マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

2011日本代表チーム紹介

2011日本代表チーム紹介

by Takamasa Sato


 2011年11月17日~20日に、サンフランシスコで行われる世界選手権の日本代表が決定した。


石田 龍一郎(愛知)

石田 龍一郎

石田 龍一郎

 スイスラウンドはもちろん、トップ8でも破竹の勢いを見せて優勝まで駆け抜けた石田。
 その二つ名は、周囲の友人たち曰く「右腕の帝王」。

 普段はプロツアー・名古屋の前日予選を抜けたナカムラ ジュンヤやシライシ"ハルヒ"リョウと共に、友人の家で調整している。
 石田の属するコミュニティは毎週独自に調整を続けており、今回石田の使ったデッキもブロック構築やMOのデッキの派生ではなく、オカダ ヨシカズが5カ月前から使っていた《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》デッキの最新バージョンなのだという。

 マジック歴は比較的短く、オデッセイや第7版の頃に少しだけカードを集めていたが、本格的に始めたのはアラーラ・ブロック。
 《長毛のソクター/Woolly Thoctar(ALA)》のコストとサイズに一目ぼれして、ナヤばかりをドラフトしていたらしい。

「好きなデッキはビートダウン! 緑がとにかく好きで、基本セット2012ドラフトでも隙あれば緑をやります!」

 まさに、「大きいことはいいことだ」という初期衝動にしたがい、それを体現するプレイヤー。
 世界選手権でもその「右腕」で日本代表に幸運をもたらしてくれることを期待しよう。


藤本 知也
藤本 知也

藤本 知也(大阪)

 昨年の日本王者・森 勝洋曰く「大阪のマスコット」。

 日本選手権を前日予選から勝ち上がり、石田との熱い決勝は惜しくも敗れて準優勝となったものの、見事代表チーム入りを果たした。
 これだけ聞くと急に勝ち上がってきたプレイヤーのように見えるが、昨年の日本選手権でもあと一勝でトップ8(17位)という位置につけていたことを考えると、実力も確かなものを持っている。

 マジック歴も長く、ウルザズ・レガシーのころから親しんでいるとのこと。
 好きなデッキはビートダウン。緑系のデッキを良く使うそうで、好きなデッキも「緑単トリニティ」。

 今回のデッキをシェアしてくれた藤田 剛史、阿南 剛など大阪のプレイヤーとの交流が深く、普段は中野 圭貴らとともになんばのアメニティ・ドリームや友人の家でドラフトや構築デッキの調整にいそしんでいる。

 彼の周囲の友人たちは「藤本は勝っても負けても気持ち良くプレイするフェアなプレイヤーであり、場を和ませてくれる人」と語る。
 世界選手権という大舞台でも、日本代表のムードメイカーとして団体戦を牽引してくれることだろう。


三原 槙仁
三原 槙仁
三原 槙仁(千葉)

 井川 良彦(東京)との三位決定戦を制し、日本代表第三の男となったのは「魔王」三原 槙仁。
 実に日本選手権トップ8入賞5回、2006年度世界王者、グランプリ、プロツアー入賞多数という日本を代表するトップ・プレイヤーである。

 準決勝こそ石田の若い力に押し切られてしまったが、そのデッキ構築能力、プレイング、ここ一番の力強さは当然日本最強クラス。
 プロプレイヤーとしてのキャリアを始めた2003年から毎年何かしらのプレミア・イベントで入賞しているあたり、本当の実力者と言えるだろう。

 今回使用した《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle(ZEN)》はゼンディカー発売当初から使用しており、エクステンデッドで行われたグランプリ・神戸では独自のチューンを施した64枚デッキで見事準優勝を飾っている。

 コンボ系デッキ使いの印象が強いが、コントロール、ビートダウンなどデッキタイプを問わずに使いこなすマルチプレイヤーであり、プレミア・イベントの経験の浅い石田、藤本両者をその剛腕でがっちりとサポートしてくれることだろう。


 以上、二人の新星を巨星が支えるバランスの良い日本代表チームが完成した。
 今年の世界選手権は何かが起こる。大いに期待して11月を待とう。

前の記事: 決勝: 石田 龍一郎(愛知) vs. 藤本 知也(大阪) | 次の記事: 併催イベントレポート・3日目
日本選手権11 一覧に戻る