マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 カラデシュ特務大使 現地取材レポート:あさこの!「世界選手権2016」&「発明博覧会」食べ歩き!~シアトル編~

【トピック】 カラデシュ特務大使 現地取材レポート:あさこの!「世界選手権2016」&「発明博覧会」食べ歩き!~シアトル編~

by Asako Seo

 この記事はおまけ編として、シアトルで食べたおいしいご飯の数々についてまとめます。金子さんのプロツアー食べ歩き記事に対抗しちゃうぞ!

food01.jpg

 有名なチーズ店「Beecher's」の試食。マーケットにいろいろな試食があるので、回っているとそこそこおなかがふくれます。

food02.jpg

 そのチーズをたっぷり使ったサンドイッチ。オーガニックアップルジュースと合わせて10ドルくらいでした。

food03.jpg

 中はこんな感じ。マスタードと生バジルの風味がきいていて、こってりチーズにカリカリのトーストです。

food04.jpg

 スターバックス1号店で買ったコーヒーです。

food05.jpg

 ホテルにあるコーヒーメーカーも、地元のパイクプレイスローストでした。近所のコンビニで買った2ドルのマカデミアクッキーと一緒に朝ごはん。

food06.jpg

 PAXのメイン会場「Washington State Convention Center」の外にあるクレープ屋さん。イケメン店員さんが1枚ずつ焼いてくれます。「おいしいものは時間がかかるものだけど待っててね」というカタツムリの絵が描いてあります。

food07.jpg

 スモークサーモンとほうれんそうのクレープを買いました。右下が欠けているのは、撮る前にかぶりついてしまったためです。9ドルくらいとややお高めですが、とてもおいしかったです。

food08.jpg

 ウィザーズ社のオフィスツアーでいただいたランチです。野生的な肉の串刺しが美味でした。

food09.jpg

 台湾・韓国・オーストラリア・マレーシアの特務大使の方たちと一緒に「Sullivan's Steakhouse」というステーキハウスでディナーを食べました。写真はデザートのチーズケーキ。しつこくなくて食べやすかったです。

food10.jpg

 世界選手権会場で、特務大使たちのために供された朝ごはんです。

food11.jpg

 特務大使用の昼ごはんは、自分で好きな具を入れて作るハンバーガーでした。お肉が分厚くてめっちゃうまい!

food12.jpg

 会場からほど近い和風鉄板焼きの店「Hamanasu」を、ウィザーズの方にお勧めされたので行ってみました。

food13.jpg

 包丁やへらなどをリズミカルに鳴らしながら、芸術的に調理するパフォーマンスが売りです。「式包丁」(食材に手を触れずにめでたい形に調理する日本料理の儀式)っぽさも感じました。

food14.jpg

 塔のように積み上げたたまねぎから炎が噴出!! これをズッキーニと組み合わせ、船に見立てます。港町シアトルらしい演出です。

food15.jpg

 焼きあがったホタテ・イカ・エビ。これにチャーハン、スープ、サラダ、お茶など一式がついたコースで40ドルくらいとなかなかお手頃でした。

food16.jpg

 ゲームと食事が楽しめるお店「Mox Boarding House」に行ったときに食べたソーセージのプレート。(取材記事はこちら

food17.jpg

 海沿いにある「The Crab Pot」というお店。3種類のカニをはじめとするシーフードを豪快にテーブルの上にばらまき、カニの殻をハンマーで叩き割りながら食べます。

food18.jpg

 ハンマーで叩くのは楽しいですが、うまくやらないとカニの身もつぶれてしまうため、カニ用のハサミを持ち込むと便利な気がします。


 コーヒーショップは通りごとにあっていろいろ選べるし、シーフードもお肉もおいしいし、シアトルは実に美食の街だと思いました。みなさんもシアトルに行く機会があれば、ぜひこれらの美味しいゴハンも楽しんでみてはいかがでしょうか?

 それでは、次回のカラデシュ特務大使レポートもお楽しみに。

前の記事: 【動画】 カラデシュ特務大使 現地取材ムービー(The Crab Pot編) | 次の記事: 【トピック】 カラデシュ特務大使 現地取材レポート:ミニマスターに参加してみた
カラデシュ特務大使 現地取材レポート 一覧に戻る