マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 長谷川 学(東京) vs. 宮下 尚之(埼玉)

準々決勝: 長谷川 学(東京) vs. 宮下 尚之(埼玉)

By 金 民守


 1番席で《情け知らずのガラク/Garruk Relentless(ISD)》から《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck(ISD)》と強力なレアを独占しながら赤緑ビートを組み上げた長谷川。

 対する宮下は8番席で《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》から強力なレアをことごとくスルーして《静かな旅立ち/Silent Departure(ISD)》や《深夜の出没/Midnight Haunting(ISD)》《熟慮/Think Twice(ISD)》などをかき集める《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を軸に据えたアーキタイプドラフトを敢行した。

 1番対8番、赤緑対青白、単体カードパワー重視対アーキタイプ重視という、あらゆる面で対照的なこの二人の一戦。はたしてバブルマッチ初戦を勝ち上がるのはどちらかのプレイヤーなのか!?


Game 1

 ダイスにより先手は宮下。値千金の先手を取った上で、3ターン目《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》→4ターン目《幽体の飛行/Spectral Flight(ISD)》のベストムーブが保証されたハンドを文句なくキープ。

 対する長谷川は3ターン目《月桂樹の古老/Elder of Laurels(ISD)》スタートのマナフラッド気味のハンドを悩んだ末にマリガン。

 すると取り直した6枚が《霊捕らえの装置/Geistcatcher's Rig(ISD)》《レインジャーの悪知恵/Ranger's Guile(ISD)》2枚に土地3枚というハンドで、これまたダブルマリガンを選択せざるを得ない。さらに取り直した5枚は《山/Mountain(ISD)》2枚に緑のカードをという状態で、これを苦渋のトリプルマリガンとなった。

 初手4枚となった長谷川はそれでも1ターン目《無謀な浮浪者/Reckless Waif(ISD)》から森トップデッキで2ターン目《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck(ISD)》につなげる勝ち筋の見えるハンドをキープしてスタート。しかし無情にも長谷川の元に森がもたらされるよりも早く宮下の《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》が殴りだしてしまう。

 ワンランドストップの長谷川に幽体+トラフトのベストムーブの宮下。
宮下が1本目を速やかに先取した。

長谷川 学 0-1 宮下 尚之


Game 2

長谷川 学
長谷川 学

 お互いが7枚でキープして始まった2本目。

 長谷川は初動3ターン目ながらその初動が青白の天敵である《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》。

 これに2ランドストップの宮下は《静かな旅立ち/Silent Departure(ISD)》でお茶を濁すが、戻した返しで出てきたのは《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》ではなく《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck(ISD)》。

 その後《熟慮/Think Twice(ISD)》で必死に3枚目のランドを探しに行くがなかなか引けない。

 長谷川の場に《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck(ISD)》《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》と並んだ返しで、ようやく3枚目の土地にたどり着いた宮下はここで《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をキャスト。

 ここまで《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》で細かくダメージを積み重ねてきた宮下。
 呪禁コンビでこのまま押し切りたいところだが、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》が殴れないことにはあまりにもクロックの大きさに差がありすぎる。ハンドには《戦慄の感覚/Feeling of Dread(ISD)》。

 行くべきか。貯めるべきか長谷川の2枚のレア狼男が変身すると同時に4マナ目を引いた宮下は決断を迫られる。
 ここで2アクションにより長谷川陣営の変身を解くべきか。それとも・・・

 ここで宮下の出した答えは《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をキャストしてターンを終わるといううものだった。

 これを受けて長谷川は変身した《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》で格闘するよりも5点ビートすることを選択し、《ソンバーワルドの蜘蛛/Somberwald Spider(ISD)》で守りを固めつつターンを終える。

 場のクロック、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》変身時の対応まで全てを考慮に入れた上でも最善の、当然のはずのこのプレイング。しかし、しかしこれが宮下の罠だった! エンドに宮下の《深夜の出没/Midnight Haunting(ISD)》が長谷川を奇襲する。

 そしてさらに宮下のライブラリートップが《幻影の掌握/Grasp of Phantoms(ISD)》で《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》が変身!

 場のクロックが一気に跳ね上がり長谷川の顔が青ざめる。このタイミングでのこのラッシュ。

 もちろんバックアップはあのスペル・・・

 そう、もちろんここまで動く以上は持っている。宮下はこのターンに勝負を決めるべく虎の子の《戦慄の感覚/Feeling of Dread(ISD)》をキャストし《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》のための道を開けた!

 ほんの数秒前までは《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》の慎ましやかな1点クロックだったのが、ものの数秒のうちに一気に10点にまで膨れ上がった!

 この一気に長谷川のライフを半分まで詰めた上で強力な狼男たちの変身を解くビッグアクションで、勝負は一気に混迷の様相を呈したが、逆に言うとこれでようやく宮下はそれまでの遅れを取り戻したに過ぎない。そして出遅れを取り戻すために払ったリソースは、決して小さく見積もることのできないものだった。

 返すターン、変身のため狼トークンでビートするのみでターンを返す長谷川これによりライフは長谷川6対宮下7。すでに《戦慄の感覚/Feeling of Dread(ISD)》は使わせた。長谷川はむしろこの10点アタックを受けて、より冷静に、より着実に盤面を詰めていくようにさえ見える。

 宮下は《静かな旅立ち/Silent Departure(ISD)》をフラッシュバックして《ソンバーワルドの蜘蛛/Somberwald Spider(ISD)》を戻しつつ2点のアタック。長谷川のライフは4。ハンドには《幻影の掌握/Grasp of Phantoms(ISD)》がある。あと4点。この4点が削れるのだろうか・・・

 しかし次のターン長谷川が盤面とハンドを確認し、力強くフルアタックを宣言する。
 宮下は全てを察し諦めたような表情でブロックを割り振ると、長谷川が《硫黄の流弾/Brimstone Volley(ISD)》を公開し、タイトなライフレースを最後の最後で本体火力で長谷川が差し返して勝負は最終戦にもつれ込んだ。

長谷川 学 1-1 宮下 尚之


Game 3

宮下 尚之
宮下 尚之

 宮下が《黄昏の捕食者/Nightfall Predator(ISD)》対策として《大物潰し/Smite the Monstrous(ISD)》をサイドインしての3本目。どちらも7枚をキープしてゲームが始まる。

 宮下は《熟慮/Think Twice(ISD)》経由で三たびの最速《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をキャストしてプレッシャーをかけるが、今度は《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をサポートする準備が整っておらず、長谷川の《灰口の猟犬/Ashmouth Hound(ISD)》《月桂樹の古老/Elder of Laurels(ISD)》の前にアタックせずに《上座の聖戦士/Elder Cathar(ISD)》を出して盤面を維持。

 これを受けて長谷川はじっくりと考えたすえに2体でアタック。
 《灰口の猟犬/Ashmouth Hound(ISD)》と《上座の聖戦士/Elder Cathar(ISD)》が相打ちになり、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》が強化されつつ宮下のライフは16に。
 ブロッカーとして《ウルヴェンワルドの神秘家/Ulvenwald Mystics(ISD)》をキャストしてターンを返す。

 ライフで押される宮下はなんとかここで殴り合いに持ち込みたいが、《熟慮/Think Twice(ISD)》をフラッシュバックして《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker(ISD)》を出すのみでターンを返す。

 長谷川は《ウルヴェンワルドの神秘家/Ulvenwald Mystics(ISD)》でアタックしつつブロッカーとして《月桂樹の古老/Elder of Laurels(ISD)》を立ててターンを返す。残ったマナは《月桂樹の古老/Elder of Laurels(ISD)》の能力起動に必要な4マナちょうど。

 宮下はここで何かありげにフルアタック。
 盤面上では一方的に《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を討ち取れるこのコンバット。しかしもちろんここでブロックできるわけもなく、ハンドに《レインジャーの悪知恵/Ranger's Guile(ISD)》を抱えた長谷川はここで苦渋の8点テイクを選択。

 一気にライフを詰められた長谷川は、返すターン《月桂樹の古老/Elder of Laurels(ISD)》でアタックして変身した《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》を立ててエンドを宣言する。
 宮下は再度《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》のために道を開こうと《大物潰し/Smite the Monstrous(ISD)》で《ウルヴェンワルドの根源/Ulvenwald Primordials(ISD)》を狙うが、これは再生によるタップを嫌った長谷川が《レインジャーの悪知恵/Ranger's Guile(ISD)》で対処してみせる。

 そして迎えた宮下のターン。
 ここで値千金の《幽体の飛行/Spectral Flight(ISD)》をトップデッキした宮下はもちろんこれを即座に《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》につけて9点のクロックを設置し、この激戦に終止符を打ったのだった!

長谷川 学 1-2 宮下 尚之

前の記事: The Limits 2011 決勝ラウンド オールカードロチェスタードラフト | 次の記事: 準決勝: 三村 彰史(兵庫) vs. 関根 尚人(神奈川)
The Limits11 一覧に戻る