マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 初日ドラフト・ラウンド全勝者分析

【戦略記事】 初日ドラフト・ラウンド全勝者分析

authorpic_FrankKarsten.jpg

Frank Karsten / Tr. Tetsuya Yabuki

2017年5月12日

原文はこちら

 プロツアー『アモンケット』は最初のドラフト・ラウンド3回戦を終え、47人のプレイヤーが全勝でスタートを切った。

PTAKH-20170512-0881.jpg
初日ドラフト・ラウンド全勝者から(左から順に)クリスティアン・カルカノ/Christian Calcano、トラヴィス・ウー/Travis Woo、八十岡 翔太、オーウェン・ターテンワルド/Owen Turtenwald。「ドラフト・マスター」の枠を競い合う達人たちだ。

 当然、彼らのデッキや色の組み合わせ、カード選択に興味が湧くというものだ。そこで私はさまざまな数字に目を走らせ、詳細に分析してみた。

全勝者たちの間で最も人気の色は?

 先週末のグランプリでは、アグレッシブな戦略が大きな活躍を見せた。例えばグランプリ・北京2017を制したケルヴィン・チュウ/Kelvin Chewは決勝ドラフトで《激情のカルトーシュ》を5枚採用したデッキを組み上げ、グランプリ・リッチモンド2017ではマーティン・ダン/Martin Dangが《血に飢えた振起者》を2手目にピックした。

 そして今大会においても、多くのプロ・プレイヤーたちが「黒赤ちょい勇」(手札が1枚以下のときに強化されるカードを中心にした戦略)や「赤白アグロ」(「督励」を持つ小型クリーチャーを中心にした戦略)といった強烈なアグロ戦略を採用している。

メインカラー全勝者数
23
23
23
13
12

 上記の表を見ると、白、黒、赤の3色が全勝者の大部分を占めている。厳密に言えば3枚ほど他の色をタッチしたものや他の色のレアを1~2枚タッチしたものもあるが、色の分析からは除外している。ここで考慮しているのは、あくまでメインカラーの2色だ。

色の組み合わせ全勝者数
黒赤(ちょい勇)10
赤白(アグロ)8
白黒(ゾンビ)7
白青(不朽)6
黒緑(-1/-1カウンター)4
緑青(ランプ)3
赤緑(モンスターズ)3
緑白(督励)2
青黒(サイクリング)2
青赤(スペル)2

全勝者たちに最も使われたコモン・カードは?

 序盤に使える低マナ域と黒の除去呪文が多く見受けられる結果となった。

使われたコモン・カード全勝デッキにおける総枚数
《華麗な苦悶》22
《枯死コウモリ》19
《野望のカルトーシュ》19
《燃えさし角のミノタウルス》19
《断固たる修練者》18
《ネフ一門の鉄球戦士》18
《扇持ち》17
《瘴気ミイラ》16
《最後の報賞》15
《打擲場のマンティコア》15
《魂刺し》14
《死後の放浪》14
《突風歩き》13
《ター一門の精鋭》12
《呪われたミノタウルス》12
《悪運尽きた造反者》12
《遺棄地の恐怖》12
《血に飢えた振起者》12
《ミノタウルスの名射手》12
《束縛のミイラ》11
《結束のカルトーシュ》11
《デジェルの決意》11
《演習ミイラ》11
《不毛地の蠍》11
《砂漠セロドン》11
《道拓きの修練者》11
《オナガトカゲ》11
《強制的永眠》10
《仕える者たち》10
《知識のカルトーシュ》10
《ヘクマの歩哨》10
《超常的耐久力》10
《激情のカルトーシュ》10
《感電》10
《修練者の相棒》10
《研ぎ澄まされたコペシュ》10

 上記の数字は、全勝デッキすべての総枚数を示していることに注意して欲しい。採用されたデッキの数ではなく、ひとつのデッキに《華麗な苦悶》が3枚採用されているケースもある。

 ちなみにアンコモンは、《アン一門の壊し屋》が13枚と頭ひとつ抜けて人気を集めた。

 また、最強のレアや神話レアについては明確な答えを出すことはできないが、以下のカードは全勝者たちに4枚以上採用されているということだけは伝えておこう。

採用土地枚数は?

 先週末のグランプリにおけるもうひとつの話題は、「土地の枚数」だった。この環境にはコストの軽い「サイクリング」があり、またマナ基盤に制限をかけるような色拘束の強いカードも極めて少ない。そのため多くのプレイヤーが、各色8枚ずつの16枚で快適に感じていたようだ。

 しかし今大会の初日ドラフト・ラウンド全勝者たちのデッキを見てみると、信頼と実績ある「17枚」を選択するプレイヤーも多かった。全勝者たちの平均採用土地枚数は16.53枚となっている。

全勝者たちの名前と初手ピックは?

 今大会では参加者たちにカバレージへの協力をお願いし、デッキ登録用紙に各パックの初手にピックしたカードも記載してもらった。以下に、全勝者たちの名前と各パックの初手を掲載する。

氏名1パック目初手2パック目初手3パック目初手
Allen Wu《秘法の管理者/Curator of Mysteries(AKH)》《活力のカルトーシュ/Cartouche of Strength(AKH)》《迷宮の守護者/Labyrinth Guardian(AKH)》
Brad Nelson《毒物の侍臣、ハパチラ/Hapatra, Vizier of Poisons(AKH)》《マグマのしぶき/Magma Spray(AKH)》《扇持ち/Fan Bearer(AKH)》
Cain Rianhard《試練に臨むギデオン/Gideon of the Trials(AKH)》《呪われた者の王/Lord of the Accursed(AKH)》《オケチラの碑/Oketra's Monument(AKH)》
Chris Fennell《グレイブディガー/Gravedigger(AKH)》《シェフェトのオオトカゲ/Shefet Monitor(AKH)》《リリアナの支配/Liliana's Mastery(AKH)》
Chris Grimshaw《マグマのしぶき/Magma Spray(AKH)》《最後の報賞/Final Reward(AKH)》《悪意のアムムト/Baleful Ammit(AKH)》
Christian Calcano《栄光半ばの修練者/Glory-Bound Initiate(AKH)》《排斥/Cast Out(AKH)》《療治の侍臣/Vizier of Remedies(AKH)》
Daniel Grafensteiner《燃えさし角のミノタウルス/Emberhorn Minotaur(AKH)》《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》《結束の試練/Trial of Solidarity(AKH)》
Derek Pite《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》《名誉あるハイドラ/Honored Hydra(AKH)》《驚天+動地/Heaven+Earth(AKH)》
Eduardo Sajgalik《暗記+記憶/Commit+Memory(AKH)》《微光鱗のドレイク/Shimmerscale Drake(AKH)》《名誉あるハイドラ/Honored Hydra(AKH)》
Eric Froehlich《無慈悲な投槍手/Merciless Javelineer(AKH)》《ホネツツキ/Bone Picker(AKH)》《残酷な現実/Cruel Reality(AKH)》
Evart Moughon《威厳あるカラカル/Regal Caracal(AKH)》《潰滅甲虫/Decimator Beetle(AKH)》《華麗な苦悶/Splendid Agony(AKH)》
Gabriel Nassif《激情の試練/Trial of Zeal(AKH)》《激情の試練/Trial of Zeal(AKH)》《戦場のゴミあさり/Battlefield Scavenger(AKH)》
Gerard Fabiano《野望の試練/Trial of Ambition(AKH)》《突風撃/Galestrike(AKH)》《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》
Jacob Wilson《木端+微塵/Cut+Ribbons(AKH)》《呪われたミノタウルス/Cursed Minotaur(AKH)》《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》
Jason Chung《ドレイクの安息地/Drake Haven(AKH)》《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty(AKH)》《冷酷な侍臣/Pitiless Vizier(AKH)》
Jelger Wiegersma《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》《主張/Lay Claim(AKH)》《知識のカルトーシュ/Cartouche of Knowledge(AKH)》
Joel Larsson《結束の試練/Trial of Solidarity(AKH)》《威厳あるカラカル/Regal Caracal(AKH)》《焼けつく双陽/Sweltering Suns(AKH)》
John Wasson《象形の守り手/Glyph Keeper(AKH)》《気性の荒いクーズー/Ornery Kudu(AKH)》《釣りドレイク/Angler Drake(AKH)》
Josh McClain《ネフ一門の鉄球戦士/Nef-Crop Entangler(AKH)》《ネフ一門の鉄球戦士/Nef-Crop Entangler(AKH)》《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》
藤村 和晃《木端+微塵/Cut+Ribbons(AKH)》《不帰+回帰/Never+Return(AKH)》《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》
カマタ カズヒロ回答なし回答なし回答なし
行弘 賢《最後の報賞/Final Reward(AKH)》《枯死コウモリ/Blighted Bat(AKH)》《道拓きの修練者/Pathmaker Initiate(AKH)》
山本 賢太郎《疫病吹き/Plague Belcher(AKH)》《最後の報賞/Final Reward(AKH)》《凶暴な力/Brute Strength(AKH)》
Magnus Lantto《同期した一撃/Synchronized Strike(AKH)》《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow(AKH)》《補給の隊商/Supply Caravan(AKH)》
Marc Tobiasch《横断地のクロコダイル/Crocodile of the Crossing(AKH)》《オケチラの碑/Oketra's Monument(AKH)》《飛びかかるチーター/Pouncing Cheetah(AKH)》
Matti Kuisma《嘲笑+負傷/Insult+Injury(AKH)》《採石場の運び屋/Quarry Hauler(AKH)》《活力の模範/Exemplar of Strength(AKH)》
Michael Majors《強制的永眠/Compulsory Rest(AKH)》《信念の決闘者/Trueheart Duelist(AKH)》《知識のカルトーシュ/Cartouche of Knowledge(AKH)》
Mu Huaiyuan《疫病吹き/Plague Belcher(AKH)》《賞罰の天使/Angel of Sanctions(AKH)》《徹頭+徹尾/Start+Finish(AKH)》
Oliver Oks《活力のカルトーシュ/Cartouche of Strength(AKH)》《活力のカルトーシュ/Cartouche of Strength(AKH)》《燃えさし角のミノタウルス/Emberhorn Minotaur(AKH)》
Owen Turtenwald《木端+微塵/Cut+Ribbons(AKH)》《呪われたミノタウルス/Cursed Minotaur(AKH)》《威厳あるカラカル/Regal Caracal(AKH)》
Panagiotis Papadopoulos《不帰+回帰/Never+Return(AKH)》《ター一門の精鋭/Tah-Crop Elite(AKH)》《ホネツツキ/Bone Picker(AKH)》
Patrick Dickmann《リリアナの支配/Liliana's Mastery(AKH)》《断固たる修練者/Unwavering Initiate(AKH)》《不帰+回帰/Never+Return(AKH)》
Pedro Carvalho《リリアナの支配/Liliana's Mastery(AKH)》《マグマのしぶき/Magma Spray(AKH)》《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition(AKH)》
Pierre Dagen《呪われた者の王/Lord of the Accursed(AKH)》《呪われた者の王/Lord of the Accursed(AKH)》《信念の決闘者/Trueheart Duelist(AKH)》
Raymond Perez《横断地のクロコダイル/Crocodile of the Crossing(AKH)》《鱗ビヒモス/Scaled Behemoth(AKH)》《秘法の管理者/Curator of Mysteries(AKH)》
Robert Lombardi《焼けつく双陽/Sweltering Suns(AKH)》《食餌+給餌/Mouth+Feed(AKH)》《うろつく蛇豹/Prowling Serpopard(AKH)》
Samuel Pardee《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》《燃えさし角のミノタウルス/Emberhorn Minotaur(AKH)》《血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler(AKH)》
Scott Lipp《無情な狙撃手/Ruthless Sniper(AKH)》《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition(AKH)》《砂の撹拌/Stir the Sands(AKH)》
Seth Manfield《オケチラの碑/Oketra's Monument(AKH)》《呪われた者の王/Lord of the Accursed(AKH)》《権威の殿堂/Edifice of Authority(AKH)》
八十岡 翔太《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces(AKH)》《華麗な苦悶/Splendid Agony(AKH)》《最後の報賞/Final Reward(AKH)》
Timothy Cheng《燃えさし角のミノタウルス/Emberhorn Minotaur(AKH)》《野望の試練/Trial of Ambition(AKH)》《断固たる修練者/Unwavering Initiate(AKH)》
Travis Woo《賞罰の天使/Angel of Sanctions(AKH)》《突風歩き/Gust Walker(AKH)》《突風歩き/Gust Walker(AKH)》
Viktors Kazanskis《象形の守り手/Glyph Keeper(AKH)》《釣りドレイク/Angler Drake(AKH)》《本質の散乱/Essence Scatter(AKH)》
William Postlethwait《排斥/Cast Out(AKH)》《扇持ち/Fan Bearer(AKH)》《オケチラの従者/Oketra's Attendant(AKH)》
Yusuf Kemal Vefa《試練に臨むギデオン/Gideon of the Trials(AKH)》《猶予の侍臣/Vizier of Deferment(AKH)》《突風歩き/Gust Walker(AKH)》
渡辺 雄也《不帰+回帰/Never+Return(AKH)》《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified(AKH)》《断固たる修練者/Unwavering Initiate(AKH)》
Zachary Plott《野望の試練/Trial of Ambition(AKH)》《生類の侍臣/Vizier of the Menagerie(AKH)》《無慈悲な投槍手/Merciless Javelineer(AKH)》

色の組み合わせごとの模範的なデッキは?

 各アーキタイプを組む際の参考に、全勝デッキリストから各2色の組み合わせのものを抜粋して掲載する。最も人気を集めた「黒赤」から始め、人気順に並べていく。

山本 賢太郎 - 「黒赤」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《山》
8 《沼》

-土地(16)-

1 《戦場のゴミあさり》
1 《悪運尽きた造反者》
1 《過酷な指導者》
1 《枯死コウモリ》
1 《ミノタウルスの名射手》
1 《疫病吹き》
1 《オナガトカゲ》
1 《不毛地の蠍》
2 《燃えさし角のミノタウルス》
1 《不気味な徘徊者》
2 《打擲場のマンティコア》
1 《信念の双子》

-クリーチャー(14)-
1 《嘲笑+負傷》
1 《超常的耐久力》
2 《凶暴な力》
1 《投げ飛ばし》
1 《野望の試練》
2 《華麗な苦悶》
1 《野望のカルトーシュ》
1 《最後の報賞》

-呪文(10)-
Brad Nelson - 「赤白」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
9 《山》
7 《平地》

-土地(16)-

2 《扇持ち》
1 《血に飢えた振起者》
4 《ネフ一門の鉄球戦士》
2 《名誉ある門長》
2 《アン一門の壊し屋》
2 《オナガトカゲ》
3 《燃えさし角のミノタウルス》
1 《打擲場のマンティコア》
1 《信念の双子》

-クリーチャー(18)-
1 《結束のカルトーシュ》
1 《研ぎ澄まされたコペシュ》
1 《マグマのしぶき》
1 《絶妙なタイミング》
2 《結束の限界》

-呪文(6)-
Pierre Dagen - 「白黒」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《沼》
7 《平地》
1 《進化する未開地》

-土地(16)-

2 《ただれたミイラ》
1 《戦慄の放浪者》
2 《信念の決闘者》
1 《選定の司祭》
1 《瘴気ミイラ》
1 《むら気な召使い》
3 《枯死コウモリ》
2 《呪われた者の王》
1 《断固たる修練者》

-クリーチャー(14)-
1 《不帰+回帰》
3 《研ぎ澄まされたコペシュ》
1 《超常的耐久力》
1 《力強い跳躍》
1 《侵入者への呪い》
2 《野望のカルトーシュ》
1 《痛ましい教訓》

-呪文(10)-
Christian Calcano - 「白青」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《平地》
7 《島》

-土地(15)-

6 《這い寄る刃》
3 《聖なる猫》
1 《扇持ち》
1 《束縛のミイラ》
1 《栄光半ばの修練者》
1 《突風歩き》
1 《療治の侍臣》
1 《死者の番人》
1 《断固たる修練者》
1 《ター一門の精鋭》

-クリーチャー(17)-
3 《オケチラの名のもとに》
1 《知識のカルトーシュ》
1 《力強い跳躍》
1 《叱責の風》
1 《ロナスの碑》
1 《排斥》

-呪文(8)-
Evart Moughon - 「黒緑」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《森》
8 《沼》
1 《絡みつく砂丘》

-土地(17)-

2 《ナーガの生気論者》
1 《悪運尽きた造反者》
1 《活力の模範》
1 《修練者の相棒》
1 《瘴気ミイラ》
3 《呪われたミノタウルス》
1 《悪意のアムムト》
1 《枯死コウモリ》
1 《呪われた者の王》
1 《採石場の運び屋》
1 《潰滅甲虫》
1 《シェフェトのオオトカゲ》

-クリーチャー(15)-
1 《天導+先導》
1 《弱さからの脱皮》
1 《オケチラの碑》
1 《蜘蛛の掌握》
1 《華麗な苦悶》
1 《荷降ろし》
1 《最後の報賞》
1 《リリアナの支配》

-呪文(8)-
Raymond Perez - 「緑青」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《森》
8 《島》

-土地(16)-

2 《ナーガの生気論者》
2 《洞察の探求者》
1 《ヘクマの歩哨》
1 《頭巾の喧嘩屋》
1 《砂時計の侍臣》
1 《横断地のクロコダイル》
1 《秘法の管理者》
1 《大蜘蛛》
1 《巨大百足》
1 《川蛇》
1 《鱗ビヒモス》

-クリーチャー(13)-
2 《検閲》
1 《造反者の解放》
1 《本質の散乱》
2 《錯覚の覆い》
1 《ドレイクの安息地》
1 《突風撃》
1 《ルクサの恵み》
1 《ヒエログリフの輝き》
1 《サンドワームの収斂》

-呪文(11)-
Derek Pite - 「赤緑」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《森》
8 《山》

-土地(16)-

2 《活力の模範》
2 《ネフ一門の鉄球戦士》
1 《修練者の相棒》
2 《ミノタウルスの名射手》
1 《アン一門の壊し屋》
1 《頭巾の喧嘩屋》
1 《気性の荒いクーズー》
1 《横断地のクロコダイル》
1 《燃えさし角のミノタウルス》
1 《砂漠セロドン》
1 《名誉あるハイドラ》
1 《大いなるサンドワーム》

-クリーチャー(15)-
1 《驚天+動地》
1 《激情のカルトーシュ》
1 《研ぎ澄まされたコペシュ》
1 《造反者の解放》
1 《ロナスの施し》
1 《蜘蛛の掌握》
1 《同期した一撃》
1 《激情の試練》
1 《結束の限界》

-呪文(9)-
Marc Tobiasch - 「緑白」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
9 《平地》
7 《森》

-土地(16)-

2 《突風歩き》
1 《苦刃の戦士》
1 《活力の模範》
1 《エイヴンの思考検閲者》
1 《気性の荒いクーズー》
1 《飛びかかるチーター》
2 《横断地のクロコダイル》
2 《演習ミイラ》
1 《採石場の運び屋》
1 《威厳あるカラカル》
1 《大いなるサンドワーム》

-クリーチャー(14)-
2 《デジェルの決意》
1 《結束のカルトーシュ》
1 《研ぎ澄まされたコペシュ》
1 《強制的永眠》
1 《絶妙なタイミング》
1 《試練に臨むギデオン》
1 《ロナスの碑》
1 《蜘蛛の掌握》
1 《活力の試練》

-呪文(10)-
八十岡 翔太 - 「青黒」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
8 《島》
5 《沼》
2 《泥濘の峡谷》
1 《異臭の池》

-土地(16)-

2 《影嵐の侍臣》
1 《洞察の探求者》
2 《砂時計の侍臣》
1 《悪意のアムムト》
1 《呪われたミノタウルス》
1 《不毛地の蠍》
1 《ホネツツキ》
1 《冷酷な侍臣》
1 《多面相の侍臣》
1 《微光鱗のドレイク》
2 《川蛇》

-クリーチャー(14)-
1 《超常的耐久力》
1 《本質の散乱》
2 《野望のカルトーシュ》
2 《華麗な苦悶》
1 《信者の確信》
1 《死後の放浪》
1 《知識の試練》
1 《最後の報賞》

-呪文(10)-
Viktors Kazanskis - 「青赤」
プロツアー『アモンケット』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『アモンケット』ブースタードラフト (2017年5月12日)
10 《島》
7 《山》

-土地(17)-

1 《洞察の探求者》
1 《ター一門の散兵》
1 《周到の書記官》
1 《オナガトカゲ》
3 《戦炎の投槍手》
1 《象形の守り手》
1 《釣りドレイク》
1 《砂漠セロドン》
2 《謎めいた海蛇》

-クリーチャー(12)-
1 《マグマのしぶき》
2 《本質の散乱》
2 《叱責の風》
1 《知識のカルトーシュ》
1 《錯覚の覆い》
1 《焼けつく双陽》
2 《ヒエログリフの輝き》
1 《感電》

-呪文(11)-

 これらの情報が環境理解への一助となれば幸いだ。次の『アモンケット』ドラフトのイベントで全勝するのは、これを読んだ君かもしれない!

前の記事: 【英語記事】 Teeming with Hope | 次の記事: 【英語記事】 Family Fans
プロツアー『アモンケット』 一覧に戻る