マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第7回戦:市川 ユウキ(日本) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

【観戦記事】 第7回戦:市川 ユウキ(日本) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

authorpic_BlakeRasmussen.jpg

Blake Rasmussen / Tr. Tetsuya Yabuki

2014年12月3日

原文はこちら

 本日の最後を飾るのに相応しい戦いだ。世界選手権初出場の市川 ユウキが、今の形式になってからの3回にすべて出場しているジョシュ・アター=レイトン/Josh Utter-Leytonと対決する。3回すべてに出場というのは、わずか3人しかいない。

 かたや現在世界ランキング25位の市川。人気配信者であり、昨シーズンで最も熱いプレイヤーのひとりだ。プロツアー・デビューはプロツアー『ドラゴンの迷路』と最近のことだが、今年はプロツアー・トップ8連続入賞にグランプリ・トップ8入賞と、大躍進を遂げた1年だった。プロツアーでの活躍を鑑みると、現在のランキングは過小評価だと感じずにはいられない。彼は凄まじいまでの速さで昇ってきたプレイヤーのひとりと評価されているのだ(詳細なプロフィールはこちら)。

 かたや「安定感」のお手本、世界ランキング20位のアター=レイトン。この前年のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーは、今大会で現在の世界選手権に3回目の出場となる。生涯獲得プロ・ポイントは285点を数え(しかもそれは増え続けている)、近年では殿堂顕彰に最も近い男として話題にあがる。彼は常に大会の中心にいて、常に安定した成績を残し、そして常に好調を維持しているのだ。(詳細なプロフィールはこちら:英語)。

 ここで戦う新星と旗手は、双方共にここまで4勝2敗。今大会の折り返し地点を迎えるときに、少しでも上位の席を奪いたいところだ。

r7_ichikawa_utterleyton.jpg
市川 ユウキは初出場の今大会で、初日を盛り返してきているように見受けられる。一方のアター=レイトンは、3年連続で出場中の世界選手権初日を勝利で締めくくることを目論む。

それぞれのデッキ

 他の選手と同様に、市川とアター=レイトンもまた『タルキール覇王譚』前には存在しなかったデッキを使用している。アター=レイトンは、登場するなり猛威を振るっている《ジェスカイの隆盛》を用いたコンボにその身を託した。しかし広く知られているものと違い、彼は緑のマナ・クリーチャーと《きらめく願い》を採用せず、《命運縫い》の採用に踏み切った――この大発見により彼のデッキは緑を省くことに成功し、その結果無理なくコントロール系のカードを採用することができ、その脆さを少し改善することができたのだ。

 一方の市川のデッキは、同様に《宝船の巡航》を採用していること以外はアター=レイトンと共通するところがほとんどない。素早くビート・ダウンを進め、効率的に火力で焼き払い、そして必要とあれば効果的に呪文を打ち消すそのデッキには、しかしコンボは搭載されていない。彼の戦略では、ただ1枚のカードが原動力になるのではない。柔軟でありながらも強烈で、どのマナ域でも恐ろしいほどに効率的なデッキなのだ。

 アター=レイトンがこの日の最終ラウンドを勝って抜けるには、彼のデッキ内すべての起爆剤とコントロール力が存分に発揮される必要があるだろう。

ゲーム展開

 市川が理想的なスタートを切り、《秘密を掘り下げる者》が《昆虫の逸脱者》に変身するとそこへすぐに《タルモゴイフ》が続いた。アター=レイトンは素早くコンボを成立させるか、あるいはただちにその場をコントロールするカードを機能させる必要に迫られる。

 アター=レイトンは前者を選んだようだ。彼はクロックを刻む3/2飛行を《イゼットの魔除け》で除去するより、手札の入れ換えを選んだ。手札を整えることには成功したが、それは《タルモゴイフ》を成長させる。

r7_ichikawa.jpg
市川の「デルバー」デッキには、対処困難な初動がある。

 それは市川にとって望ましく、彼は2枚目の《タルモゴイフ》を盤面に追加する。アター=レイトンから抵抗はなく、第1ゲームは4ターンで決着した。

 今度は軽く息をつく暇を得たアター=レイトンは、キャントリップ呪文を放ち手札と墓地の状態を作り上げていく。そして続くカードは、《ジェスカイの隆盛》。これを放っておけば、相当な脅威になるだろう。

 だが市川はそれを運命に任せるようなことをしない。《漁る軟泥》がクロックと同時に、この盤面からアター=レイトンのコンボを決めるのに必須となる《命運縫い》への干渉手段となった。市川はできるだけマナを残しておくため、《秘密を掘り下げる者》をプレイするのも抑えた。

 だがしかし、《ジェスカイの隆盛》はただのコンボ・パーツではない。デッキを掘り進めることもできるのだ。アター=レイトンはそれを実行し《稲妻》を引き込むと、にらみを利かせていた《漁る軟泥》の圧力から逃れた。

 ウーズなのに「にらみを利かせた」? それは少し違うか。

 とにかく、アター=レイトンはその場を強くコントロールすることを目指した。一方の市川は、《秘密を掘り下げる者》を繰り出しターンを渡す。

 《命運縫い》の用意が整うと、アター=レイトンはコンボ始動の準備をする。《ギタクシア派の調査》が市川の手札にある防衛手段が《剥奪》のみであることを暴き、アター=レイトンは楽に準備を進められた。2枚目の《命運縫い》を引き込むと、それを「蘇生」し、このデッキが成すべきことを始めた。カードが次々と流れ、《ジェスカイの隆盛》は3体の青いゾンビが市川を喰い尽くすまで強化を続けたのだった。

 最終ゲーム、市川は再び《秘密を掘り下げる者》から《タルモゴイフ》という流れを見せる。しかし今度は《秘密を掘り下げる者》が変身に失敗した。2回目のチャンスにも裏返らない。

r7_utterleyton.jpg
アター=レイトンの「《ジェスカイの隆盛》コンボ」デッキは、戦場にクリーチャーがなくとも始動し、そのまま悪夢のシナリオを生み出すことができる。

 ああ、ここからでも君たちの悲鳴が聞こえてくるようだ。

 クロックの点で遅れをとった市川は、アター=レイトンに1ゲーム目と比べて多くの動きを許してしまった――《ジェスカイの隆盛》を解決することも。

 今度は市川に銃口が向けられる番だ。アター=レイトンは、《ジェスカイの隆盛》が戦場に出れば瞬く間にコンボが始動することを見せてきた。にわかに緊迫感が立ち昇る。市川は《瞬唱の魔道士》を《待ち伏せのバイパー》モードで(すなわち攻撃するためだけに)繰り出した。これでアター=レイトンのライフは残り4点になる。彼は今すぐにでもコンボを始めることを迫られた......さもなくば敗北だ。

 総攻撃の先駆けは、《宝船の巡航》だった。実はアター=レイトンはかなり苦しい状況にあった。青マナ源に乏しい上に、始動の鍵となる《命運縫い》がないのだ。彼はこの《宝船の巡航》で《命運縫い》を引き込まなければならない。さもなくば、「蘇生」のために墓地へ落とすことができないのだ。《宝船の巡航》は(墓地を)奪うものだが、同時にもたらすものでもある。

 そうこのとき、《宝船の巡航》はもたらすものだった。

 《命運縫い》を引き込んだアター=レイトンは、彼のデッキが成すべきことを解き放つ。

 コンボの成立を悟ると、市川は紙を1枚取り出し、素早く何かを書きつけた。それは「やれるもんならやってみろ」を意味する世界共通のサインだ。

「F6」

 こうしてすべての優先権をパスすることにした市川は、あとはアター=レイトンの動きをただ見守った。ときおりテーブルを軽く叩く音が《ジェスカイの隆盛》の能力が誘発したことを示し、ついにアター=レイトンは呪文でいっぱいの手札をテーブルに置き、失敗はあり得ないことを提示した。

 市川は笑顔で頷き、勝利まであと一歩だったことを確認した。しかしその命運は、最後の最後で縫い留められたのだ。

市川 1-2 アター=レイトン
市川ユウキ
世界選手権2014 / モダン
4 《霧深い雨林》
4 《沸騰する小湖》
3 《島》
2 《蒸気孔》
2 《樹木茂る山麓》
1 《繁殖池》
1 《山》
1 《踏み鳴らされる地》

-土地(18)-

4 《秘密を掘り下げる者》
4 《僧院の速槍》
4 《タルモゴイフ》
1 《瞬唱の魔道士》

-クリーチャー(13)-
4 《稲妻》
4 《血清の幻視》
3 《ギタクシア派の調査》
3 《呪文嵌め》
3 《思考掃き》
2 《二股の稲妻》
2 《呪文貫き》
2 《蒸気の絡みつき》
2 《差し戻し》
4 《宝船の巡航》

-呪文(29)-
1 《払拭》
1 《マグマのしぶき》
2 《古えの遺恨》
2 《剥奪》
1 《破壊的な享楽》
1 《漁る軟泥》
2 《溶鉄の雨》
2 《不忠の糸》
1 《イゼットの静電術師》
1 《凶暴な拳刃》
1 《ヴェンディリオン三人衆》

-サイドボード(15)-
Josh Utter-Leyton
世界選手権2014 / モダン
4 《フェアリーの集会場》
4 《溢れかえる岸辺》
4 《沸騰する小湖》
2 《島》
2 《蒸気孔》
1 《乾燥台地》
1 《神聖なる泉》
1 《山》
1 《平地》
1 《聖なる鋳造所》
1 《金属海の沿岸》

-土地(22)-

4 《命運縫い》

-クリーチャー(4)-
4 《ギタクシア派の調査》
4 《血清の幻視》
4 《思考掃き》
3 《稲妻》
3 《流刑への道》
4 《イゼットの魔除け》
3 《差し戻し》
4 《ジェスカイの隆盛》
4 《時を越えた探索》
1 《宝船の巡航》

-呪文(34)-
3 《摩耗+損耗》
1 《否定の契約》
2 《白鳥の歌》
1 《剥奪》
2 《機を見た援軍》
3 《けちな贈り物》
1 《堀葬の儀式》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン》
1 《エメリアの盾、イオナ》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【観戦記事】 第6回戦:Patrick Chapin(アメリカ) vs. 山本賢太郎(日本) | 次の記事: 【英語記事】 Modern Metagame of the World Championship
マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2014 一覧に戻る