マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:服部 健(愛知) vs. 原根 健太(東京)

【観戦記事】 準決勝:服部 健(愛知) vs. 原根 健太(東京)

By 矢吹 哲也

 準決勝を前に、日本代表チームの2枠目が決まった。

 もうひとつの準決勝で日本代表キャプテン渡辺 雄也とその盟友たる八十岡 翔太が当たり、渡辺は勝利を譲ったのだ。これにて渡辺に加えて八十岡という強力なプレイヤーが日本代表の一員となり、世界的に見てもドリーム・チームと言って間違いないチームが結成された。

 だがまだ最後のピースが埋まっていない。

 もうひとつの準決勝卓には、昨シーズンの活躍で自身初のゴールド・レベル達成を果たした原根 健太と、今回が自身初のトップ8入賞の服部 健の姿があった。

sf_hattori_harane.jpg
服部(写真左) vs. 原根(写真右)。日本代表最後のひとりを決定する戦いに注目が集まる。

 この試合で得られるものは、さらなる賞金とプロ・ポイント、そして「日本選手権王者」のタイトルを懸けた最後の戦いへの切符。そして、渡辺、八十岡という日本が誇るトップ・プレイヤーたちと肩を並べて日本の代表選手として世界を相手に戦う権利だ。

 両者は、じっとその時を待つ。

 日本代表最後のひと枠をかけた戦いが始まる。


服部 健(マルドゥ機体) vs.原根 健太 (4色エネルギー)

 服部は「先手いただきます」と声をかけ、初手を確認。しばらく悩んだのちにキープを宣言する。

 しかしその1ターン目に服部からの展開はなかった。彼は2ターン目に《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》を繰り出すと、原根は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》でスタート。服部は《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》を繰り出す。

 原根は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》で攻撃を始め、《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を盤面に追加した。服部は《ピア・ナラー/Pia Nalaar(KLD)》を展開して《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》の「搭乗」要員を用意すると、反撃に出る。

 しかし原根はここで《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を繰り出すと早速「督励」し、《ピア・ナラー/Pia Nalaar(KLD)》を退場させつつ服部のライフを残り10点に。服部は《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を盤面に追加して原根の手札から《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》を抜くと、《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》と飛行機械・トークンで反撃し、原根とのライフ・レースに食らいつく。

 原根の再びの攻撃に《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》をチャンプ・ブロックに差し出した服部だが、残りライフはこれで8点。原根は2枚目の《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を除去すると、2体目の《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を加えてターンを返す。

 服部は《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》を展開し、守りに入った。原根は《栄光をもたらすもの》の「督励」を含め全軍で攻撃し、服部はブロックと《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》の能力でダメージを最小限に留めた。それでも《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》2体の攻撃が通り、服部のライフは残り4点と追い詰められる。

 この戦闘で服部の盤面も一掃できた原根は、《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》でアドバンテージ差もつけた。最後のドローを確認した服部は「負けですね」とカードを片付けるのだった。

sf_harane.jpg
渡辺 雄也と世界を目指す」ために。そして「イメージがつかない」ほどの先へ。原根は花開いた才能を発揮する。

 再び服部の先手で始まる第2ゲーム、しかし彼はここでマリガンを喫することになった。原根はキープを宣言すると、対戦相手の準備が整うのを待つ。服部は6枚の手札を眺めると、ひと息吐いてキープを選択した。

 服部の2ターン目《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》がこのゲームの始まりの合図となった、原根はそれを《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で除去し、服部は2枚目の《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を展開する。

 原根は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を繰り出し、服部の攻撃を相討ちに取った。しかし服部は《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を墓地から戻し、再度攻撃。これが通り、ファースト・ダメージを与えることに成功する。彼は続けて《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》を追加し、ターンを渡した。

 原根は《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を繰り出したが、そこには《無許可の分解/Unlicensed Disintegration(KLD)》が差し向けられた。返しの反撃も受け、これで原根のライフは残り10点と落ち込んだ。

 それでも原根は《光輝の炎/Radiant Flames(BFZ)》で服部の盤面を一掃し、再び墓地から戻ってきた《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》にも《削剥/Abrade(HOU)》を撃ち込んだ。これで両者の盤面には土地以外のものがなくなる。

 服部は《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)を戦場に置いてターン・エンド。原根のドロー・ゴーで迎えた次のターンに3枚目の《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を唱え、原根は2枚目の《削剥/Abrade(HOU)》を《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》へ差し向ける。

 しかし服部は、その直後に《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》を着地させた。ターンを迎えた原根は《捲土+重来/Struggle+Survive(HOU)》で《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を墓地へ落としつつ、互いの墓地をライブラリーへ戻す。

 服部は《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》を引き込んだが、「搭乗」するクリーチャーがいない。しかしこれらの機体が動き出せば、原根は瞬く間に追い詰められることになるだろう。原根は《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》を呼び出し、さらに[+1]でマナを生み出すと《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》も展開。攻勢に出た。

 しかし服部はここで《ピア・ナラー/Pia Nalaar(KLD)》を引き込み、《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》で原根のライフを一気に危険域へ落とした。原根は《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》の「督励」で《ピア・ナラー/Pia Nalaar(KLD)》を除去し、これ以上「搭乗」要員を引かれないことを願う。ライブラリー・トップを手札に加えた服部は盤面を吟味し......《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》!

 だが原根はパワーが上がる前に《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》を放ち、機体への搭乗を防いだ。服部は飛行機械で反撃し、《イフニルの死界/Ifnir Deadlands(HOU)》で原根の《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を退場させる。それでも原根は2枚目の《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を引き込み、《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》の[+1]経由で《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》も盤面に追加した。次の原根の攻撃は、十分に致死量に届く。

 「ラストターン」と呟いた服部はライブラリーの一番上を引き込んだ――そこには《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》の姿が!

最高の搭乗者が駆けつける。

 ギデオンに呼び出された同盟者・トークンと飛行機械・トークンが《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》に「搭乗」し、ギデオン自身は《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》へ乗り込むと、今度は原根が「負けました」とカードを片付けることになった。、

sf_hattori.jpg
なってみたい」と願う日本代表と「雲の上」の日本選手権王者を目指して。服部は歩みを進める。

 最終ゲーム、原根は1ターン目《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》でエネルギーと土地を得ると、服部は今度こそとばかりに1ターン目から《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》を繰り出した。

 原根は2ターン目も《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》を唱え、エネルギーを蓄積していく。一方の服部はここにきて2ターン目《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》のベスト・ムーブを決め、続けて《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》も盤面へ追加した。

 原根は《削剥/Abrade(HOU)》で《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》を対処し、《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》を着地させた。固い防御を前にした服部だが、《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester(AER)》を盤面に加えて3/2クリーチャー2体での攻撃を続ける。

 原根は飛行機械・トークンを2体生成したのちに、《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》本体で《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》を相討ちに取った。そして迎えたターンに《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を盤面へ送り出すと、「督励」で《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を焼き払い一挙7点のダメージを与える。

 服部は《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester(AER)》へ「搭乗」させ、原根にダメージを与えつつ自身のライフを回復した。この時点で両者の残りライフは服部が15点で原根が8点。残りライフでは服部が優位だが、しかし原根は2体目の《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》と《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》を展開し、盤面を圧倒する。

 服部は再び《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester(AER)》に絆魂をつけて攻撃。原根は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を一気に2体盤面に加え、ターンを終了した。

 実はこのとき、服部の手札には《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》があった。原根が中途半端な反撃に出れば、形勢は変わっていたかもしれない。

 攻撃を通すのが極めて難しい状態の服部は、《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins(HOU)》で原根のライフを直接狙っていく。その上で《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》を繰り出した服部は、その砲撃で《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》を墓地へ送った。

 原根はターンを迎えると、満を持して全軍で攻撃した。《栄光をもたらすもの》の「督励」で服部が持つ唯一の「搭乗」要員である《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger(KLD)》を狙うと、服部はそれが墓地へ落ちる前に《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester(AER)》へ「搭乗」させた。

 《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》をブロックして仕留めた服部だが、これで一気に13点ものダメージが入り、そして原根はさらなる《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》と《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を繰り出して防御に回し、ターンを終えた。

 服部は、再び「ラストターン」を迎えた。

 しかしこの状況を打破するすべは引き込めず、彼は手札をテーブルに置くと力強く右手を伸ばし、原根の日本代表入りを祝福したのだった。

服部 1-2 原根

 決着直後、側で見ていた渡辺と八十岡とともに、原根は日本代表3人で並んで速報用の写真を撮った。

team04.jpg

 このチームを見て、日本代表の勝利を疑う者はないだろう。

 早くも「歴代最強」と話題になっている日本代表チームの最後のひとりは、新世代の最注目プレイヤー、原根 健太だ!

原根 健太が服部 健を2勝1敗で下し、日本代表チーム入り決定! 日本選手権2017決勝へ!

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:玉田 遼一(大阪) vs. 服部 健(愛知) | 次の記事: 【観戦記事】 決勝:原根 健太(東京) vs. 八十岡 翔太(東京)
日本選手権2017 一覧に戻る