マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 日本選手権2017 本戦を写真で振り返る

【トピック】 日本選手権2017 本戦を写真で振り返る

by Seo Asako

 6年ぶりの日本選手権がこれにて終了となりました。最後に本戦の様子を写真でざっと振り返ります。

hurikaeri01.jpg

 大会開始前、参加者の皆さんに書類を記入していただいているところです。

hurikaeri02.jpg

 中学1年生の船曳選手(左端)が最初のフィーチャーマッチで勝ち、放送席に呼ばれました。マジックの未来は明るいですね!

hurikaeri03.jpg

 配信テーブルには、督励したクリーチャーをわかりやすくするため上に乗せる枠が準備されています。

hurikaeri04.jpg

 1日目はまずスタンダード4回戦を行ない、次はドラフト3回戦です。プレイヤーが脇にどき、全テーブルにドラフト用パックの準備を整えていきます。

hurikaeri05.jpg

 ドラフトのピックが進行している間、会場中がしんと静まり返っています。カードのこすれるかすかな音と、進行がずれた卓で個別に秒読みをしているジャッジの声が遠くから聞こえてくるだけです。

hurikaeri06.jpg

 2日目がスタートし、ドラフトが始まる前の説明をしているところです。
 向かいのホールでファイナンシャルプランナーの資格試験が行なわれていたのですが、大勢が席に座って緊張の面持ちで開始の合図を待っている様子は、こちらのホールとずいぶん似ていました。

hurikaeri07.jpg

 ドラフト中に視点を低くしているジャッジは、不審な行動をとるプレイヤーがいないかチェックしています。

hurikaeri08.jpg

 サイドイベントとして、スタンダードとモダンとレガシー、3つの大会が行なわれていました。こちらはモダン・フォーマットの「MMM Finalsトライアル」です。

hurikaeri09.jpg

 2日目はドラフト3回戦ののちスタンダードを2回戦を行なってトップ8を決定します。スタンダードの上位卓で見かけたゾンビまみれの盤面。

hurikaeri10.jpg

 第11回戦、八十岡選手の熱戦を見るために大勢の観客が鈴なりになっています。

hurikaeri11.jpg

 トップ8のプレイヤーに配られたプレイマット。日本国内に8枚しかありません。

hurikaeri12.jpg

 準決勝を戦っている原根選手の後ろで、すでに日本代表入りを決めている渡辺選手と八十岡選手が見守っています。

hurikaeri13.jpg

 優勝の原根選手と準優勝の八十岡選手。おめでとうございます! ワールド・マジック・カップでもがんばってください!


 6年ぶりの日本選手権は、日本最高の座を争うというテーマにふさわしいハイレベルな戦いが繰り広げられました。

 月末には再びこの静岡の地でグランプリ・静岡2017秋が開催されます。それでは、またお会いしましょう!

前の記事: 【トピック】 日本代表チームインタビュー:渡辺雄也・原根健太・八十岡翔太 | 次の記事: 【トピック】 Facebookアルバム 日本選手権2017 2日目
日本選手権2017 一覧に戻る