マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 決勝:渡辺 雄也(日本) vs. Gerry Thompson(アメリカ)

【観戦記事】 決勝:渡辺 雄也(日本) vs. Gerry Thompson(アメリカ)

hosler.jpg

Corbin Hosler / Tr. Tetsuya Yabuki

2017年5月14日

原文はこちら

渡辺 雄也(世界ランキング22位/ティムール「霊気池」) vs. ジェリー・トンプソン/Gerry Thompson(黒単ゾンビ)

 プロツアー『アモンケット』決勝、戦いの終着点。ここにたどり着いたのはひとりの殿堂顕彰者と、長年にわたって戦い続け記事を作成し続け、自身2度目のプロツアー・トップ8入賞を果たしたひとりの偉大なプレイヤー。現在世界ランキング22位の渡辺 雄也は、昨年殿堂顕彰を受けてなお、さらなる高みへ登り続けている。対するジェリー・トンプソンはここしばらく最高レベルの舞台で見かけなかったが、再びの大躍進を遂げてこの場に至った。類まれなプレイ技術で圧倒的支持を受ける両者による決勝を見届けるべく、観戦ブースには友人たちやファンが詰めかけている。

 優勝トロフィーをその手にできるのは、どちらかひとりだけ。果たしてトロフィーは、準々決勝でマルク・トビアシュ/Marc Tobiaschの「ティムール『霊気池』」との戦いを制し、準決勝では行弘 賢の「黒緑エネルギー」を下したトンプソンのものになるか? それとも準々決勝でクリス・フェネル/Chris Fennellの「黒白ゾンビ」を倒し、準決勝ではマーティン・ミュラー/Martin Müllerとの同系戦を制した渡辺のものになるのか?

それぞれのデッキ

 決勝で相見えるのは、今大会で大きな活躍を見せたふたつのデッキだった。トンプソンの操る「黒単ゾンビ」は、『イニストラードを覆う影』ブロックのカードに『アモンケット』の新戦力が加わった結果完成した。アグレッシブな部族デッキでありながら、《墓所破り》のドロー能力や何度も戦場に戻る《戦慄の放浪者》や《無情な死者》といったカードのおかげで、長期戦も戦えるものに仕上がっている。このデッキは新環境が始まった直後は「変わり種」のひとつに過ぎなかったが、今大会では第3の勢力を築くまでに至り、トップ8にも(白黒を含め)3人のプレイヤーを輩出している。

 渡辺は、決勝ラウンド進出デッキとして最も成功した「ティムール『霊気池』」を使用している。決勝ラウンドに進出した4つの「ティムール『霊気池』」は、構成されている色や全体のゲームプランは共通しているものの、それぞれに大きな違いが見受けられた。渡辺の場合、《炎呼び、チャンドラ》のようなカードを採用して重厚感を増すよりも、《検閲》や《天才の片鱗》、《奔流の機械巨人》といったカードを採用してよりコントロール寄りの戦略を組み込むことに成功した。その結果、彼のデッキは4ターン目《霊気池の驚異》からの《絶え間ない飢餓、ウラモグ》という動きを残しながら、それができない場合も信頼できるバックアップ・プランをとることが可能になった。

ゲーム展開

 マリガンを喫した渡辺は、続く6枚の手札にもリスキーな判断を求められた。《霊気との調和》に《蓄霊稲妻》2枚、ただし唯一の土地が《尖塔断の運河》の場合、キープだろうか? それともダブル・マリガンか? 渡辺はどの土地でも引き込めればトンプソンの攻撃的なスタートに対応できると判断し、キープを選択した。しかし不運にも、トンプソンが攻撃的なスタートを実現したのに対し、渡辺は2枚目の土地を引き込めなかった。第1ゲームはまたたく間に決着した。

wotc1702-8.jpg
渡辺のリスクを受け入れた判断は実らなかった。

 第2ゲームでは1ターン目の《霊気との調和》が渡辺にエネルギーと土地をもたらし、土地不足に悩むことはなかった。対するトンプソンは《戦慄の放浪者》と《金属ミミック》を展開し、序盤から攻め手を打つ。

 渡辺はトンプソンの攻勢にブレーキをかけるべく、《ならず者の精製屋》を展開。しかしそれは《闇の救済》を受け、渡辺の残りライフは14点へ落ち込み、3ターン目にして7点もの高打点を相手にすることになった。エネルギー・カウンター7個の状態で《つむじ風の巨匠》を繰り出したのは悪くないが、トンプソンの盤面に《呪われた者の王》が加わると彼の軍勢はその恐ろしさをさらに増し、1/1の飛行機械では到底防ぎ切れるものではなくなった。一気にパワー10点分もの攻撃が宣言され、渡辺に襲いかかる。

PTAKH-20170514-2433.jpg
渡辺がこの状況に対する解答を持っているのかどうか見極めるジェリー・トンプソン。

 渡辺はエネルギーを消費して飛行機械・トークンを2体生成した。それらと《つむじ風の巨匠》自身もブロックに向かわせ、《金属ミミック》と《戦慄の放浪者》を相討ちに取る。通常であれば望ましいプレイではないが、何より大事なのはライフを守ることだ。しかし《ならず者の精製屋》と《織木師の組細工》で次の攻撃もしのいだ渡辺だったが、残りライフは6点と追い詰められ、対戦相手の盤面には16点分のパワーがあった。

 渡辺は《霊気池の驚異》に身を託し、能力を起動した。そして解答が見つからないことを確認すると静かにカードを片付け、高速の第2ゲームは幕を閉じた。

 トンプソンは第3ゲームでも《戦慄の放浪者》からの理想的なスタートを切った。続くターンには《精神背信》を放ち、渡辺の手札から《ならず者の精製屋》を追放した。

 しかし今回は、トンプソンがマナに問題を抱えることになった。しばらく土地が2枚で止まり、その間に渡辺は《天才の片鱗》で《霊気池の驚異》を引き込み、設置して起動する。6枚の中には《絶え間ない飢餓、ウラモグ》の姿があり、トンプソンの2枚の土地は追放された。トンプソンが笑みを浮かべて軽く握手を求めると、戦いは第4ゲームへ移った。

 第4ゲームでも、トンプソンはまたもや1ターン目《戦慄の放浪者》から展開を始め、そこへ《金属ミミック》を続かせた。再び3枚目の土地を置けなかったトンプソンだが、《墓所破り》を含む3体のゾンビをタップしてドローを進める。しかしそれも土地ではなく、彼はそのままターンを返すことになった。

 最初の2ターンを待ちに徹していた渡辺だが、ここで《光輝の炎》を放ち盤面を一掃した。このマッチアップで非常に効果的な動きだ。しかしトンプソンは土地が詰まっているにも関わらず、すぐさま2枚目の《戦慄の放浪者》と《墓所破り》で再展開に成功した。渡辺は迎えたターンをそのまま返し、トンプソンの攻撃を《守られた霊気泥棒》で防いだ。

PTAKH-20170514-2488.jpg
サイドボード後に変わるデッキ相性について思案する渡辺。

 トンプソンはついに3枚目の土地を手に入れ、《呪われた者の王》を戦線に加えるとターンを返し、渡辺のターン終了時に《墓所破り》でドローを進めるべく構える。渡辺はその隙に《天才の片鱗》を唱え、ターンを迎える準備を行った。渡辺の手札から《霊気池の驚異》は現れなかったが、《ならず者の精製屋》が防衛線を固めた。《呪われた者の王》にも《蓄霊稲妻》を撃ち込んだが、トンプソンはすぐに2枚目を展開した。

 渡辺は全体除去を意識させて《ならず者の精製屋》で攻撃し、トンプソンの相討ちを誘った。ターンを迎えたトンプソンは落ち着いて《精神背信》を渡辺へ差し向ける。渡辺は《奔流の機械巨人》を繰り出し、《蓄霊稲妻》で再度《呪われた者の王》を除去した。

 的確な除去の連打にフラストレーションを感じていたとしても、トンプソンはそれを一切にじませなかった。彼は7/7の《戦墓の巨人》を着地させ、「盤面で最も大きなクリーチャー」の所有権争いで渡辺を上回った。

 渡辺の手札には土地と《守られた霊気泥棒》しかなく、トンプソンが2枚目の《戦墓の巨人》を戦線に加えるのを見ていることしかできなかった。1体目の《戦墓の巨人》の能力によってゾンビ・トークンが増え、トンプソンのゾンビは合わせて5体になった。《戦墓の巨人》による強打に対して、渡辺は《伐採地の滝》も起動し3体のクリーチャーでブロックする。トンプソンはそこへ《闇の掌握》を撃ち込み、渡辺の土地と《奔流の機械巨人》を吹き飛ばした。

 《織木師の組細工》が多少の時間を稼いだが、群れを成して襲い来る不死の軍勢に対しては焼け石に水だった。さらに《無情な死者》が加わるとトンプソンの軍勢は全体除去への耐性も持ち、7/7の《戦墓の巨人》2体が攻撃に向かった。《守られた霊気泥棒》2体でブロックしつつその能力でカードを2枚引いた渡辺は、ついに《霊気池の驚異》を引き込み、迎えたターンにそれを設置した。しかし30点ものパワーを持つ軍勢に加え《ウェストヴェイルの修道院》が「変身」する可能性まである状況を打破するには、多くの解答が必要だった。

 トンプソンにアンタップを迎えさせては危険だと判断した渡辺は、恐らくこれで最後になるであろう《霊気池の驚異》を起動した。6枚のカードを手に取ると、選択肢を吟味する。公開されたのが《蓄霊稲妻》であることを確認したトンプソンは、小さく息を吐いた。《呪われた者の王》が戦場に降り立ち、トンプソンは全軍を横向きに倒して攻撃を宣言する。《守られた霊気泥棒》による最後のドローを確認した渡辺は、右手を伸ばした。プロツアー『アモンケット』王者、ジェリー・トンプソンを称えて。

PTAKH-20170514-2614.jpg
ジェリー・トンプソンが渡辺 雄也を3勝1敗で下し、「蓋世の英雄」たるプロツアー『アモンケット』王者のタイトルを獲得!
Gerry Thompson - 「黒単ゾンビ」
プロツアー『アモンケット』 優勝 / スタンダード (2017年5月12~14日)
22 《沼》
2 《ウェストヴェイルの修道院》

-土地(24)-

4 《墓所破り》
4 《戦慄の放浪者》
4 《金属ミミック》
4 《無情な死者》
4 《戦墓の巨人》
4 《呪われた者の王》

-クリーチャー(24)-
2 《致命的な一押し》
3 《闇の掌握》
3 《リリアナの支配》
4 《闇の救済》

-呪文(12)-
3 《屑鉄場のたかり屋》
2 《豪華の王、ゴンティ》
2 《精神背信》
1 《闇の掌握》
2 《失われた遺産》
2 《霊気圏の収集艇》
3 《最後の望み、リリアナ》

-サイドボード(15)-
渡辺 雄也 - 「ティムール・霊気池の驚異」
プロツアー『アモンケット』 準優勝 / スタンダード (2017年5月12~14日)
5 《森》
1 《島》
1 《山》
4 《植物の聖域》
2 《伐採地の滝》
4 《尖塔断の運河》
4 《霊気拠点》
1 《見捨てられた神々の神殿》

-土地(22)-

4 《ならず者の精製屋》
2 《つむじ風の巨匠》
1 《奔流の機械巨人》
3 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》

-クリーチャー(10)-
4 《霊気との調和》
4 《蓄霊稲妻》
4 《織木師の組細工》
3 《検閲》
3 《造反者の解放》
1 《否認》
1 《コジレックの帰還》
4 《天才の片鱗》
4 《霊気池の驚異》

-呪文(28)-
2 《守られた霊気泥棒》
4 《不屈の追跡者》
3 《逆毛ハイドラ》
1 《払拭》
3 《否認》
2 《光輝の炎》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:行弘 賢(日本) vs. Gerry Thompson(アメリカ) | 次の記事: 【英語記事】 Top Stories of Pro Tour Amonkhet
プロツアー『アモンケット』 一覧に戻る