マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 八十岡 翔太(東京) vs. 秋山 貴志(千葉)

Round 13: 八十岡 翔太(東京) vs. 秋山 貴志(千葉)

By Takamasa Sato


 「勝てば(次の試合ID=合意の上の引き分けで)トップ8」。
 この二人にとっては何度も経験しているシチュエーションだろう。

 フィーチャー・テーブルに呼ばれたのは既に今大会でもフィーチャーに呼ばれている八十岡 翔太(参考:第7回戦)と秋山 貴志(参考:第5回戦)である。

Round 13

 八十岡はプレイヤー・オブ・ザ・イヤー2006をはじめとして多くの戦績を残すプレイヤー。
 今シーズンもグランプリ・神戸優勝、グランプリ・シンガポールベスト8と絶好調。
「現在最も強いプレイヤーは誰か?」という議論をすれば、必ず名前の挙がる人物だ。

 秋山もまた、既報の通りマジックはもちろん他のゲームでも熱狂的なファンを持つほどのカリスマ・プレイヤー。
 先週までは他のゲームにも時間を割いていたそうだが、今週はマジックに集中している。
 集中した途端にこの位置に勝ち上がってくるあたり、元々の実力が違うのだろう。

 デッキは八十岡がヤソコンブランドの青黒テゼレット、秋山が千葉勢の叡智を結集した青黒コントロールである。
 微細なプレイングが大きく左右するコントロール対決。名勝負を期待しよう。


Game 1

 先手は八十岡。秋山1マリガン。

 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》セットの八十岡に対し、秋山のファーストアクションは《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》。

 《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》《定業/Preordain(M11)》《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice(WWK)》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》《闇滑りの岸/Darkslick Shores(SOM)》、という手札が公開され、《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》が墓地へ。

 次のターンに八十岡が設置した《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice(WWK)》を、秋山は《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》(X=0)で即破壊。
 コントロール対決ではマナベースの差が手数の差となり、勝敗に直結してしまうのだ。

秋山 貴志

秋山 貴志

 悠々と《定業/Preordain(M11)》の連打で手札を整える八十岡に対し、秋山の手札には2枚の《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》に《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess(M11)》《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》と、少々重い。
 少し考えつつ《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を見せてみるが、これは《マナ漏出/Mana Leak(M11)》。

 4枚目の土地を置いた途端に、互いが《地盤の際/Tectonic Edge(WWK)》で《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》を割りあい、行動を制限しあう。

 《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice(WWK)》を設置した八十岡はカウンター用のマナを残したうえで《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》で殴り、秋山に毒カウンターを溜めはじめる。

 土地を並べられない秋山に対し、八十岡は《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》を出撃させるが、これは《マナ漏出/Mana Leak(M11)》。
 秋山はこの隙にと《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を通すが、次のターン、八十岡は2枚目の《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》を持っており、5/5となった《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice(WWK)》で《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を圧殺されてしまう。

 これで八十岡の手札は空になったが、トップから《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》。

 秋山は《破滅の刃/Doom Blade(M11)》で《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice(WWK)》を壊し、《マナ漏出/Mana Leak(M11)》するが追加のマナを払われてしまう。
 公開された手札は《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess(M11)》と《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》。戦場の土地は4枚。
 秋山の厳しい台所事情が明らかとなった。

 安全確認を済ませた八十岡は《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》を生物化したうえで《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》を起動。これで秋山は6毒。

 次なるターンも対応策を引けなかった秋山は、そのまま毒殺されてしまった。

八十岡 1-0 秋山


Game 2

 双方マリガンはなく、先手の秋山が1ターン目から積極的に《定業/Preordain(M11)》して《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》を得る。
 八十岡は悠々と《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》をセット。

 先手2ターン目、秋山は《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》を温存。
 《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》を置くだけでターンを返す。

 そこに八十岡の《強迫/Duress(M11)》。

 《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》《乱動への突入/Into the Roil(ZEN)》《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》
 という手札から、またも《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》が抜き取られる。

 土地がないことがバレてしまった秋山。3ターン目も土地は引き込めず、《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》2枚目を置くのみ。

 八十岡は2枚目の《強迫/Duress(M11)》で秋山から唯一見ていなかったドローである《否認/Negate(M11)》を奪い、行動を制限。

八十岡 翔太

八十岡 翔太

 秋山は仕方なく《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》をキャスト。
 土地、《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》2枚という手札から、《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を落とす。

 八十岡は《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を設置して自分だけドローを2倍に。
 秋山も土地を引いているのだが、能動的に動けるカードがない。

 先に5マナに達した八十岡は《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》をプレイするが、これは《マナ漏出/Mana Leak(M11)》。
 しかし、次のターンの《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》は通す。

 秋山は一時しのぎにこれを《乱動への突入/Into the Roil(ZEN)》。
 《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》のカウンターを3つに増やして《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を牽制する。

 八十岡が再びプレイした《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》は《マナ漏出/Mana Leak(M11)》。
 八十岡は秋山の《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》を抑え込むために、忠誠値が1になった《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》は起動せず。

 膠着した盤面で、秋山は《蔑み/Despise(NPH)》。
 八十岡の手札は《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》《マナ漏出/Mana Leak(M11)》《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》であり、《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》が墓地へ。

 八十岡、トップした《定業/Preordain(M11)》で土地を得ると、《マナ漏出/Mana Leak(M11)》のマナを残しつつ《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》ビートを開始。
 もはや必要なしと《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren(M11)》を使いきると、トップは更なる《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》。
 《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》を設置して、ターンを返す。

 秋山は構えたままエンド。

 八十岡、手札の《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》は温存しつつ、土地ビートを繰り返す。
 《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice(WWK)》でマナ加速した結果、カウンターマナを残しつつ2体の《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》で殴れる場に。
 14あった秋山のライフが、2ターンであっという間に消失していく。

 秋山、最後の抵抗である《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》も、もちろん《マナ漏出/Mana Leak(M11)》され、ゲームセット。

八十岡 2-0 秋山

前の記事: アーティスト・インタビュー: マーク・テディン&ニルス・ハム | 次の記事: Deck Tech: 4つの青黒コントロールを比較!
日本選手権11 一覧に戻る