マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『霊気紛争』 ドラフト・ラウンド全勝者たち

【戦略記事】 プロツアー『霊気紛争』 ドラフト・ラウンド全勝者たち

henke_author.jpg

Tobi Henke / Tr. Tetsuya Yabuki

2017年2月4日

原文はこちら

 2日間にわたって『霊気紛争』/『カラデシュ』ドラフトで全勝を果たしたのは4名――世界選手権2006王者の三原 槙仁とプロツアー・トップ8入賞2回の市川 ユウキ、グランプリ・札幌2002でトップ8に入賞した廣澤 遊太、そして2013-2014年シーズンのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーであるジェレミー・デザーニ/Jérémy Dezaniだ。

 彼らが2日間で組み上げた合計8つのデッキには、特筆すべき関連性がいくつかある。まず色の選択において赤が緑を上回っている点。また「赤緑」の組み合わせが3つを占めており、最も人気を集めた。それから、土地の採用枚数は平均16枚を超えた。「この環境では16枚以下がベストだ」という意見が多くの支持を受けていたにも関わらず。

 最も多く採用されたカードは《高峰の注入》であり、合わせて5枚見受けられる。続けて《霊気追跡者》、《僧帽地帯のドルイド》、《怒れる巨人》、《凍り付け》、《鉄装破壊車》、《たかり猫猿》が各4枚で二番手だ。

 ジェレミー・デザーニは、土地の枚数を切り詰めることについての議論は大げさだと考えている。「多くの人が15枚とか、中には14枚なんて言う人もいるけれど、さすがにおかしい」とデザーニ。「個人的には17枚が好きかな。『紛争』を用いた戦略はやらないから『器具』や《改革派の地図》のような1マナのアーティファクトも滅多に使用しないし。もちろん《改革派の地図》や《霊気との調和》を入れるなら土地を減らしても良いけれど、これまで通り17枚から始めることを否定する理由にはならないよ」

 意見を率直に述べたデザーニだが、彼はこの週末のはじめにも「ドラフト・ラウンドには自信がある」とはっきり宣言していた。2013年にこのダブリンの地で開催されたプロツアーを制した彼に再びの戴冠の見込みを尋ねると、彼は率直に答えてくれた。「ここには多くのプレイヤーがいて、僕もそのうちのひとりに過ぎない。だから2日目を迎えた今は200分の1というわけだけど、悪くはないかな」

dezani_draft.jpg
今大会のリミテッド・ラウンドに自信を見せていたジェレミー・デザーニ。彼は期待を裏切らずドラフト部門6戦全勝を果たし、この地に初めてプロツアーがやって来た2013年以来となる再びのプロツアー制覇に向けて大きな一歩を踏み出した。

 今大会のリミテッドでの成功の秘訣について、デザーニは自身のやり方を信じて磨き、周りの意見にただ流されないことを挙げた。例えば、彼の色の順位付けは独特だ。「僕の意見では青が断トツで、次に緑、それから赤、白、黒と続くよ」

 興味深いことに、彼が初日にドラフトしたデッキでは白が使われ、2日目のデッキには黒が使用されている。「いや何よりもまず、どっちも青を使ってるよ」とデザーニは言う。「確かに初日のデッキはちょっと好みに合わないけれど、2日目のデッキは『青単に黒のレアをタッチした』ものだ。5枚のレアのうち3枚は自分で引き当てて、2枚は流れてきた。あとは《誤動作》と《凍り付け》みたいな除去を加えるだけだ」

 これまで取材した他のプレイヤーと比べて、デザーニが青のオーラを強く好んでいることは明らかだった。初日にドラフトしたデッキでは《上級建設官、スラム》も用いており、《軽業の妙技》やバウンス呪文で脇を固めるものだった。しかしデザーニのオーラ除去に対する愛はさらに深い。彼が言うには、オーラ除去が抱える問題は期待を裏切るほど大きいものではなく、むしろ期待のかけ方が間違えているのだという。「オーラ除去の威力は戦略に大きく左右される。アグレッシブなデッキにただ《凍り付け》を入れても、死に札になるだけだ。でもコントロールに寄せた形や飛行クリーチャーで攻める形なら、優れた除去になるんだ」

 確かに、「広く受け入れられているアイデアを疑い、他と異なる戦略を恐れない」というデザーニの戦い方は他の全勝者たちにも見受けられる。《領事府の弩級艦》? 多くのプレイヤーがこのカードを一笑に付すかもしれないが、《浮遊化改造》や《鉄装破壊車》があるなら使わない手はないだろう。評価の低い《博覧会場の恐怖》を採用する? パワーの高いクリーチャーが足りないなら使うべきだ。白マナも青マナも生み出せないデッキで《砦のマストドン》や《警戒自動機械》を使う? 本当に必要なら絶対に使うべきだ。

 以下に掲載するデッキリストには、上記の内容がすべて詰まっている。ぜひ全勝者たちのデッキをその目で確かめ、「低評価のカードにとらわれない強さ」を身に着けよう!

Jérémy Dezani - 「青白タッチ赤」
プロツアー『霊気紛争』初日ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月3日)
8 《島》
7 《平地》
1 《山》
1 《尖塔断の運河》

-土地(17)-

1 《理論霊気学者》
1 《精緻会の改革派》
1 《航空船の略取者》
1 《上級建設官、スラム》
1 《砦の執行官》
1 《ギラプールのミサゴ》
1 《ヴィダルケンの刃の達人》
2 《尖塔の巡回員》
1 《難破船ウツボ》
1 《守護フェリダー》
1 《暁羽の鷲》
1 《異端の飛行機械職人》
1 《歩行貯蔵器》

-クリーチャー(14)-
1 《抜き取り検査》
2 《凍り付け》
1 《軽業の妙技》
1 《光に目が眩む》
1 《金属の叱責》
1 《空鯨捕りの一撃》
1 《誤動作》
1 《慮外な押収》

-呪文(9)-
Jérémy Dezani - 「青黒」
プロツアー『霊気紛争』2日目ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月4日)
9 《島》
8 《沼》

-土地(17)-

1 《亢進する亀》
2 《霊気毒殺者》
2 《理論霊気学者》
1 《霊気急襲者》
1 《内陸のドレイク》
2 《難破船ウツボ》
1 《タカシオヤドカリ》
1 《歩行貯蔵器》
1 《害悪の機械巨人》
1 《霊気烈風の古きもの》

-クリーチャー(13)-
2 《凍り付け》
1 《橋上の戦い》
2 《残酷な決断》
1 《電招の塔》
1 《金属の叱責》
1 《幻術師の謀》
1 《誤動作》
1 《ヤヘンニの巧技》

-呪文(10)-
三原 槙仁 - 「緑白タッチ赤」
プロツアー『霊気紛争』初日ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月3日)
8 《森》
5 《平地》
1 《山》
1 《感動的な眺望所》
1 《霊気拠点》

-土地(16)-

1 《造命の賢者、オビア・パースリー》
1 《大胆な潜入者》
1 《僧帽地帯のドルイド》
1 《隠れた薬草医》
1 《たかり猫猿》
2 《絹織りの精鋭》
1 《霊気流の豹》
1 《博覧会の歓迎者》
1 《高峰の職工》
1 《小物作りの達人》
2 《財宝の守り手》
1 《ピーマの先導》

-クリーチャー(14)-
1 《霊気との調和》
1 《領事府の弩級艦》
1 《改革派の地図》
2 《罪の自覚》
1 《圧点》
1 《破壊的細工》
1 《特権剥奪》
2 《鉄装破壊車》
1 《浮遊化改造》

-呪文(11)-
三原 槙仁 - 「白赤」
プロツアー『霊気紛争』2日目ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月4日)
9 《平地》
7 《山》

-土地(16)-

1 《大胆な潜入者》
1 《精緻会の改革派》
1 《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》
1 《経験豊富な操縦者》
1 《空中対応員》
1 《鋳造所の隊長》
1 《最前線の反逆者》
1 《天才速製職人》
1 《改革派の車輪職人》
1 《尖塔横の潜入者》
2 《プロペラの先駆者》
1 《守護フェリダー》
1 《飛空士の提督》
1 《暁羽の鷲》

-クリーチャー(15)-
1 《路地への回避》
1 《断片化》
1 《鎮定工作機》
1 《ショック》
1 《暴力の激励》
2 《移動駐屯所》
1 《平和歩きの巨像》
1 《アラダラ急行》

-呪文(9)-
廣澤 遊太 - 「緑赤」
プロツアー『霊気紛争』初日ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月3日)
9 《森》
7 《山》

-土地(16)-

2 《たかり猫猿》
1 《霊気追跡者》
1 《ナーナムのコブラ》
1 《シャイラ専有地の賢者》
1 《通電の喧嘩屋》
1 《霊気流の豹》
1 《天才速製職人》
1 《搾取工区の喧嘩屋》
1 《博覧会場の恐怖》
1 《高木背の踏みつけ》
1 《造命物騎兵》
1 《起伏鱗の大牙獣》

-クリーチャー(13)-
1 《霊気との調和》
1 《獰猛器具》
1 《鎮定工作機》
1 《正確な一撃》
1 《ショック》
3 《高峰の注入》
1 《密輸人の回転翼機》
1 《弱者狩り》
1 《鉄装破壊車》

-呪文(11)-
廣澤 遊太 - 「緑赤」
プロツアー『霊気紛争』2日目ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月4日)
9 《森》
8 《山》

-土地(17)-

1 《ナーナムの改革派》
1 《霊気追跡者》
1 《僧帽地帯のドルイド》
1 《たかり猫猿》
1 《霊気流の豹》
1 《歯車組立工》
1 《絹織りの精鋭》
1 《尖塔横の潜入者》
1 《警戒自動機械》
1 《霊気運用者》
1 《辺境地の猪》
1 《速製職人の反逆者》
1 《捕獲飛行機械》
1 《砦のマストドン》
1 《洗練された鍛刃士》

-クリーチャー(15)-
1 《撃砕確約》
1 《正確な一撃》
2 《高峰の注入》
1 《チャンドラの螺旋炎》
1 《自然の流儀》
1 《鉄装破壊車》
1 《暴走急行》

-呪文(8)-
市川 ユウキ - 「黒赤」
プロツアー『霊気紛争』初日ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月3日)
9 《沼》
7 《山》

-土地(16)-

1 《霊気追跡者》
1 《領事府の空船口》
1 《鋳造所のスズメバチ》
1 《襲拳会の部隊》
1 《怒れる巨人》
2 《バリケード破り》
2 《湿原の運び屋》

-クリーチャー(9)-
1 《発火器具》
1 《鎮定工作機》
1 《ショック》
3 《悪意器具》
1 《炎鍛冶の組細工》
1 《金属紡績工の組細工》
1 《活力の奔出》
1 《残酷な決断》
1 《改革派の逃亡》
1 《チャンドラの革命》
1 《楕円競走車》
1 《ヤヘンニの巧技》
1 《当然の結論》

-呪文(15)-
市川 ユウキ - 「緑赤タッチ黒」
プロツアー『霊気紛争』2日目ドラフト 3勝0敗 / 『霊気紛争』『カラデシュ』ブースタードラフト (2017年2月4日)
7 《森》
7 《山》
1 《沼》
1 《霊気拠点》

-土地(16)-

2 《僧帽地帯のドルイド》
1 《霊気追跡者》
1 《牙長獣の仔》
1 《溶接自動機械》
1 《歯車組立工》
1 《無謀なレーサー》
1 《ピア・ナラー》
1 《霊気運用者》
1 《財宝の守り手》
3 《怒れる巨人》
1 《バリケード破り》

-クリーチャー(14)-
1 《霊気との調和》
1 《発火器具》
1 《獰猛器具》
1 《橋上の戦い》
1 《放射篭手》
1 《人工物への興味》
1 《飲み込む炎》
1 《弱者狩り》
1 《鉄装破壊車》
1 《アラダラ急行》

-呪文(10)-

前の記事: 【英語記事】 Player Profile: César Segovia | 次の記事: 【観戦記事】 第14回戦:白青霊気貯蔵器
プロツアー『霊気紛争』 一覧に戻る