マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 決勝:原根 健太(東京) vs. 八十岡 翔太(東京)

【観戦記事】 決勝:原根 健太(東京) vs. 八十岡 翔太(東京)

By Masashi Koyama

 日本選手権2017では、ついにワールド・マジック・カップ2017の代表が確定した。

top8_watanabe.jpg
日本代表キャプテンの渡辺雄也

top8_yasooka.jpg
その渡辺と最後までキャプテンの座を争った八十岡翔太


top8_harane.jpg

 そして、今年念願のゴールドレベル・プロまで昇りつめた原根健太。

 古くからの戦友である八十岡と、期待のホープである原根。日本代表キャプテンとなる渡辺が「最高のチームです」と力強く断言するのも頷ける陣容だ。

 準決勝を終え、日本代表メンバーが確定した3人はともに戦う仲間としての写真撮影に臨んだ。

 世界有数のマジック強豪国とうたわれながら、日本が未だ手にしていないワールド・マジック・カップの優勝トロフィー。彼らならそれをきっと掲げるだろうと希望が膨らむ飛び切りの笑顔で。

......が、それが終わると原根と八十岡はすぐに対戦席へと着席し、日本選手権2017最後の試合、決勝戦への準備へ入った。

 日本選手権はワールド・マジック・カップ代表選考会でもあるが、何よりも「日本一」を決める戦いなのだ。

 だから未来のチームメイトであっても、今この瞬間は全力を持って雌雄を決さなければいけない。

fn_harane_yasooka.jpg

 日本王者という、唯一無二の称号を手に入れるために。


ゲーム1

 ともに1ターン目《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》からマナベースを整えつつエネルギーを貯める順調な立ち上がり。

 八十岡の《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》を原根は《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で処理。《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》が相討ち、八十岡が《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》、原根は《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》から《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》でやはりこれを除去と、がっぷり四つの展開。

 ここで土地が4枚で止まってしまった八十岡だが、《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》を追加する。一方の原根も《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》でこれを処理するのみで、お互いにすぐさま主導権は握れない状況だ。

 八十岡は3枚目の《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》。これに対しついに除去が尽きた原根は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を召喚するのみでターンを返す。

 5枚目の土地を引き込んだ八十岡は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》。《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を送り込む。

 一方、盤面に《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》のみの原根は《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》で八十岡の《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を焼きながら《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》を展開する。

 八十岡は《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》でエネルギーを増やしつつ、《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》から《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》を原根の《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》へ。《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》をプレイした段階で両者のエネルギーはともに11個だ。

 この悩ましい《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》に、原根はエネルギー2個を消費し《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》を3/3にすることを選択する。

 そして八十岡は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》と《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》で攻撃。《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》は見た目上8/8まで成長することが可能だ。そして、八十岡は10個のエネルギー・カウンターを消費し、原根のライフを11まで減らすとともに大きな脅威を作ってみせる。

 原根は《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》を引き込み、《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》は除去するものの、八十岡は反逆許すまじとこのプレインズウォーカーを返す攻撃で落とし、《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》。

 これが《削剥/Abrade(HOU)》と合わせ技で《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を落とすと、原根は「収斂4の」《放浪する森林/Woodland Wanderer(BFZ)》こそ召喚するが、《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》を止めるには至らず、八十岡が《伐採地の滝/Lumbering Falls(BFZ)》を置くのを見ると、原根は苦笑いを漏らしドローを確認してすぐさま土地を片付けた。

原根 0-1 八十岡


fn_yasooka.jpg

 プロツアー王者というマジックプレイヤーにとって最高のタイトルを持ち、殿堂プレイヤーである八十岡翔太。

 意外にもかつての日本選手権では国別代表の座を射止めることはできておらず、昨年のワールド・マジック・カップ2016にキャプテンとして出場したのが初めての日本代表入りだった。

 そして2016-17年のシーズンを終えた八十岡は年間で68点ものプロ・ポイントを得ながら、同じポイントを得た渡辺にタイブレークで日本代表キャプテンの座を譲った。

 だが、八十岡はこの日本選手権を圧倒的なパフォーマンスで勝ち上がり、準決勝での渡辺の投了を受け2年連続で日本代表入りを果たした。

 個人戦プロツアー戴冠、殿堂顕彰を果たした彼にとって、イベントで果たすべきことはあとひとつ残っている。

 まだ獲得していない「日本王者」というタイトルを手に入れることだ。


ゲーム2

 先ほどのゲームと同じく《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》合戦から始まったゲーム2。

 八十岡が《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》でマナブーストし、原根が《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》で手札を整える立ち上がり。

 3ターン目、4マナのアクションが手放しに許されるチャンスを得た八十岡は、《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》から手掛かり・トークンを生み出すことを選択。これを放っておけない原根は《削剥/Abrade(HOU)》でこれを除去しながら《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》で八十岡にダメージを与えていく。

 八十岡も《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を召喚したところで、原根は同クリーチャーで攻撃。八十岡は相討ちを嫌いスルー。さらに原根は《放浪する森林/Woodland Wanderer(BFZ)》を続け、八十岡をサイズで攻め立てる。

 八十岡は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》2体目を召喚し、クリーチャーを立ててターン終了。原根の《放浪する森林/Woodland Wanderer(BFZ)》を《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》と《削剥/Abrade(HOU)》の合わせ技で、《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》でそれぞれ捌くが、原根は《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》と脅威を切らさない。一方、八十岡は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》と続ける。

 原根は順調に土地を置きつつ《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》と《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》を追加。エネルギーは10個まで膨れ上がっている。

 八十岡は手掛かり・トークンでカードを引き、《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を除去。原根はエネルギーを9個消費し、トークンを3つ生成し攻撃。これで八十岡のライフは7。

 ライフを詰めたい八十岡は《削剥/Abrade(HOU)》で《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》を焼きつつ《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole(OGW)》をクリーチャー化し、攻撃。だが、《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》が《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で除去され、原根のライフは12と遠い。

 原根が《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を追加しプレッシャーをかける一方、八十岡の戦場には《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》が残るのみ。

 《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》まで展開した原根を見て、今度は八十岡が速やかに土地を片付けたのだった。

原根 1-1 八十岡


fn_harane.jpg

 昨年のワールド・マジック・カップ予選決勝。原根は日本代表の座にあと一歩のところまで迫りながら、涙をのんだ。

 だが、彼はそれに挫折することなく、1年間精力的に、時にはボロボロになりながらグランプリ行脚を続け、プロツアー参加権利を獲得し、そして目標であったゴールド・レベルまでたどり着いた。

 そして6年ぶりに復活したことで初出場となるこの日本選手権2017では、昨年に逃した日本代表の座を手にしている。

 全てを手に入れたかのような、充実した1年間を送った彼に残された大きな目標。

 タイトル獲得。

 昨年のグランプリ・京都2016。原根はともに切磋琢磨し合い、目標を共有できる松本郁弥、平見友徳とチームを組んだ。

 そして得たプロツアーへの道。大きな喜びを分かちあった。

 その素晴らしいチームメイトが手にしたことのある個人戦優勝という経験。

 今度は原根が初タイトルを掴むことができるか。


ゲーム3

 八十岡がマリガンから、彼にしては珍しく悩みながら、2ターン目に《霊気との調和/Attune with Aether(KLD)》からスタート。続くターンには《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》を続ける。

 原根は2ターン目に《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》から《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》。これはトークンを1体生成後、《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》と交換になり、八十岡は《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》から《マグマのしぶき/Magma Spray(AKH)》で《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を葬り主導権を握りに行く。

 原根は《捲土/Struggle(HOU)》で《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を、《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で八十岡の後続《牙長獣の仔/Longtusk Cub(KLD)》をそれぞれ除去すると、土地が3枚で1ターン止まってしまうものの、すぐさま引き込み《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を展開する。

 一方、順調すぎるほどに土地を伸ばしている八十岡は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》から、原根の《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を《慮外な押収/Confiscation Coup(KLD)》!

ミラーマッチではキーとなる1枚

 土地が4枚から伸びない原根は仕方なくこれを《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で落とすが、八十岡は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を追加し盤面にクリーチャーを並べていく。

 が、5枚目の土地を引き込んだ原根は《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》から《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》。ライフは原根14、八十岡15。

 八十岡は原根のターン終了時に《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》を《マグマのしぶき/Magma Spray(AKH)》で落とし、さらに返す自身のターンに《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》も除去しながら、《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole(OGW)》をクリーチャー化し、総攻撃。《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》で生み出したトークン2体が《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》と相討ちになり、これで原根のライフは8。

 原根は決定打になりうる《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》を送り出すが、八十岡はまたしてもこれを《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》で落とし、総攻撃で原根のライフは6まで落ち込む。

 だが、八十岡は再度繰り出された《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》に対し、回答が無い。

 八十岡は《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》で手掛かり・トークンを生み出し活路を探すが、やはりそこに《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》への回答はなく、先ほどの意趣返しとばかりに《慮外な押収/Confiscation Coup(KLD)》で《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を奪われてしまう。

 原根は冷静に《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》で自身と八十岡の《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》を釣り上げ防御網を構築しながら、攻勢に転じる。

 ライフ差は急激に詰まり始め、八十岡7、原根6。八十岡は《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra(KLD)》を送り出すが、原根のブロッカーに阻まれダメージを通すことができない。

 そして、蘇った《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso(KLD)》がトークンを生み出し続け盤面を覆い尽くすと、致死量のトークンによる攻撃を見た八十岡は、やはり素早い動作で祝福の握手を差し出した。

原根 2-1 八十岡

fn_handshake.jpg

 グランプリ・京都2015で頭角を現し、たゆまぬ努力を続け世界のトップシーンまで昇りつめたライジングスターが、初めての日本選手権で「日本王者」の座を、あの八十岡を破って手に入れた。

 初めての、念願の個人戦タイトルを獲得した原根は高々と、そして堂々と優勝楯を掲げた。新たな王者がその名を歴史に刻んだ瞬間だ。

jpnats17_champion_harane.jpg

 そして日本選手権2017は全日程を終え大団円......というわけではない。

 これから原根、八十岡は12月に行われるワールド・マジック・カップ2017へ向けて、渡辺雄也とチームメイトとして戦いへ身を投じていくことになる。

 世界一のチームを決める戦い。他国のチームはどうなるのか、『イクサラン』後の環境はどうなるのか......現段階でその行方を占うにはあまりに情報が少なく、またこれまでの日本代表が思うような結果を残せなかったことからも不安は尽きない。

 それでも、きっと彼らならやってくれると信じよう。

 だって彼らは「最高のチーム」なのだから。

team04.jpg

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:服部 健(愛知) vs. 原根 健太(東京) | 次の記事: 【トピック】 日本代表チームインタビュー:渡辺雄也・原根健太・八十岡翔太
日本選手権2017 一覧に戻る