マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『アモンケット』 初日スタンダード・メタゲーム・ブレイクダウン

【戦略記事】 プロツアー『アモンケット』 初日スタンダード・メタゲーム・ブレイクダウン

authorpic_FrankKarsten.jpg

Frank Karsten / Tr. Tetsuya Yabuki

2017年5月12日

原文はこちら

 集計終了。カバレージ班のコービン・ホスラー/Corbin Hoslerと私は今大会のデッキ分布を分析すべく378人分のデッキリストを集計し、分類した。

 この週末を迎えるにあたっては、(『アモンケット』の実装が早かった)Magic Onlineを中心にふたつのアーキタイプに注目が集まっている。ひとつは「マルドゥ機体」、もうひとつは「霊気池の驚異」だ。これらふたつのアーキタイプは今大会でも多くのプレイヤーが選択しているが、新鮮な驚きをもたらす戦略も登場している。「ゾンビ」の大量発生はもちろん、《新たな視点》を用いたデッキなど『アモンケット』のカードを中心にした新作の姿も見受けられた。

メタゲーム概要

Broader-Archetype-Breakdown.jpg

 (類似のデッキはまとめて大まかに分類した)上記の円グラフを見ると、現行スタンダードの「3強」デッキが明らかになる。

 プロツアー『霊気紛争』を制した「マルドゥ機体」は、『アモンケット』導入後も引き続き良い位置を保っている。現環境最強の脅威に加えて強力なアーティファクト・シナジーと除去呪文、プレインズウォーカーを有するこのデッキは、ゲームの序盤から終盤まで圧倒するだけの力を持ち、今大会においても誰もが意識している。「使い慣れているから」、「デッキが決まらなかったときの『安全牌』として」、あるいは単に「この環境のベスト・デッキだから」と理由はさまざまだが、結果的に多くのプレイヤーがこのデッキを選択した。

 「マルドゥ機体」の使用率には一歩届かなかったものの、「霊気池の驚異」デッキ(ほとんどがティムールの3色)は今大会の使用率第2位につけている。《守護フェリダー》の禁止によって空いた枠に戻ってきた形となるが、4ターン目《絶え間ない飢餓、ウラモグ》の爆発力は現環境でも健在だ。

 「黒単ゾンビ」は、今大会で突然現れたデッキと言って間違いないだろう。元々《墓所破り》や《闇の救済》といった強力なカードを擁していたゾンビ部族だが、『アモンケット』でさらなる強化を受けた。部族シナジーを存分に活かしたこのデッキは、またたく間に大量のゾンビを生み出す。プレインズウォーカーへ圧力をかけ、横に広く展開することでウラモグをも圧倒し、ゲーム後半も粘り強く戦うことができる。恐らく「マルドゥ機体」に対しても有利に立ち回れるだろう。

デッキ分布詳細

 記事冒頭の円グラフは、大まかなメタゲーム概要を見るために詳細を省いたものだ。以下に、より詳細なアーキタイプ分布を掲載する。

アーキタイプ使用者数使用率
マルドゥ機体9926.2%
ティムール「霊気池の驚異」7419.6%
黒単ゾンビ6316.7%
青赤コントロール164.2%
白黒ゾンビ154.0%
スゥルタイ「霊気池の驚異」133.4%
黒緑エネルギー102.6%
ティムール・エネルギー102.6%
白青フラッシュ102.6%
「新たな視点」コンボ71.9%
黒緑「昂揚」61.6%
4色「霊気池の驚異」61.6%
バント「霊気池の驚異」51.3%
黒緑「謎の石の儀式」51.3%
黒赤ミッドレンジ51.3%
黒緑「巻きつき蛇」41.1%
青赤「電招の塔」30.8%
ジェスカイ・コントロール30.8%
ジャンドの神々30.8%
スゥルタイ「昂揚」30.8%
青赤「現出」20.5%
マルドゥ・プレインズウォーカーズ20.5%
赤白人間20.5%
白青スピリット20.5%
アブザン「昂揚」10.3%
アブザン・トークン10.3%
緑白トークン10.3%
赤緑「静電気式打撃体」10.3%
赤緑エネルギー10.3%
赤白「督励」10.3%
ティムール「電招の塔」10.3%
白黒コントロール10.3%
白青コントロール10.3%
白青「岸の飲み込み」10.3%
合計378100.0%

 本日はひとまず、数字だけを提示しておくに留めよう。(上記の一覧表で初めて名前が挙がったものを含め)それぞれのアーキタイプについての詳細は、明日また見ていく。ゲームプランやキーカード、バリエーションの紹介、そして結果の分析も行うので、お楽しみに!

前の記事: 【英語記事】 ドラフトビューワー:1日目・ポッド14 | 次の記事: 【英語記事】 Teeming with Hope
プロツアー『アモンケット』 一覧に戻る