マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(翻訳記事)第4回戦「金色を目指せ」Melissa DeTora (アメリカ) vs. Florian Pils (ドイツ)

(翻訳記事)第4回戦「金色を目指せ」Melissa DeTora (アメリカ) vs. Florian Pils (ドイツ)

Steve Sadin / Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru

原文はこちら

Melissa DeTora (ウルフ&エンジェル) vs. Florian Pils (ウルフ)

 ベテランのプロ・プレイヤーにして3度のグランプリ・トップ8入賞者であるフロリアン・ピルスは、今週末に分岐点を迎えている。このイベントの開始前のプロ・ポイントは16点で、2012-2013年シーズンのプロツアーへの招待を確定させるプロ・プレイヤーズ・クラブのゴールド・レベルになるには25位以上の成績が必要なのだ。

 彼の対戦相手であるグランプリ・サンティアゴのトップ8入賞者、メリッサ・デトラの目の前の道はさらに険しい。デトラのプロ・ポイントはイベント開始前で14点。ゴールド・レベルに入るには16位入賞が必要となっている。


メリッサ・デトラとプロリアン・ピルスはプロツアー・プレイヤーズ・クラブで
ゴールド・レベルを得るために今イベントでの上位入賞が必要だ。

 ピルスとデトラはもちろんその実力を見せ、3-0の好調な滑り出しによって重い課題のいくらかはすでにクリアーできている。

ゲーム1

 メリッサ・デトラは《アヴァブルックの町長》《教区の勇者》《高原の狩りの達人》とマッチを始めたが、フロリアン・ピルスの《火柱》《硫黄の流弾》《高原の狩りの達人》が状況を確定させた。


両プレイヤーが《高原の狩りの達人》を使っていたが、除去呪文の差で差が付いた。

 この時点で、デトラは頼りになる呪文がなく、ピルスの《ウルフィーの銀心》が彼女を追い詰めた。

メリッサ・デトラ 0-1 フロリアン・ピルス

ゲーム2

 ピルスは第2ゲームの開始にあたってマリガンしたが、《アヴァシンの巡礼者》《国境地帯のレインジャー》《高原の狩りの達人》を出したのを見ても彼の手札は充分なようだった。デトラは《待ち伏せのバイパー》と《高原の狩りの達人》で防御に入ったが、X=2で唱えられた《忌むべき者のかがり火》が彼女の陣営を一掃する。

 ピルスはデトラの《高原の狩りの達人》を2体片付けたが、それに続く《ウルフィーの銀心》への対処はできなかった。


《忌むべき者のかがり火》で軍勢を失い、狼の力に頼るデトラ

 しかし、その巨大な《ウルフィーの銀心》でさえデトラの陣営を安定化させるには足りなかった。ピルスの《霊炎》と《ケッシグの狼の地》がデトラをなぎ倒すと、ライフはちょうど残り0。巨大クリーチャーがその力を発揮してゲームを支配する前に、デトラのライフが尽きてしまったのだ。

メリッサ・デトラ 0-2 フロリアン・ピルス

前の記事: (特集記事) 《ウルフィーの銀心》に目を向けて | 次の記事: (英語)Round 5 Feature Match: Rite Back At You!
プロツアー:アヴァシンの帰還・バルセロナ 一覧に戻る