マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第15回戦:豊 浩彰(東京) vs. 三原 槙仁(千葉)

【観戦記事】 第15回戦:豊 浩彰(東京) vs. 三原 槙仁(千葉)

By Hisaya Tanaka

r15_yutaka_mihara.jpg

 最終ドラフトが終了し、すべてのプレイヤーがこの最後のデッキにTOP8や入賞の望みを託す。1番ポッドからフィーチャーマッチテーブルに呼ばれたのは、三原 槙仁(千葉) と豊 浩彰(東京)。両プレイヤーとも現在2敗。TOP8を目指すために、強豪たちが集まるこのポッドで2−0を狙う。

ゲーム1

 先攻をとった豊は、《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》でゲームを開始する。対する三原は、視線を上に向け少考すると、山を置いてターンを返した。

 攻撃を行った豊が《第6管区のワイト/Wight of Precinct Six(GTC)》を戦場に追加すると、後の脅威となり得るこのクリーチャーの存在を三原は許さず、《強盗/Mugging(GTC)》で除去を行った。さらに《亡霊招き/Beckon Apparition(GTC)》をプレイすると、《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》も展開。その2体で攻撃に入ろうとしたのだが、豊が戦闘前に《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》を唱えると、苦笑いをしながら《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》を生け贄に捧げた。

 5マナ目に島を置いて3色デッキであることを明らかにした豊は、《夜翼の呼び声/Call of the Nightwing(GTC)》をプレイすると、暗号を《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》に伝え、その《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》が攻撃をしかける。三原は、《大規模な奇襲/Massive Raid(GTC)》でもう一体のトークン生成は阻むものの、もちろん再生されてしまう。

 しかし三原の手札には《軍勢の集結/Assemble the Legion(GTC)》があった。5マナ目をプレイして《軍勢の集結/Assemble the Legion(GTC)》を置き、盤面を一気に掌握しにかかる。

 ところが豊の手札は三原のものを上回った。《千叩き/One Thousand Lashes(GTC)》をトークンにプレイをし、暗号クリーチャーを通しにかかった上から、さらに《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》を出して次々とプレッシャーを展開。さらには《軍勢の集結/Assemble the Legion(GTC)》にいくつかのカウンターが乗った所で《ディンローヴァの恐怖/Dinrova Horror(GTC)》をプレイし、三原の希望を打ち砕いていく。

 《燃えがらの精霊/Cinder Elemental(GTC)》をプレイした三原だったが、豊は《破壊的な逸脱者/Consuming Aberration(GTC)》をも戦場に送り出し、攻撃を仕掛けたところで三原の投了となった。

豊 1-0 三原


豊 浩彰
ゲーム2

 ゲームの開始は豊の《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》から。三原は3ターン目に遅れてきた《果敢なスカイジェク/Daring Skyjek(GTC)》をプレイ。攻撃してきた《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》と相打ちとなった。

 そこから三原は《ザリーチ虎/Zarichi Tiger(GTC)》《そびえ立つ雷拳/Towering Thunderfist(GTC)》とプレイし、豊は対抗して《組織の処罰者/Syndicate Enforcer(GTC)》《突撃するグリフィン/Assault Griffin(GTC)》。

 警戒をつけて《そびえ立つ雷拳/Towering Thunderfist(GTC)》を走らせた三原は《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》を追加するも、豊は土地を置いてエンドするのみ。次のフル攻撃に対し、《そびえ立つ雷拳/Towering Thunderfist(GTC)》にダブルブロックを敢行した豊だったが、三原が《天駆ける進撃/Aerial Maneuver(GTC)》をプレイすると、手札になにもなかったのか投了を宣言した。

豊 1-1 三原


三原 槙仁
ゲーム3

 先攻の豊はマリガンして6枚からのスタート。三原は7枚をキープしての開始となった。

 豊は《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》と強請でゆっくりとしていくプラン。三原は《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》から《オルゾフの魔鍵/Orzhov Keyrune(GTC)》と展開をしていく。

 《夜翼の呼び声/Call of the Nightwing(GTC)》がプレイされ《聖堂の金切り声上げ/Basilica Screecher(GTC)》に暗号化されると、三原はたまらず《強盗/Mugging(GTC)》でこれを除去。そして攻撃してきた《徴税理事/Syndic of Tithes(GTC)》をも《天駆ける進撃/Aerial Maneuver(GTC)》で討ち取って、《そびえ立つ雷拳/Towering Thunderfist(GTC)》を展開する。

 豊は《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》を2体プレイするも、《そびえ立つ雷拳/Towering Thunderfist(GTC)》が止まらない。挙句の果てに《ウォジェクの矛槍兵/Wojek Halberdiers(GTC)》をダブルブロックした2体の《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》が《天駆ける進撃/Aerial Maneuver(GTC)》で片方落とされてしまい、三原の攻勢が全く止まらなくなってしまった。

 次々と後続を展開する三原に対して豊は何もできず、最後は全員攻撃から《大規模な奇襲/Massive Raid(GTC)》を本体にプレイされ、三原の勝利となった。

豊 1-2 三原

前の記事: 【戦略記事】 Drafting with Mihara | 次の記事: 【観戦記事】 第16回戦:日比野 泰隆(愛知) vs. 中山 貴嗣(岐阜)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る