マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 石村 信太朗(埼玉)

【観戦記事】 準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 石村 信太朗(埼玉)

By Shinji Nakatani

 勝たないと嫁が家に入れてくれないという、負けられない理由が三原にはある。スイスラウンドを8位抜けなので、今回の決勝トーナメントの第1ゲームは全て後手になる(正確に言うと、先手後手の選択権がない)。そこで、彼はこの環境の5ギルドの中で、唯一後手でも戦うことが可能なオルゾフを決め打ちすることにしたという。

 石村は最終ラウンドをID(同意の上での引き分け)できる点数ではなく、試合を勝ってトップ8の権利を掴みとった。「マジック・オンライン(MO)においてのシールド戦では最強」との呼び声もあり、その様は、かの中村修平をもってしても「(いい意味で)意味がわからない」ほどである。

 日本でも指折りのリミテッド巧者同士の試合が始まる。

ゲーム1

 石村は先攻を選択するが、1マリガンでゲームスタート。

 初動は《火拳の打撃者/Firefist Striker(GTC)》だが、三原は《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》ですぐに対処した。次の《殺戮角/Slaughterhorn(GTC)》に対しては《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》を回答として提示。石村は《殺戮角/Slaughterhorn(GTC)》を攻撃に出し、《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》にブロックさせたのち、戦闘終了後に《大規模な奇襲/Massive Raid(GTC)》を使い、この壁を破る。

 それでも三原は《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》《排水路潜み/Gutter Skulk(GTC)》と横に並べて対抗する。石村は後続を引けなかったのか、4マナを立てて終了。三原は《排水路潜み/Gutter Skulk(GTC)》で殴り、《暴動用具/Riot Gear(GTC)》を追加。石村はドローゴー。

 三原は《暴動用具/Riot Gear(GTC)》を《排水路潜み/Gutter Skulk(GTC)》に装備し、クロックを上げる。

 石村は《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》をプレイし、次のターンには《グルールのギルド門/Gruul Guildgate(GTC)》から《両生鰐/Crocanura(GTC)》と展開していく。三原の足が止まり、《贖罪の高僧/High Priest of Penance(GTC)》を置くのみ。

QF_Ishimura.jpg

 お互いに6枚目の土地を出して、ターンエンドし合ったのち、三原は《突撃するグリフィン/Assault Griffin(M12)》をプレイ。一方の石村は《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》を置いて終わる。

 《突撃するグリフィン/Assault Griffin(M12)》に《暴動用具/Riot Gear(GTC)》を移して、石村のライフを12とする。石村は《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》で殴るが、このタイミングで《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》が飛んでくる。《殺戮角/Slaughterhorn(GTC)》が墓地に。8枚目の土地を置いて終了する石村だが、終了フェイズに《処刑人の一振り/Executioner's Swing(GTC)》で《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》も墓地に送られてしまう。

 石村はドローゴーが続く。

 三原は《突撃するグリフィン/Assault Griffin(M12)》で殴り、石村のライフを6まで落とす。

 《第6管区のワイト/Wight of Precinct Six(GTC)》が戦場に追加され、石村は自分のドローを見ると、そのまま片付けた。

三原 槙仁 1-0 石村 信太朗

ゲーム2

 石村は再び先攻を選択。まずは《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》と好調な滑り出し。

 三原は1ターン目のセットランドで長考する。結局悩んだ末、《平地/Plains(RTR)》から《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》をプレイ。

 石村は《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》を出したのだが、三原は《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》で攻撃した後、《贖罪の高僧/High Priest of Penance(GTC)》を出す。《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》も《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》もタフネスが1のため、石村は迂闊に攻撃ができなくなる。

三原「ニコイチできるけど嬉しくない。もっと強いクリーチャーを倒したいよ。」

石村「俺はもっと嬉しくない!」

 石村は《くすぶり獣/Ember Beast(GTC)》をプレイし、《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》で攻撃して終わり。三原は《オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate(GTC)》をセットするのみ。石村はさらに《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》で攻撃するが、今度は《ザル=ターの豚/Zhur-Taa Swine(GTC)》で湧血し、6点のダメージとする。三原は少し訝しむも、特に何もせずに受け、ライフを12とする。

 そしてターンエンドに《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》をプレイし、これにより《緑側の見張り/Greenside Watcher(GTC)》が墓地に置かれる。三原は《従順なスラル/Dutiful Thrull(GTC)》で殴り、《第6管区のワイト/Wight of Precinct Six(GTC)》を出して終了。

 石村は《森/Forest(RTR)》を置いてから《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》で殴り、今度は《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》の湧血でごっそりライフを奪う。これで三原の残りライフは7となる。

 三原は《第6管区のワイト/Wight of Precinct Six(GTC)》で攻撃し、4点のダメージ......と思いきや、石村は《野生林の再誕/Wildwood Rebirth(GTC)》で自分の墓地にある《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を回収し、ダメージを最小限に抑える。

 しかしこれが裏目に出たか、そう何度も湧血されてはたまらないと、三原は《天使の布告/Angelic Edict(GTC)》で《尖塔なぞり/Spire Tracer(GTC)》を除去する。

 クロックのなくなった石村は、たった今回収した《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を素出しする。三原は《門道の影/Gateway Shade(GTC)》をプレイ。《オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate(GTC)》が2枚立っているので、《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》をも上回るサイズに成長する。

QF_Mihara.jpg

 石村はなにもせずに終了。

 ターンが戻った三原も攻撃するか悩んだのち、《聖堂の護衛/Basilica Guards(GTC)》を出すのみで終わる。

 石村はドローゴーが続く。

 いよいよ三原は《門道の影/Gateway Shade(GTC)》で殴り始める。まずは7点パンプ、石村のライフは9に。

 石村はブロッカーを出すが、エンドに《肉貪り/Devour Flesh(GTC)》を食らい、ブロッカーを減らされる。三原のターンに入り、《忌まわしい光景/Grisly Spectacle(GTC)》で《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》が除去されると、三原はすべてのクリーチャーをレッドゾーンに送り込む。

 石村は手札の《山/Mountain(RTR)》と《野生林の再誕/Wildwood Rebirth(GTC)》を公開して、投了を宣言した。

三原 槙仁 2-0 石村 信太朗

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:日比野 泰隆(愛知) vs. Sam Black(アメリカ) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:趙 天宇(東京) vs. 本村 知也(山口)
グランプリ・横浜13 一覧に戻る