ組は強請でマナがいくらでも欲しいギルドであり、強力な生物である。放置することはできない。坂本は《誘導稲妻/Homing Lightning(GTC)》で対処。一進一退の攻防である。

r9_Sakamoto_Ushie.jpg

 牛江は《門なしの守護者/Guardian of the Gateless(GTC)》を繰り出す。坂本は《戦心の歩兵/Warmind Infantry(GTC)》《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》の2体を《門なしの守護者/Guardian of the Gateless(GTC)》に向かわせる。《焦土歩き/Scorchwalker(GTC)》で《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》をパンプし、この天使をなんとか撃ち落す。さらに後続を緩めず、《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》を繰り出す。しかし、一方の牛江の後続《重要人物のペット/Kingpin's Pet(GTC)》と比較すると、少し心もとないか。

 坂本は《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》で《重要人物のペット/Kingpin's Pet(GTC)》を追放するも、手札のスペルは尽きたようである。相手に《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》が現れて、ライフを詰められている状況はまずい。

 しかしここで坂本、《オルゾヴァの贈り物/Gift of Orzhova(GTC)》をトップデック。最高の贈り物である。《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》につけ、ライフレースが逆転。この時点で坂本のライフは12、牛江は8である。

 トップデック同士の消耗戦となるも、牛江も負けじと《オルゾフの魔除け/Orzhov Charm(GTC)》で対応。ついに坂本はクロックが完全に停止してしまう。牛江は《組織の処罰者/Syndicate Enforcer(GTC)》を追加し、坂本はブロッカーを並べて守勢に回る。

 牛江が《死の接近/Death's Approach(GTC)》でブロッカーを排除したところで、坂本は場をたたんだ。

坂本 力祐 1-1 牛江 雄太

ゲーム3

 坂本は先手を取り、《サンホームのギルド魔道士/Sunhome Guildmage(GTC)》が初動。牛江は3ゲーム連続の2ターン目《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》。坂本も同じく《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》を追加する。

 ここで坂本、《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》を出す。皆様御存知の通り、先日開催されたプロツアー「ボロスの反攻者」「ギルド門侵犯」でも大活躍したクリーチャーである。牛江はこれを見て顔が一瞬歪むが、4ターン目は土地を置くだけで返す。

 坂本は3体で攻撃。《ボロスのギルド魔道士/Boros Guildmage》が《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》にブロックされるが、これは予定通りと言わんばかりに、《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》で《ボロスのギルド魔道士/Boros Guildmage》を守る。強請とあわせ、これで牛江のライフは13となる。


坂本 力祐

牛江 「どうしよう・・」

 まずは《忌まわしい光景/Grisly Spectacle(GTC)》で、抜きん出て強い《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》を退ける。そしてブロッカーとして《門なしの守護者/Guardian of the Gateless(GTC)》を追加する。戦場を支配するのはこの天使となり、盤面は逆転である。

 反対に坂本はこの厄介な《門なしの守護者/Guardian of the Gateless(GTC)》をどうにかしなくてはならない。《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》をこの天使に立ち向かわせ、《焦土歩き/Scorchwalker(GTC)》で強化し、相打ちをとるが、この2対1交換の代償は大きい。

 その代償は《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》で《サンホームのギルド魔道士/Sunhome Guildmage(GTC)》が死んでしまうことで露わになった。マナさえあれば、《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》を無効化できるはずなのに。牛江は《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》を展開する。坂本が《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(RAV)》で攻撃するも、これは《天駆ける進撃/Aerial Maneuver(GTC)》で一瞬で撃墜。

 坂本は後続のクロックを出すも、牛江がおもむろにプレイした《発光の始源体/Luminate Primordial(GTC)》で除去され、さらに《重要人物のペット/Kingpin's Pet(GTC)》まで追加される。この間に坂本ができたことといえば、《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》を出すのみ。

 ゲームが終わったかに見えたが、それはここまで全勝してきたプレイヤー、ハンドを全て使いきり、なんと坂本も《発光の始源体/Luminate Primordial(GTC)》をプレイ。これでライフは18対18とイーブンに戻る。

 牛江は《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》を追加するも、この状況ではチャンプブロッカーにしかならない。坂本は《オルゾヴァの贈り物/Gift of Orzhova(GTC)》をトップデック、《発光の始源体/Luminate Primordial(GTC)》につける。

牛江「それだけは嫌だなー」

 これで牛江のライフは10となり、もはや絶体絶命である。

 トップデッキに頼むしかなくなった牛江だが、カードを引いて一言「よし!」

 ドローできたのは《千叩き/One Thousand Lashes(GTC)》。これで坂本も牛江もハンドは0枚。空から《重要人物のペット/Kingpin's Pet(GTC)》《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》が殴り、《千叩き/One Thousand Lashes(GTC)》もクロックとなる。


牛江 雄太

 《強盗/Mugging(GTC)》で《重要人物のペット/Kingpin's Pet(GTC)》を落とすが、地上は《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》で止まっているため、攻めることができない坂本。真綿で締め上げられるように強請と《千叩き/One Thousand Lashes(GTC)》でライフを搾り取られ、ついに坂本のライフは0となった。

坂本 力祐 1-2 牛江 雄太

前の記事: 【観戦記事】 第8回戦:石村 信太朗(埼玉) vs. 新田 有紀(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 第10回戦:渡辺 雄也(神奈川) vs. 河内 佑介(石川)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る