マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

日本レガシー選手権 準々決勝: 槙 亮(京都) vs. 成田 知聡(埼玉)

日本レガシー選手権 準々決勝: 槙 亮(京都) vs. 成田 知聡(埼玉)

By Atsushi Ito


 日本レガシー選手権2011。

 日本中からレガシープレイヤーが集まるこのイベントは、日本選手権の併催イベントという位置づけではあるものの、本戦に匹敵する200人以上の参加者を動員したということで、日本レガシー界の盛り上がりを感じさせる大会となった。

 そして、その200人強のプレイヤーの頂点に立った8名。そのデッキ分布は以下の通りだ。

2Hivemind
2Bant Mystic
1Zoo
1UGB Landstill
1Zenith Order
1New Horizon


 トップメタの1つであるマーフォークの不在。そして《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》が支配していると言われる日本のレガシー環境で、その脇をすり抜けての《集団意識/Hive Mind》デッキの台頭が主なトピックだろう。

 だが、そのようなマクロな事情はこれからトップ8を戦う当事者には関係のないことだ。

 目の前に誰が、どんなデッキが座ろうと、優勝するためには勝ち続けるしかない。

 デッキは槙がBant Mystic、成田がHivemindである。

レガシー選手権準々決勝1

成田 知聡(手前左)、槙 亮(手前右)


Game 1

 先手は成田。
 ダブルマリガンの槙を尻目に、《思案/Ponder》でコンボパーツを探しにいく。

 土地を置くだけの槙に対し、成田は容赦なく2ターン目のエンド前に《古えの墳墓/Ancient Tomb》からの《直観/Intuition》をプレイ。これを槙がスルーし、デッキ名でもある《集団意識/Hive Mind》が3枚サーチされ、そのうちの1枚が成田の手札へ収まる。

 返すターン、成田は1マナを立たせつつそのまま《実物提示教育/Show and Tell》をプレイ。手札に《集団意識/Hive Mind》があるのが確定している以上これを通せない槙は《精神的つまづき/Mental Misstep》をリムーブしての《Force of Will》で弾こうとするが、成田はこれをしっかり《否定の契約/Pact of Negation》で退ける。

 結局そのまま《集団意識/Hive Mind》が着地し、槙は3ターン目にして早くも《タイタンの契約/Pact of the Titan》《召喚士の契約/Summoner's Pact》と強制契約させられてしまった。

槙 0-1 成田


 ここで成田は全くサイドボードからの入れ替えをしない。《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》すら不要で、純粋にコンボに特化した方が強いと考えたようだ。


Game 2

 槙の先手。今度はお互い7枚で始まる。

 槙は《貴族の教主/Noble Hierarch》からスタートする。
 対して成田は《古えの墳墓/Ancient Tomb》から《厳かなモノリス/Grim Monolith》というロケットスタート。

 ここで槙のサイドカードが光る。セットランドこそできないものの、2ターン目にキャストされたのは《翻弄する魔道士/Meddling Mage》。これが通り、ゆっくり時間をかけて選んだ指定は、1ゲーム目を決定づけた《実物提示教育/Show and Tell》。成田のデッキコンセプトの片翼をもぐ。

 一方成田は淡々と土地を置き、機を待つ。
 だが槙はそのような時間を与えない。続くターンにプレイされたのは2枚目の《翻弄する魔道士/Meddling Mage》!!

 これを通すと6マナ払って《集団意識/Hive Mind》素プレイのプランを封じられてしまう成田は、さすがに《Force of Will》を打たざるをえない。だが代替コストのために虎の子の《直観/Intuition》を切らされてしまう。

 それでも返すターンに成田は《目くらまし/Daze》の1マナを立たせつつ《集団意識/Hive Mind》をプレイ、そしてこれが通る・・・が、コンボの相方である契約はない。

 《貴族の教主/Noble Hierarch》の賛美を受けた槙の《翻弄する魔道士/Meddling Mage》が静かにクロックを刻む。

 そしてその時はきた。ようやく3マナ目にたどり着いた槙がプレイしたのは、刹那を持つ《クローサの掌握/Krosan Grip》!!

槙 亮

槙 亮

 自分からはプレイできないものの、通常の呪文なら何を打たれても「勝ち確」だったはずの《否定の契約/Pact of Negation》を抱えていた成田は予想外の呪文に頭を抱える。

 さらに槙は成田のドロー後、ダメ押しとばかりに墓地の《集団意識/Hive Mind》に《外科的摘出/Surgical Extraction》!!

 せめてこの契約が違う色だったなら・・・などと悔やんでも仕方がない。成田はやむなくこれに《否定の契約/Pact of Negation》をプレイするが、そのまま《翻弄する魔道士/Meddling Mage》に撲殺されてしまった。

槙 1-1 成田


Game 3

 お互い7枚で始まったゲームだが、フェッチランド2枚を置いて力を溜める成田に対し、槙は対コンボデッキ用の手札をキープした代償か、2枚目の土地が置けずに《剣を鍬に/Swords to Plowshares》をディスカードする立ち上がり。

 次のターンにようやく槙が土地を引き込んだ返しで、成田はフェッチ1枚を起動してから《古えの墳墓/Ancient Tomb》をセットし、1マナ余らせての《実物提示教育/Show and Tell》で仕掛ける。

 これを槙は《精神的つまづき/Mental Misstep》をリムーブしつつの《Force of Will》。とりあえず事なきをえる。

 返すターンに槙は2点を払って《実物提示教育/Show and Tell》に《外科的摘出/Surgical Extraction》・・・を今度は成田が《精神的つまづき/Mental Misstep》、これも解決。お互いの手札にあと何枚カウンターがあるのか、成田にコンボパーツは既に揃っているのか・・・息詰まる攻防戦だ。

成田 知聡

成田 知聡

 ここで槙は意を決してフェッチ2枚を起動し、フルタップで《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をプレイ。成田に明確なクロックを突きつける。

 成田はひとまず《渦まく知識/Brainstorm》をプレイ、不要な《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》と《裏切り者の都/City of Traitors》をライブラリトップに積む。場にはフェッチランドが残っているため、シャッフルして新鮮なドローを求めるプランだ。

 と、ここでターンが返ってきた槙は《不毛の大地/Wasteland》をセット。そして熟考の後、成田のアンタップ状態のフェッチランドに起動する妙手。いずれにせよドロー前に起動するつもりだった成田は当然スタックで起動する。槙はサイズを上げた《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》でアタックしてエンド。

 《古えの墳墓/Ancient Tomb》が割られなかったことでマナが残った成田は、満を持して《集団意識/Hive Mind》をプレイ。槙は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》をリムーブしつつの《Force of Will》をプレイするが、ここで成田も《Force of Will》!!

 ついに《集団意識/Hive Mind》が着地してしまう。

 そのまま《タイタンの契約/Pact of the Titan》、そして優先権を放棄することなしに《召喚士の契約/Summoner's Pact》と成田に畳みかけられ、最後の手札である《クローサの掌握/Krosan Grip》を抱えたまま、槙はマットに沈んだ。

槙 1-2 成田

前の記事: 併催イベントレポート・1~2日目 | 次の記事: 日本レガシー選手権 準々決勝: 泉 優(京都) vs. 礒田 裕介(埼玉)
日本選手権11 一覧に戻る