マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 4: 大礒 正嗣(2008) vs. 諸藤 拓馬(2005)

public_1

Round 4: 大礒 正嗣(2008) vs. 諸藤 拓馬(2005)

By Takamasa Sato


 日本選手権もスイスラウンドの全14試合が終了し、会場は閑散とし始めている。
 とはいえ、広く使えるようになったテーブルではそこかしこでドラフトやフリープレイが行われており、プレイヤーたちの笑顔は絶えない。

 会場の一角。フィーチャー・エリアの周辺に、一際楽しそうにデッキをシャッフルする者たちがいる。
 周囲にはいつもの通りギャラリーと友人たちが群がり、相対する二人も談笑しながら試合の始まりを待っている。

BoC Round 4


 大礒 正嗣。2003年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、プロツアートップ8にもこれまでに6回の入賞を果たしている。
 その輝かしき経歴から「ルーキー」「世界のISO」と呼ばれる、2008年日本選手権王者。

 諸藤 拓馬。2005年に日本代表チームを世界選手権団体優勝に導いた立役者。
 にぎやかなトークと明るいキャラクターで、日本のみならず世界中のプレイヤーから親しまれている。

 二人はともに一敗ラインであり、ここで勝てばオポネント・マッチ・ウィン・パーセンテージによっては決勝進出の可能性がある。

 だけど、二人は笑っている。いつものようにカードを引き、いつものように会話し、いつものようにカードを並べている。
 この勝負の先にあるのは一際輝く王冠だというのに。その王冠に挑む権利を得るのは、どちらか一人だというのに。

 バトル・オブ・チャンピオン。それは、王たちの祭典。

 王たちは誰よりもこの祭典を楽しんでいる。さあ、観客である私たちも、共に楽しもう。


Game 1

大礒 正嗣
2008年王者・大礒 正嗣

 ダイスロールの結果、先攻は諸藤。互いに即キープ。

 ファーストアクションは大礒の《ゴブリンの長槍使い/Goblin Piker(M12)》。
 諸藤は《困窮/Distress(M12)》。
 公開された《ダングローブの長老/Dungrove Elder(M12)》《真紅の魔道士/Crimson Mage(M12)》《血まみれ角のミノタウルス/Gorehorn Minotaurs(M12)》、《ショック/Shock(M12)》《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M12)》《ガラクの仲間/Garruk's Companion(M12)》から、《ダングローブの長老/Dungrove Elder(M12)》を抜く。

 大礒、続けて《真紅の魔道士/Crimson Mage(M12)》。
 しかし、3枚目の土地が引けない。

 諸藤、《精神腐敗/Mind Rot(M12)》で大礒から《血まみれ角のミノタウルス/Gorehorn Minotaurs(M12)》と《ガラクの仲間/Garruk's Companion(M12)》を奪うと、
 大礒のライブラリーに言い聞かせるように「次(の大礒のドロー)はランドではなーい」と呟きつつエンド。

 しかし、大礒はしっかり土地を引き込む。
 《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear(M10)》を出し、速攻をつけてビートダウン。
 諸藤はたまらず《ソリンの渇き/Sorin's Thirst(M12)》で《真紅の魔道士/Crimson Mage(M12)》を除去。

 さすがに4枚目の土地は置けない大礒は、何もしない諸藤の隙を突き、コンバットで狂喜を達成しての《血のオーガ/Blood Ogre(M12)》。

 返しに諸藤は《復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh(M12)》!
 これには大礒、「ぎえー!」と一声。
 しかし、殴ってからの《ショック/Shock(M12)》で《復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh(M12)》を除去と、行動は冷静である。

 そんな大礒に襲いかかった次なる爆弾カードは《ウスーンのスフィンクス/Sphinx of Uthuun(M12)》!

 大礒が諸藤のライブラリーからめくれた5枚を、


  • 《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire(M12)》+《ドルイドの物入れ/Druidic Satchel(M12)》
  • 《マナ漏出/Mana Leak(M11)》+《思案/Ponder(M12)》+《空回りのドレイク/Skywinder Drake(M12)》

 に分け、諸藤は後者を選択。

諸藤 「ええの? 《思案/Ponder(M12)》を渡して? ええの? 《ソリン・マルコフ/Sorin Markov(ZEN)》引いてまうで?」

大礒 「(デッキの中身を)ばらしてるじゃないですか!」

 次のターンのアタックで、諸藤は残りライフ6。
 大礒は《聖なる狼/Sacred Wolf(M12)》を追加してそのままエンド。

大礒の戦場

マジックを始める緑赤のお手本のような、大礒側の戦場
(《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M12)》が表向きなのは《困窮/Distress(M12)》で明らかになっているため)

 諸藤、予告通り《思案/Ponder(M12)》。

 しかし、3枚に切望する《ソリン・マルコフ/Sorin Markov(ZEN)》は含まれていない。
 仕方なく3枚を上から順に《否認/Negate(M11)》《縞瑪瑙の魔道士/Onyx Mage(M12)》《破滅の刃/Doom Blade(M11)》と積み、ドロー。
 またも言い聞かせるように「土地は引けないはずやんな」と呟き、《空回りのドレイク/Skywinder Drake(M12)》をプレイしてエンド。

 本当に土地を引けず、何も出来ない大礒は全軍突撃。これで諸藤のライフは2。
 さらに《ゴブリンの投火師/Goblin Fireslinger(M12)》を追加して、諸藤にタイムリミットを突きつける。

 諸藤、先ほど戻ってきた《復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh(M12)》をキャスト。がっちり固めはしたが、今にも死にそうである。
 《ゴブリンの投火師/Goblin Fireslinger(M12)》は引きこんだ《破滅の刃/Doom Blade(M11)》で処理するものの、残りライフは1。
 一応、大礒の握りしめている《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M12)》は《否認/Negate(M11)》でケアしているものの、綱渡りに変わりはない。

 しかし、《ウスーンのスフィンクス/Sphinx of Uthuun(M12)》と《空回りのドレイク/Skywinder Drake(M12)》が殴り始めると、わずか3ターンで大礒のライフは削りきられてしまった。

大礒 0-1 諸藤

 大礒、一戦目を落としたことで表情を引き締める。


Game 2

諸藤 拓馬
2005年王者・諸藤 拓馬

 先手をとった大礒は《ゴブリンの投火師/Goblin Fireslinger(M12)》からビートダウンの準備。
 しかし、これは《肉体のねじ切り/Wring Flesh(M12)》される。

諸藤 「ライフリンクは大事やでー♪」

 返しで歌いながらプレイされた《夜の子/Child of Night(M12)》には、ノータイムで《火の玉/Fireball(M12)》(X=1)。

 仕方なく3ターン目に《空回りのドレイク/Skywinder Drake(M12)》をプレイすると、これは残ってしまい、大礒のライフを削り始める。
 さらに諸藤は4ターン目、5ターン目と連続で《精神腐敗/Mind Rot(M12)》。

 《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M12)》《炎破のドラゴン/Flameblast Dragon(M12)》に追加の土地と、大礒に必要なすべてが墓地送りに。

 ついには諸藤が意気揚々と《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire(M12)》、続くターンに《幻影の像/Phantasmal Image(M12)》(コピー《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire(M12)》)と並べると・・・

 大礒はほれぼれするような鮮やかな手つきでデッキを片付けた。

大礒 0-2 諸藤


 終了後も二人はカードプールを並べ、ギャラリーも交えてデッキの検討を始める。

大礒 「《吸血鬼ののけ者/Vampire Outcasts(M12)》入れましょうよ!」
諸藤 「肉(クリーチャー)が少なすぎて狂喜出来んのよね」

 細かなカード一枚一枚の検討から、そもそも色はこれでいいのか?まで。
 二人の会話は尽きず、閉場時間まで続くのだった。


 王たちは、誰よりもこの競技を愛し、誰よりもこの競技を楽しんでいる。

日本選手権11 一覧に戻る