マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 井川 良彦(東京) vs. 玉田 遼一(大阪)

準々決勝: 井川 良彦(東京) vs. 玉田 遼一(大阪)

By Naoki Shimizu


 井川 良彦。彼が初めてプロツアー予選を突破した時、彼は歓喜のあまりその場で涙を流したという。

 トーナメントマジックにかける情熱において、彼ほどの想いを持った男はなかなかいない。1つの大会に向けて綿密な準備を重ね、本番でそれを最大のパフォーマンスで発揮させる。
 「涙のプロツアー予選突破」から、井川はその勢いと情熱のままに、昨年のプロツアー・サンディエゴでトップ8進出を果たした。

 だが井川にとっては、その後不遇の時代が続いた。海外のプレイヤーにも認知されるようにもなった井川であったが、なかなか次の「プレミアイベントトップ8」がついてこない。
 それでもひたすら井川は、これまでと同じように真摯にマジックと向き合ってきた。仲間と練習を重ね、環境でもっとも強いビートダウンを作り上げてきた。

 そう、彼には心強い仲間がいた。日本でも有数のデッキビルダー・鬼才、高橋 純也(神奈川)と伊藤 敦(東京)だ。
 トップ8プロフィールにも書いてあるように、彼らは「No1」というただ一つの方向を向いて自分たちの「鋼」を鍛え上げてきた。
 井川の後ろには魂のこもった仲間たちがいる。

準々決勝1


Game 1

 ダイスロールの結果、先攻は玉田。
 玉田にとっては願ってもない先攻だ。

 なにしろ、玉田の《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》は超がつくほどの「コントロール・キラー」。
 メインからの《怒り狂う山峡/Raging Ravine》4枚、更に《召喚の罠/Summoning Trap》4枚という体制は、テストプレイの段階でも持ち込まれたコントロールデッキを次々に粉砕してきたという。

 しかしそのぶん、メインボードではビートダウンデッキにはかなりの苦戦を強いられる。
 だが井川が鋼を鍛えていた一方で、玉田は《原始のタイタン/Primeval Titan》が登場してからずっとこの巨人とともに歩んできたのだ。
 先手さえ取れてしまえば、充分に井川の機械生物たちを機能停止させてしまうことも可能なのだ。

 玉田は初手を見るなりこれを山札へ戻し、若干の笑いをこぼしながら次をキープ。
 一方の井川は初手を見るなりキープを宣言。対称的な幕開けとなった。

 玉田が《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》のみでターンを返すと、井川が早速その軍勢を戦場へ解き放った。
 《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》《メムナイト/Memnite》《メムナイト/Memnite》!

 「うわぁ」と思わず漏らす玉田。《森/Forest》を置くも、特にアクションは起こせずターンを返す。
 井川は2ターン目にして3点のダメージを刻みながら、更なる《大霊堂のスカージ》を追加。
 そして《耕作/Cultivate》などしている暇はないと言わんばかりに《鍛えられた鋼/Tempered Steel》!!


 どうやっても間に合わない玉田。ここで投了。
 井川、まずは手堅くメインボードの試合を先勝。

井川 1-0 玉田


「ダメっすわー。デッキ相性、3:97っすわー。」

 2年前、こう自嘲した日本チャンピオンがいた。中村 修平(大阪)である。
 デッキリストが事前に公開される日本選手権では、必ずと言っていいほど前日には綿密な練習が行われる。
 相手はどのようなサイドボーディングを行ってくるのか、それまで正確に予測した上でテストをする。

「デッキ相性、2:98ですね」
 井川は、あの「3:97」を超える、さらに酷いデッキ相性を評した。
 それもそのはずである。玉田の《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》は、サイドボードにこれでもかというほどの《鍛えられた鋼》対策が搭載されている。《自然の要求/Nature's Claim》が4枚に、《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》が3枚、更に《紅蓮地獄/Pyroclasm》が4枚という、まさしく「『鋼』許すまじ」という形なのである。

 何故このような形なのか。
 先述したように、玉田のヴァラクートはコントロール・キラー。代わりに、サイドボード後の試合でビートダウンを対策するという形だ。
 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》禁止後のスタンダードでは、ビートダウンといえばせいぜい「ゴブリン」か「鋼」しか想定されない。《紅蓮地獄》はそのどちらにも有効。15枚のサイドボードがあれば、サイドボードだけでこれらを倒してしまうことは充分に可能、という考えなのだ。

 果たしてこの超絶なサイドボードを乗り越える秘策が井川にはあるのか。


Game 2

 再びの先手、玉田。
 マナ加速はあるものの、特にサイドボードからの対策カードはない初手をキープ宣言。

 一方の井川はGame 1の勢いを失っていない。今度は先ほどよりもさらに強烈な、《信号の邪魔者/Signal Pest》《メムナイト》《メムナイト》のジェットストリーム・アタック!

 対策カードのない玉田にとってはあまりに悪い宣告だ。なんとしても、7枚入っている《紅蓮地獄》《忍び寄る腐食》にたどり着かなければ。
 それを求め、《探検》していく玉田であったが・・・探し求めていたものは山の中に眠ったままだった。

 井川、絶望と言われたサイドボード後のゲームを勝利。

井川 2-0 玉田


 日本選手権の決勝ラウンドでは、いわゆる「プロツアールール」が適用される。つまり、通常2本先取で試合が決まるところを、決勝ラウンドでは「3本先取」となるのだ。

 即ち、サイドボード後のゲームが通常より多くなる。
 もしこれがスイスラウンドであったら、井川は既に席を立っているところだった。
 しかし今日は違う。まだ2:98の相性を、もう一度覆さなければならない。

井川 良彦

井川 良彦


Game 3

 先ほどは対策カードがなかった玉田であったが、今回はしっかり初手に《紅蓮地獄》、さらに2枚の《探検》をキープする。

 井川はまったく土地のない初手をマリガン。更に、《氷河の城砦/Glacial Fortress》のみの初手をマリガン。後手で1ターン目の行動が何もできないような初手はお呼びではない。
 ダブルマリガン後、同様に《氷河の城砦》のみの初手を泣く泣くキープする。

 井川は《氷河の城砦/Glacial Fortress(M12)》タップインから、マナがなくても召喚できる《メムナイト》。その後《定業/Preordain》。《信号の邪魔者》を手に入れるが、手札に《鍛えられた鋼》があったため、これはキャストしない。《紅蓮地獄》で流されてしまっては勝てるゲームも勝てなくなってしまう。

 その間、悠々《探検》を繰り返す玉田。
 井川は満を持して《鍛えられた鋼》から《信号の邪魔者》へとつなぐ。
 しかしダブルマリガンのハンデはやはり大きい。玉田が《自然の要求》で《鍛えられた鋼》を錆付かせると、《紅蓮地獄》で戦場は焼け野原に。

 井川は《原始のタイタン》の姿を見るまでもなく、いつの間にか貯まっていた手札の3枚の土地を使って、戦場の土地5枚を片付けた。

井川 2-1 玉田


玉田 遼一

玉田 遼一

 玉田の休火山が、活火山へ姿を変えるのか。

 玉田は昨年の日本選手権で4位入賞を果たしたことは知られているが、この《怒り狂う山峡/Raging Ravine》4枚の通称「玉田印」ヴァラクートを駆って、昨年の世界選手権でも上位入賞を果たしているプレイヤー、ということはなかなか知られていない。

 その後もスタンダードの大会では常にこの「玉田印」を操ってきた。表舞台で活躍するところは見られなかったかもしれないが、玉田をよく知る友人からはその腕・デッキの強さはお墨付きだ。

 あと3ヶ月弱でその《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》もスタンダードから姿を消すが、その最後の晴れ舞台で玉田はその相棒と再びのトップ8、しかも初日全勝からのスイスラウンド1位突破という圧倒的パフォーマンスを見せ付けた。


Game 4

 井川、待望の先手。ダイスロールで負けた後2連勝をしていたため、ここまで井川は全て後手だったのだ。

 そして凄い初手が来た。
 土地が2枚に、《起源の呪文爆弾》《大霊堂のスカージ》に《きらめく鷹の偶像》、《オパールのモックス》、そして《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》だ。

 この《刃砦の英雄》こそが、井川にとっては「たった一つの道しるべ」だ。

 玉田のデッキには、このミラディン軍最後の英雄を対処する手段がない。ファイレクシア軍の切り札である《忍び寄る腐食》も、この英雄に対しては何の効果も示さない。
 その《刃砦の英雄》が、或いは3ターン目に降臨するかもしれないのだ。必要なのは土地1枚。

 井川、まず1枚目は《鍛えられた鋼》。最も欲しいカードではなかったが、これはこれで充分だ。
 そして2枚目のドロー《刃砦の英雄》。違う。お前じゃないんだ。だが《鍛えられた鋼》で《きらめく鷹の偶像》《大霊堂のスカージ》での強襲を行う。

 勿論このままでは終わらない玉田。《自然の要求》で《鍛えられた鋼》を退け、着々と土地を伸ばしていき、《原始のタイタン》への儀式を準備する。

 果たして、ここで《刃砦の英雄》が駆けつけるのか!?
 勢いを失った機械軍団を再起動させるべく、《起源の呪文爆弾》で解答を求めるものの、そこに井川が求めた土地はない。

 そしてそこに降り注ぐ《忍び寄る腐食》!!
 負けじと《信号の邪魔者》2体を再展開するが、これに対しても《紅蓮地獄》!!
 そして満を持して登場、《原始のタイタン》。

 井川の手の中で、《刃砦の英雄》が泣いた。

井川 2-2 玉田


 徐々に玉田の勢いが増してきた。玉田の火山が大噴火する時も近いのか。

 泣いても笑ってもこれが最後の5本目。果たして日本代表の座に一歩近づくのは井川か、玉田か。


Game 5

 井川の初手。土地が3枚に《定業》《刃砦の英雄》《大霊堂のスカージ》というもの。
 先ほどは土地が無く涙を呑んだが、今回はその心配も無さそうだ。
 一方玉田もマナ加速に加えて《忍び寄る腐食》のある初手をキープする。

 《大霊堂のスカージ》から《定業》へつなぐ井川。無事に4枚目の土地を手に入れて《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を配備する。勿論、《信号の邪魔者》は《紅蓮地獄》をケアしてキャストしない。

 そして、どこからともなくやってきた《鍛えられた鋼》!
 次のターンには《刃砦の英雄》を追加する。これで、《刃砦の英雄》はわずか2ターンで玉田に止めを刺すことができるようになった。

 そして井川には、《急送》がある。
 玉田も《ヴァラクート》十八番である4ターン目《原始のタイタン》を繰り出す。
 仮に《急送》されても、まだダメージは11点。ライフが2残る計算だ。

 ここで井川は《鍛えられた鋼》を引けるか。引ければ井川の勝利が確定するが・・・。

 ドロー、《オパールのモックス》。《定業》で《メムナイト》を確保して金属術を達成させると、《急送》で《原始のタイタン/Primeval Titan(M11)》を農場送りに。
 そして計算どおり、11点のダメージを叩き込む。そして《統一された意思》を構え、玉田の最後の抵抗を挫きにかかる。

 この状況で玉田が逆転するには如何にするか。
 玉田の配下には《山》が4枚、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》が2枚、《森》が2枚。

 井川の戦場にある4体のクリーチャー全てをさばききるには、《耕作》で《山》を2枚追加して《刃砦の英雄》と《大霊堂のスカージ》を狙撃した上で、《紅蓮地獄》を通す必要がある。

 玉田は、長考した上でその切り札を実行に移した。
 まずは《カルニの心臓の探検》を配備。そして《耕作》をキャスト。

「このターン、セットランドはまだですか?」

 尋ねる井川に玉田が答える。

「まだです。」

 これこそが、井川達の勝利への《統一された意思》。

井川 3-2 玉田

 井川の意気込みは、2:98の下馬評などものともしない。

井川 良彦 Wins!


 井川 良彦 Wins!! Advanced to Semi-Finals!!

前の記事: 日本レガシー選手権 決勝: 安田 真幸(大阪) vs. 新田 育也(神奈川) | 次の記事: 準々決勝: 八十岡 翔太(東京) vs. 藤本 知也(大阪)
日本選手権11 一覧に戻る