マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 Drafting with Oiso

【戦略記事】 Drafting with Oiso

By Masami Kaneko

 大礒正嗣。

 殿堂入りプレイヤーであり、かつて現役時代に「歴代日本人最強」と言われたプレイヤーだ。

 今でこそ就職などにより練習の時間が取れてこそいないものの、そのセンスは健在だろう。なにしろ「練習が足りてない」と言いながらもここまで3Byeを含めて10-1の成績により、この2番Podに座っているのだ。

 できればオルゾフかシミックがやりたいという大礒。どうしても時間が足りず練習ができていないギルドが有るということらしいが、しかしそこは大礒。地力が違う。

 そんな大礒のドラフトポッドの上家に、若手のエースである遠藤亮太が座った。

 遠藤といえば昨年の「PWCチャンピオンシップ」や「関東Finals」を優勝し、グランプリやプロツアーでも活躍しているまさに今から世界に羽ばたこうという若手だ。

 歴史は、引き継がれる。

 過去から未来へ。

 古豪から若手へ。

 しかし、大礒はまだ、現役だ。まだ、過去ではない。

 遠藤の動向を絡めて、大礒のピックを中心に見ていこう。

z12_Oiso.jpg

第1パック

1手目
  • ○《聖なるマントル/Holy Mantle(GTC)》
  • 《贖罪の高僧/High Priest of Penance(GTC)》
  • 《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》

 初手は単色で使いやすくカードパワーの高い《聖なるマントル/Holy Mantle(GTC)》を選択。《贖罪の高僧/High Priest of Penance(GTC)》も強力ではあるが、簡単に勝てることも多いこのカードには敵わないだろう。

 なお、この時の遠藤のピックは《スカルグのギルド魔道士/Skarrg Guildmage(GTC)》。

2手目
  • ○《闘技/Pit Fight(GTC)》
  • 《殺戮角/Slaughterhorn(GTC)》

 2手目にしてはなんとも微妙なカードしか候補に上がらない。

 《殺戮角/Slaughterhorn(GTC)》を取ってもギルドに渡りはないし、一応ながらボロスでも使用できる《闘技/Pit Fight(GTC)》をピックといったところか。

 しかしこの時の遠藤のピックは《サンホームのギルド魔道士/Sunhome Guildmage(GTC)》。ボロスが被る可能性も発生した。

3手目
  • ○《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》
  • 《門なしの守護者/Guardian of the Gateless(GTC)》
  • 《ドレイク翼の混成体/Drakewing Krasis(GTC)》
  • 《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》
  • 《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》
  • 《エリマキ眼魔/Frilled Oculus(GTC)》

 3手目で一転、各色の強力カードが並び、どれを取るのか迷うパック。

 悩んだ上で《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》をピックした。

 後でこの時のピックの感想を訊いてみたが、

「《門なしの守護者/Guardian of the Gateless(GTC)》を取ろうか悩んだんですが、このカードは結局オルゾフに行くカードなんですよね。別に行っても良いんですけど、だったらここで《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》を取っておけば下とボロスが被らないから返しが有利になるかなーと。」

 さすが大礒。切り込んだように見えたピックもしっかり考えられている。

4手目
  • ○《盲従/Blind Obedience(GTC)》
  • 《都邑の庇護者/Urbis Protector(GTC)》
  • 《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》

 《都邑の庇護者/Urbis Protector(GTC)》はボロスで使うには重いカードであるため、《盲従/Blind Obedience(GTC)》をピック。相手のブロッカーを寝かせられるこのカードはボロスにおいてはわりと強力だ。

5手目
  • ○《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》
  • 《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》
  • 《はた迷惑なゴブリン/Hellraiser Goblin(GTC)》

 ここでも重い除去である《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》よりは軽いコンバットトリックである《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》をピック。軽さを優先している。

6手目
  • ○《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》
  • 《そびえ立つ雷拳/Towering Thunderfist(GTC)》
  • 《反逆の行動/Act of Treason(GTC)》

 ここも一貫して軽いところを。

7手目
  • ○《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》
  • 《シミックの変転魔道士/Simic Fluxmage(GTC)》
  • 《反逆の行動/Act of Treason(GTC)》

 《シミックの変転魔道士/Simic Fluxmage(GTC)》がこの時点でも残っているのが少し嫌だが、ここは自分でも使えるクリーチャーを。

8手目
  • ○《グルールの魔除け/Gruul Charm(GTC)》
  • 《反逆の行動/Act of Treason(GTC)》

 自分が使えるカードである《反逆の行動/Act of Treason(GTC)》をピックするかと思ったが、ここでは飛行ビートの障害になる《グルールの魔除け/Gruul Charm(GTC)》をピックした。

9手目
  • ○《装甲輸送機/Armored Transport(GTC)》
  • 《力の噴出/Burst of Strength(GTC)》

 前のめりに攻撃できるボロスにおいては見た目よりも強力なアーティファクトクリーチャーをピック。

10手目
  • ○《新緑の安息所/Verdant Haven(GTC)》
11手目
  • ○《すがりつくイソギンチャク/Clinging Anemones(GTC)》
12手目
  • ○《順応する跳ね顎/Adaptive Snapjaw(GTC)》
  • 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate(GTC)》
  • 《霊気化/AEtherize(GTC)》

 12手目にしては異常なカードパワーのパックとなった。ここでは二種類のギルドを回さず一つのギルドに絞り、下家を混乱させないようにしていく。

13手目
  • ○《はじける境界線/Crackling Perimeter(GTC)》
14手目
  • ○《死に際の願い/Dying Wish(GTC)》

 1パック目終了時点で方針はほぼボロスに決まっている形。

 現時点ではクリーチャーが不足気味なので、ここからはクリーチャー、特に低マナ域のクリーチャーを集めていきたいところだろう。

 遠藤のピックはオルゾフ方面にまとまっており、白が被っているのが少々辛いところか。とはいえボロスとオルゾフは使用するカードの方針がかなり違うため、住み分けは可能だ。

第2パック

1手目
  • ○《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》
  • 《夜帷の死霊/Nightveil Specter(GTC)》
  • 《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》

 関係ない色の強力レアを引き当ててしまうが、ここは落ち着いて待望の軽マナクリーチャー。

2手目
  • ○《突撃するグリフィン/Assault Griffin(GTC)》
  • 《ヴィーアシーノの軸尾/Viashino Shanktail(GTC)》

 コンバットトリックにもなる優秀なクリーチャーである《ヴィーアシーノの軸尾/Viashino Shanktail(GTC)》と最後まで悩んでいたが、安定して攻撃できる飛行持ちの《突撃するグリフィン/Assault Griffin(GTC)》を。とはいえ2手目に取りたいカードではないので苦しいところ。

3手目
  • ○《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》
  • 《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》
  • 《ボロスのギルド門/Boros Guildgate(GTC)》
  • 《都の進化/Urban Evolution(GTC)》

 3手目としては少々寂しいが、とにかく低マナ域のクリーチャーを。

4手目
  • ○《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》
  • 《戦心の歩兵/Warmind Infantry(GTC)》
  • 《シュラバザメ/Shambleshark(GTC)》
  • 《強打/Smite(GTC)》

 安定した戦力になる《戦心の歩兵/Warmind Infantry(GTC)》をピックするかと思われたが、ここは《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》をピックした。

「《闘技/Pit Fight(GTC)》を取っていたのと、このカードは集めれば強いので1枚目は点数高めにピックしました。」とのこと。

5手目
  • ○《オルゾヴァの贈り物/Gift of Orzhova(GTC)》
  • 《宮廷通りの住人/Court Street Denizen(GTC)》
  • 《戦心の歩兵/Warmind Infantry(GTC)》
  • 《突撃するグリフィン/Assault Griffin(GTC)》

 全部デッキに入る!あまりにも強力なラインナップに苦笑いする大礒。なかでもカードパワーが高く、役割も他ではカバーできない《オルゾヴァの贈り物/Gift of Orzhova(GTC)》。この順目でとれたのは僥倖だろう。

6手目
  • ○《突撃するグリフィン/Assault Griffin(GTC)》
  • 《シュラバザメ/Shambleshark(GTC)》

 まだまだ流れてくる飛行クリーチャー。

7手目
  • ○《装甲輸送機/Armored Transport(GTC)》
  • 《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(GTC)》

 軽いほうを取るかと思われたが、継続して攻撃しやすいクリーチャーを優先した。

8手目
  • ○《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》
  • 《ディンローヴァの恐怖/Dinrova Horror(GTC)》
  • 《シュラバザメ/Shambleshark(GTC)》

 どうにも強力なカードが残っているのは気になるものの、落ち着いて自分の色のカードをピック。

9手目
  • ○《騎士の見張り/Knight Watch(GTC)》
10手目
  • ○《力線の幻影/Leyline Phantom(GTC)》
11手目
  • ○《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》
  • 《都の進化/Urban Evolution(GTC)》

 この順目で強力なドロー強化が残っているのは、卓にシミックがほぼ居ないサインだろう。しかし今からシミックに行くわけにもいかなく、自分の色のカードを獲得。

12手目
  • ○《散乱する電弧/Scatter Arc(GTC)》
13手目
  • ○《空隠しの杖/Skyblinder Staff(GTC)》
  • 《影切り/Shadow Slice(GTC)》

 《影切り/Shadow Slice(GTC)》はかなり強いカードでありこの時点まで残っているのは驚きだが、ここは色の主張をしておきたいということであえてのスルー。

14手目
  • ○《塔の防衛/Tower Defense(GTC)》

 全体の流れが悪く、卓にボロスが多い雰囲気。大礒も後に「ボロスを絞ったつもりでしたけど、決め打ち気味にやってる人が多かったみたいですね。流れがあんまり良くなくて苦しいです。」と語っていた。

 上家の遠藤と白が被ってしまい、順回りのシーンでは遠藤に白のパーツを回収されてしまい苦しいピックになってしまったようだ。

 2パック目では軽いクリーチャーをある程度回収できたものの、質がそれほど高いといえる状態ではないため、3パック目でも同じように継続して優秀なクリーチャーを回収したいところだ。

 呪文も数こそ十分あるものの除去といえるカードがほとんど無い状態ために、除去も回収したい。足りていないパーツも多いため、3パック目では割り切りが必要になってしまい苦しいところ。

第3パック

1手目
  • ○《聖なるマントル/Holy Mantle(GTC)》
  • 《強盗/Mugging(GTC)》
  • 《宮廷通りの住人/Court Street Denizen(GTC)》

 引いたのは優秀な呪文2枚。安定した除去である《強盗/Mugging(GTC)》を取る選択肢もあったが、そこは割りきって《聖なるマントル/Holy Mantle(GTC)》をピックした。

「《強盗/Mugging(GTC)》は確かにデッキに欲しいところではあるんですけど、今からこれを取っても勝てるようなデッキじゃないと思うんですよね。それよりも簡単に勝てるほうを。」とのこと。

2手目
  • ○《はた迷惑なゴブリン/Hellraiser Goblin(GTC)》
  • 《反逆の行動/Act of Treason(GTC)》

 これまた2手目にしては悲しい。兎にも角にもクリーチャーを。

3手目
  • ○《皮印のゴブリン/Skinbrand Goblin(GTC)》
  • 《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》

 悪いとは言わないものの、3手目としては苦しいところか。もう少し優秀な低マナ域が欲しいが、贅沢は言えない。

4手目
  • ○《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》
  • 《反逆の行動/Act of Treason(GTC)》
  • 《闘技/Pit Fight(GTC)》

 大礒の逆境は続く。マナカーブは整うとはいえ、4手目に単なる《さまようもの/Wandering Ones(CHK)》をピックさせられるのは苦しいとしか言いようがない。

5手目
  • ○《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》
  • 《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways(GTC)》

 サイドボードとしては悪くないカードだが、メインには多くて1枚しか入らなそうなカードであり既に2枚目。メインに入らないであろうカードをこの順目で取るのは本当に苦しい。

6手目
  • ○《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》
  • 《航行隊の猛士/Nav Squad Commandos(GTC)》
  • 《キヅタ小径の住人/Ivy Lane Denizen(GTC)》

 重いソーサリーながら、必要だった除去。文句は言えない。

7手目
  • ○《猛然たる抵抗/Furious Resistance(GTC)》
  • 《ドレイク翼の混成体/Drakewing Krasis(GTC)》

 一度は《ドレイク翼の混成体/Drakewing Krasis(GTC)》をカットしようとするも、考えなおしてのピック。

 サイドボードとして使用する可能性がある程度のカードだが、今更カットに意味もない。

8手目
  • ○《航行隊の猛士/Nav Squad Commandos(GTC)》
  • 《闘技/Pit Fight(GTC)》
9手目
  • ○《宮廷通りの住人/Court Street Denizen(GTC)》

 このカードが一周は嬉しい誤算。デッキがぐっと引き締まった。

10手目
  • ○《守られた道/Shielded Passage(GTC)》
  • 《影切り/Shadow Slice(GTC)》
11手目
  • ○《原初の訪れ/Primal Visitation(GTC)》
12手目
  • ○《すがりつくイソギンチャク/Clinging Anemones(GTC)》
13手目
  • ○《殺人の捜査/Murder Investigation(GTC)》
14手目
  • ○《構造崩壊/Structural Collapse(GTC)》

 卓のボロスを上手く絞りに行ったつもりだったが、決め打ち気味にボロスをピックしていた人が多かったようで大礒としては苦しいところ。デッキについても2枚の《聖なるマントル/Holy Mantle(GTC)》と《オルゾヴァの贈り物/Gift of Orzhova(GTC)》で勝ちやすい部分は良いのだが、クリーチャーの質は十分とはいえない。

 上記3枚のオーラが上手く働くかがキーになるだろう。

z12_OisowithDraftDeck.jpg

「頑張って1-2ですかね......。」と気落ちした様子で謙虚に答えてくれた大礒だが、卓で苦しいのは大礒だけではないはずだ。ぜひ頑張ってTop8への道を切り開いてほしい。

Oiso, Masashi / グランプリ・横浜2013 - 1st Draft
10 《平地》
7 《山》

-土地(17)-

1 《従順なスラル》
1 《鋳造所通りの住人》
1 《皮印のゴブリン》
1 《徴税理事》
1 《ウォジェクの矛槍兵》
2 《装甲輸送機》
1 《宮廷通りの住人》
1 《くすぶり獣》
1 《はた迷惑なゴブリン》
2 《突撃するグリフィン》
1 《千年王国のガーゴイル》
1 《ザリーチ虎》
1 《航行隊の猛士》

-クリーチャー(15)-
2 《軍部の栄光》
1 《天駆ける進撃》
1 《盲従》
1 《オルゾヴァの贈り物》
2 《聖なるマントル》
1 《騎士の見張り》

-呪文(8)-

前の記事: 【戦略記事】 シールドテクニック「これぞギルド門」 | 次の記事: 【観戦記事】 第12回戦:Kim Cynic(韓国) vs. 大礒 正嗣(東京)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る