マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:日比野 泰隆(愛知) vs. Sam Black(アメリカ)

【観戦記事】 準々決勝:日比野 泰隆(愛知) vs. Sam Black(アメリカ)

By Masami Kaneko

 国内最大の2297人という人数で争われたグランプリ・横浜も、決勝ラウンドを残すのみとなった。

 《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》《一族の誇示/Clan Defiance(GTC)》という強力なレアをピックできた強烈なグルールの日比野。

 それに対して、序盤のテンポで押して《ザル=ターの豚/Zhur-Taa Swine(GTC)》と《瓦礫鬼/Rubblehulk(GTC)》で一撃必殺を決めるデッキを構築したSam。速攻クリーチャーによるビートダウンがきっちり決められるかが勝負の鍵になるだろう。

 日比野がレアパワーで押し切るのか、Samがテンポで押すのか。

 熱戦に期待しよう。

QF_SamvsHibino.jpg
ゲーム1

 お互いマリガンからスタートしたこの試合。日比野はさらにマリガンを重ねて5枚でのスタートとなってしまうが、Samの手札も《平地/Plains(ISD)》が無い不安の残る手札でのスタートとなった。

 Samの《グルールのギルド門/Gruul Guildgate(GTC)》から《爆弾部隊/Bomber Corps(GTC)》でゲームはスタート。さらに平地を引いたSam、《はた迷惑なゴブリン/Hellraiser Goblin(GTC)》で4点の攻撃。

 これに《新緑の安息所/Verdant Haven(GTC)》でしか答えられない日比野、防御クリーチャーを用意できない日比野に追い打ちをかけるように、Samは《冠角獣/Crowned Ceratok(GTC)》をプレイし、合計で8点のダメージ。

ブン、ブン、ブン!

 このブン回りに対して《順応する跳ね顎/Adaptive Snapjaw(GTC)》でしか対応できない日比野、Samがさらに《果敢なスカイジェク/Daring Skyjek(GTC)》を重ねて全軍攻撃をすると、このターンこそ生きているもののもはや日比野に出来ることは無いのだった。

日比野 0-1 Sam

 ダブルマリガン+相手のブン回りという形で1本目を落とすことになってしまった日比野。

 とはいえデッキが弱いわけはない。デッキが応えてくれることを信じ、2本目に思いを託す。

 一方のSamは落ち着いている。グランプリという大舞台、しかしSamにとっては慣れ親しんだ舞台。何度この舞台に登ったかわからない。

 それぞれが入念にシャッフルを重ね、ゲーム2に挑む。

ゲーム2

 日比野の先攻ではじまった2本目はお互いに7枚をキープ。それぞれ軽いところをしっかり展開できそうな手札だ。

 《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways(GTC)》と《サンホームのギルド魔道士/Sunhome Guildmage(GTC)》が対面し、さらに日比野は《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》を展開していく。

 Samは《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire(GTC)》で先行。ダメージレースが加速していく。日比野も5点を与え、《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》で迎え撃つ。

 しかし、この《千年王国のガーゴイル/Millennial Gargoyle(GTC)》には《強盗/Mugging(GTC)》が飛び、さらに《はた迷惑なゴブリン/Hellraiser Goblin(GTC)》。このブン回りには日比野も思わずため息。

 日比野としては守りに入りたくない。入りたくないがとりあえずは《新緑の安息所/Verdant Haven(GTC)》から《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》、そしてクリーチャーを全てブロッカーとして立たせてターンを終えた。

 そんな日比野に追い打ちをかける、Samの速攻を持った《果敢なスカイジェク/Daring Skyjek(GTC)》。当然大隊は達成しており、残りライフが10の日比野に4体のクリーチャーが襲いかかる。2本続けてのとんでもないブン回りにギャラリーからは悲鳴と感嘆の声があがるほどだ。

ブン、ブン、ブブブン!

 飛行から5点のダメージが確定で通るうえに《サンホームのギルド魔道士/Sunhome Guildmage(GTC)》でさらに2点追加までは確定、そのうえで地上をブロックしなければならない。地上クリーチャーを防御にまわしてみるも、ここに突き刺さるSamの《軍部の栄光/Martial Glory(GTC)》。Samの展開はどこまでも理想的だ。残りライフは7になったうえに、日比野を守るクリーチャーは《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》以外いなくなってしまった。

 《破滅のワーム/Ruination Wurm(GTC)》で対抗してみるも、飛行クリーチャーがどうにも止まらず日比野は無念の投了となった。

QF_SamvsHibinoFinish.jpg
結局一度も見ることは無く......。

日比野 0-2 Sam

前の記事: 【戦略記事】 ショートインタビュー:トップ8ドラフト! | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 石村 信太朗(埼玉)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る