マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】「PAX Prime2015」特派員記事:アメリカ・シアトルのマジック取り扱いショップを探訪!

【トピック】「PAX Prime2015」特派員記事:アメリカ・シアトルのマジック取り扱いショップを探訪!

by 「イゼ速」タソガレ

2015.8.29

 米国ワシントン州シアトル。ウィザーズ・オブ・ザ・コーストが本社を構えるこの地でも、当然マジックは盛んである。今回は聖地巡礼を試みる敬虔な日本のマジックプレイヤーの諸君に是非とも行っていただきたいショップを紹介する。より楽しい「マジック旅行」の助けになるはずだ。

Card Kingdom (5105 Leary Ave NW Seattle, WA 98107)

01.jpg 02.jpg 03.jpg

 マジック:ザ・ギャザリング以外にもボードゲーム、ミニチュアなど様々なアナログゲームを取り扱う有名店。シングルカードの購入はウェブサイト上で通販ページと共通管理されており、備え付けのPCから非常にスムーズな買い物が楽しめる。店内は落ち着きのある雰囲気だが、ワクワクするような空間だ。

04.jpg

 なにより特徴的なのがカフェスペースの併設で、ここでは食事を取りながら卓を囲んでゲームができるようになっている。今日も多くの人々がトルティーヤチップスを片手に遊戯に興じていた。

05.jpg

 他にも店舗オリジナルのデッキを低価格で販売するなど、よりカジュアルな遊び方を求めるプレイヤーや初級者に対する訴求にも力を入れているようだ。こうした細やかな工夫が幅広い層からの人気を獲得する秘訣なのかもしれない。

06.jpg

 ちなみに「Mox Boarding House(13310 Bel-Red Rd, Bellevue, WA 98005)」という2号店が存在し、そちらは郊外にあるためか同コンセプトながらここよりもスペースが広め。両ショップとも押さえておきたいショップだ。

Blue Highway Games (2203 Queen Anne Ave N, Seattle, WA 98109)

07.jpg 08.jpg

 住宅地に位置する、少年時代の秘密基地を思わせる内装の店舗。テーブルゲームが中心でシングルカードの取り扱いはないが、立地の関係上、低年齢層、中でも親子連れの顧客が非常に多い。街の「おもちゃやさん」といった印象だ。

09.jpg

 我々特派員が訪れた際にも18歳以下限定のマジックのイベントが行われており、多くのこどもたちが楽しそうにプレイする様子も伺えた。比較的マジックのプレイ年齢が高い日本においてはなかなかにお目にかかれない光景だ。

10.jpg

 そして何故か日本発の伝統玩具・けん玉の取り扱いもある(あちらでは未だメジャーなホビーなのかもしれないが、真相は不明である)。

Phoenix Comics & Games (113 Broadway E, Seattle, WA 98102)

11.jpg 12.jpg

 こちらも都市部からは少し離れた場所にある店舗。ところ狭しとアメリカンコミック関連のグッズが並べられている。前述したものが中心ではあるが、プレイスペースやシングルカードもしっかりと用意されている。

13.jpg 14.jpg

 大会の開催が盛んのようで、毎週何かしらのマジックイベントが行われているようだ。

Golden Age Collectibles (Market Foundation, 1501 Pike Pl #401, Seattle, WA 98101)

15.jpg

 観光地としても有名なパイク・プレイス・マーケット内にある店舗。プレイスペースはないが、コミックや映画関連商品の取り扱いが豊富で、雑貨やスケールフィギュアなどが大量に並んでいる。雰囲気としては日本の「中野ブロードウェイ」にあるマニア向けショップに近いかもしれない。

16.jpg

 マジックの販売はブースターパックのみだが、古いエキスパンションの在庫も多くあった。シアトルで突然カオス・ドラフトがしたくなった時、ここを思い出していただきたい。


 いかがだっただろうか。日本とは趣の異なる本場アメリカのカードショップ、貴方好みの場所が見つかれば幸いである。

前の記事: 【トピック】「PAX Prime2015」特派員記事:人気動画「Walking the Planes」の中の人、ネイサン・ホルト氏にインタビュー | 次の記事: 【トピック】「PAX Prime2015」特派員記事:サプライズまみれの『戦乱のゼンディカー』プレビューショー!
マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2015 一覧に戻る