マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:渡辺 雄也(日本) vs. Martin Müller(デンマーク)

【観戦記事】 準決勝:渡辺 雄也(日本) vs. Martin Müller(デンマーク)

hosler.jpg

Corbin Hosler / Tr. Tetsuya Yabuki

2017年5月14日

原文はこちら

渡辺 雄也(世界ランキング22位/ティムール「霊気池」) vs.マーティン・ミュラー/Martin Müller(ティムール「霊気池」)

 メタゲームで優位に立ってきたふたり。プロツアー・トップ8入賞複数回を誇るふたり。「チーム・シリーズ」で競い合う上位2チームの稼ぎ頭がふたり。

 プロツアー『アモンケット』決勝の舞台へ進めるのは、どちらかひとり。殿堂顕彰者の渡辺 雄也か、ワールド・マジック・カップ王者のマーティン・ミュラーか。土付かずの3連勝で準々決勝を勝ち上がってきた両者が、準決勝で相対する。

それぞれのデッキ

 デッキの分類上は同系戦ということになるが、ここで戦う両者のデッキは色と一部のキーカード以外大きく異なっている。両者とも「ティムール『霊気池』」を使用し、そのデッキ名に冠される《霊気池の驚異》はもちろん、《つむじ風の巨匠》や《絶え間ない飢餓、ウラモグ》などは共通しているものの、それ以外の部分にそれぞれ独自のカード選択が見受けられ、まったく異なるデッキであるような感想を抱かせる。

 ミュラーのデッキでひときわ目を引くのは、《炎呼び、チャンドラ》の採用だろう。このカードはいくつもの役割を持っている。「ゾンビ」デッキ相手には盤面を一掃する[-X]能力が最も重要になり(事実、準々決勝での勝利はこのカードが決め手となった)、より遅いデッキや同系相手にも[+1]能力でフィニッシャーを務められる。弱い手札を入れ替えることもできるし、《霊気池の驚異》で引き当てても嬉しい1枚だ。

 一方、それと比較すれば渡辺のメインデッキは「ゾンビ」対策の点でわずかに劣るが(それでも彼は、準々決勝でゾンビの群れを薙ぎ払っている)、《天才の片鱗》や《奔流の機械巨人》を採用したことで「最速ウラモグ」の他に信頼の置ける「バックアップ・プラン」を持つことができている。「霊気池・ウラモグ」という意味では同系戦となるが、両者とも異なる攻め手を見せてくれるのは間違いない。

PTAKH-20170514-2267.jpg
プロツアー『アモンケット』王者のタイトルを懸けた戦いへ挑めるのは、どちらか片方だけだ。

ゲーム展開

 両者のデッキに見受けられる差異は、ふたつのゲーム展開を生み出した。ひとつは、片方が《霊気池の驚異》から《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を決める展開。そしてもうひとつは、消耗戦のすえに繰り広げられる《霊気池の驚異》以外の戦いだ。

 第1ゲームはその前者だった。青マナの捻出に苦しむ渡辺を尻目に、ミュラーは《検閲》の恐れもなく4ターン目に《霊気池の驚異》を設置することに成功する。1回目の起動は《つむじ風の巨匠》に留まったが、それでも盤面の有利を握ることができた。

 渡辺も《霊気池の驚異》を設置して反撃に出たが、彼のもとにも《絶え間ない飢餓、ウラモグ》は現れず、《天才の片鱗》を唱えるのみだった――これも悪くないが、ミュラーの《霊気池の驚異》がタップ状態の隙に欲しい大当たりとはならなかった。

 そしてミュラーが再び《霊気池の驚異》を起動すると《炎呼び、チャンドラ》が着地し、彼は手札を捨てて一新した。そこで1回目の《霊気池の驚異》が外れた理由が明らかになる。ミュラーが手札に抱えていた《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を2枚捨てると、渡辺は小さく笑いを漏らした。ミュラーがターンを渡し、ダンスは続く。ツーステップを踊るようにぴったりとミュラーの後を追いかけて《霊気池の驚異》を起動した渡辺は、ここで《絶え間ない飢餓、ウラモグ》以外のベスト・カードである《奔流の機械巨人》を引き当てた。《天才の片鱗》を再利用した渡辺は、ミュラーが《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を繰り出せないことに賭けて、自身の次のターンへの準備に全力を尽くした。

PTAKH-20170514-2314.jpg
ミュラーの手札から《絶え間ない飢餓、ウラモグ》が2枚墓地へ送られたのを見て笑顔を見せる渡辺。

 渡辺の賭けは成就した。ミュラーは《炎呼び、チャンドラ》でトークンを生み出し、攻撃後エネルギー・カウンター5個でターンを返した。渡辺の方はさらなる《天才の片鱗》でエネルギーの供給は止まらず、《霊気池の驚異》の起動に成功した。そしてついに姿を現す《絶え間ない飢餓、ウラモグ》。ミュラーの《炎呼び、チャンドラ》と《霊気池の驚異》は追放された。

 2枚目の《炎呼び、チャンドラ》を着地させて渡辺のライフを残り12点まで減らしたミュラーだが、《絶え間ない飢餓、ウラモグ》がミュラーを倒すより速くゲームを終わらせることは叶わなかった。

 第1ゲームと異なり、第2ゲームはゆっくりと進行していった。だがやがて勝負どころを迎えると、今大会の決勝ラウンドで最も熱い一進一退の戦いが繰り広げられた。

 両者とも大量のエネルギーを貯めていった。ミュラーが《ならず者の精製屋》を繰り出すと、これで13対10というエネルギー・カウンターの数とは思えない数字の戦いで彼がリードした。しかしもちろん、エネルギーは使用しなければ意味がない。その点でリードしたのは渡辺の方であり、《奔流の機械巨人》を引き込んだ彼は《天才の片鱗》で《霊気池の驚異》を手に入れ、起動までこぎつけた。

 これで《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を引き当てた渡辺は、1度の攻撃でミュラーの残りライブラリーの半分を追放した。決着が迫る中、追い詰められたミュラーはカードをドローする。ここでミュラーのデッキは彼に応え、《霊気池の驚異》をもたらした。渡辺も対応して《霊気池の驚異》を起動するが、《ならず者の精製屋》を出すのみだった。そしてミュラーが満を持して《霊気池の驚異》を起動すると、観衆の間からチームメイトたちの大歓声が聞こえた――引き当てた《絶え間ない飢餓、ウラモグ》が、渡辺の《絶え間ない飢餓、ウラモグ》と《霊気池の驚異》を追放したのだ。

PTAKH-20170514-2308.jpg
渡辺のウラモグを吹き飛ばし、逆転を狙うマーティン・ミュラー

 これでゲームはひっくり返った――だがさらなる逆転が起きた。渡辺は心を乱さず、静かに土地から10マナを生み出すと、2枚目の《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を唱えた。ミュラーの側に傾いた天秤は渡辺の側へ再び戻り、これで決着となった。

 劇的な結末を迎えた第2ゲームの熱は、続く第3ゲームにも伝播した。両者は互いにKOパンチを交換したボクサーのように次のゲームへ向かう。今回は完璧なスタートとはならなかった渡辺は《検閲》でミュラーの《ならず者の精製屋》を捕らえたが、自身の《不屈の追跡者》も《蓄霊稲妻》に撃たれた。

 打ち消しの恐れなく呪文を唱えられるチャンスを得たミュラーだが、彼の手札には《霊気池の驚異》がなく、《織木師の組細工》を設置するに留まった。今度は渡辺の側が《霊気池の驚異》を設置するチャンスを得るが、こちらも《霊気池の驚異》は引き込めず、そのままターンを渡す。《霊気池の驚異》がないままエネルギー・カウンターが13個に達したミュラーだが、ここで彼は《つむじ風の巨匠》を引き込んだ。飛行機械の群れで攻めれば勝ち手段となり得る脅威だ。

 渡辺は《光輝の炎》でこれに対処し、飛行機械を生み出す前に《つむじ風の巨匠》を除去した。続けて《霊気池の驚異》を引き込んだ渡辺だが、起動できるだけのエネルギーがないため安全な道を選び、《ならず者の精製屋》を繰り出してエネルギーを増やした。ミュラーはその後も有効牌を引けず、その2ターン後、渡辺はついに《霊気池の驚異》をプレイする準備が整った。

 ここでミュラーはサイド後に投入したキー・カード、《刻み角》をプレイした。これで渡辺の《霊気池の驚異》は1度しか起動できないことになる。

 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》の姿は、なし。しかし《奔流の機械巨人》で《天才の片鱗》を再利用する動きは十分に強力だ。その上、このドローで続くミュラーの《霊気池の驚異》に対処できる《否認》を手に入れることができた。渡辺は《奔流の機械巨人》と《ならず者の精製屋》、《伐採地の滝》による攻撃を続ける。

 ミュラーは再び、ライブラリー・トップから逆転の一手を引き込む必要に迫られた。しかし今度は、その願いは届かなかった。「ウラモグ・コンボ・デッキ」ともうたわれる「霊気池」デッキだが、ついにそのエルドラージを唱えることなく決勝進出を決めたのだった。

渡辺 雄也がマーティン・ミュラーを3連勝で下し、決勝へ!
渡辺 雄也 - 「ティムール・霊気池の驚異」
プロツアー『アモンケット』 / スタンダード (2017年5月12~14日)
5 《森》
1 《島》
1 《山》
4 《植物の聖域》
2 《伐採地の滝》
4 《尖塔断の運河》
4 《霊気拠点》
1 《見捨てられた神々の神殿》

-土地(22)-

4 《ならず者の精製屋》
2 《つむじ風の巨匠》
1 《奔流の機械巨人》
3 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》

-クリーチャー(10)-
4 《霊気との調和》
4 《蓄霊稲妻》
4 《織木師の組細工》
3 《検閲》
3 《造反者の解放》
1 《否認》
1 《コジレックの帰還》
4 《天才の片鱗》
4 《霊気池の驚異》

-呪文(28)-
2 《守られた霊気泥棒》
4 《不屈の追跡者》
3 《逆毛ハイドラ》
1 《払拭》
3 《否認》
2 《光輝の炎》

-サイドボード(15)-
Martin Müller - 「ティムール・霊気池の驚異」
プロツアー『アモンケット』 / スタンダード (2017年5月12~14日)
6 《森》
1 《島》
2 《山》
1 《植物の聖域》
2 《伐採地の滝》
2 《獲物道》
1 《隠れた茂み》
4 《尖塔断の運河》
4 《霊気拠点》

-土地(23)-

4 《導路の召使い》
4 《ならず者の精製屋》
4 《つむじ風の巨匠》
3 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》

-クリーチャー(15)-
4 《霊気との調和》
4 《蓄霊稲妻》
4 《織木師の組細工》
2 《霊気溶融》
4 《霊気池の驚異》
4 《炎呼び、チャンドラ》

-呪文(22)-
4 《不屈の追跡者》
2 《刻み角》
2 《終止符のスフィンクス》
3 《否認》
2 《焼けつく双陽》
2 《慮外な押収》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:行弘 賢(日本) vs. Eric Froehlich(アメリカ) | 次の記事: 【観戦記事】 準決勝:行弘 賢(日本) vs. Gerry Thompson(アメリカ)
プロツアー『アモンケット』 一覧に戻る