マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(翻訳記事)第12回戦:希望の帰還Shahar Shenhar(アメリカ) vs. 渡辺 雄也(日本・神奈川)

(翻訳記事)第12回戦:希望の帰還Shahar Shenhar(アメリカ) vs. 渡辺 雄也(日本・神奈川)

Steve Sadin / Translated by Yusuke Yoshikawa

原文はこちら

Shahar Shenhar(赤緑《ケッシグの狼の地》) vs. 渡辺 雄也 (白青赤Geists)

 シャハール・シェンハー/Shahar Shenhar と渡辺雄也には、はっきりとした共通点がある。彼らはともに、直近に参加したプレミアイベントで優勝しているのだ。

 渡辺はグランプリ・クアラルンプールでタイトルを勝ち取り(これにより、ワールド・マジック・カップの日本代表キャプテンの座を争うレースで安全圏とも言えるリードを得た)、一方のシェンハーは数週間前のグランプリ・ソルトレイクシティで頂点への道を駆け上がっている。


シャハール・シェンハーはトップ8への望みを残すために、
日本人プロの渡辺雄也と戦わねばならなくなった。

 それではプロツアー・アヴァシンの帰還の第12回戦に目を移そう。渡辺とシェンハーはともにここまで8勝3敗の成績で、2連続プレミアイベント優勝の望みを残すためには、この週末の残るラウンドを勝ち続けなければならない。

ゲーム1

 シェンハーは《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》と《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》からゲームの幕を開けたが、現れた《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》がシェンハーを防御側に追いやった。シェンハーは第3ターンに何もせずターンを返し、渡辺に《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》で攻撃するよう促した。渡辺は戦闘で死にそうになった彼を、《修復の天使/Restoration Angel(AVR)》で救い出した。

 シェンハーは《ウルフィーの報復者/Wolfir Avenger(AVR)》で戦線を構築するが、渡辺の2枚目の《修復の天使/Restoration Angel(AVR)》が次なる戦闘フェイズでも《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を生き残らせた。


渡辺の《聖トラフトの霊》が自殺的な戦闘から明滅効果で救い出され、大仕事をやってのけた。

 この期に及んでは、シェンハーが勝つためには奇跡が必要になった。シェンハーはドローし、カードを見る。しかしそこに《忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damned(AVR)》はないことを知ると、彼は即座に投了した。

シャハール・シェンハー 0-1 渡辺雄也

ゲーム2

 この第2ゲームで、シェンハーは除去偏重の手札をキープし、《枷霊/Fettergeist(AVR)》と《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》は除去できたものの、渡辺の《電位式巨大戦車/Galvanic Juggernaut(ISD)》への対抗手段を持たなかった。

 シェンハーがこれといって脅威を展開できなかったため、渡辺が《小悪魔の遊び/Devil's Play(ISD)》でシェンハーを焼き、勝負を決めるのは時間の問題だった。

シャハール・シェンハー 0-2 渡辺雄也


Shahar Shenhar / 赤緑ケッシグ
プロツアー:アヴァシンの帰還・バルセロナ(イニストラード・ブロック構築)
13 《森》
7 《山》
3 《ケッシグの狼の地》
1 《進化する未開地》

-土地(24)-

4 《アヴァシンの巡礼者》
4 《軽蔑された村人》
4 《絡み根の霊》
1 《ウルフィーの報復者》
4 《高原の狩りの達人》
4 《ウルフィーの銀心》

-クリーチャー(21)-
2 《火柱》
4 《豊かな成長》
2 《硫黄の流弾》
4 《忌むべき者のかがり火》
3 《情け知らずのガラク》

-呪文(15)-
4 《解放の樹》
3 《士気溢れる徴集兵》
3 《獰猛さの勝利》
3 《高まる残虐性》
2 《小悪魔の遊び》

-サイドボード(15)-
渡辺 雄也 / 白青赤Geists
プロツアー:アヴァシンの帰還・バルセロナ(イニストラード・ブロック構築)
4 《平地》
4 《島》
5 《山》
4 《断崖の避難所》
4 《硫黄の滝》
1 《処刑者の要塞》
4 《進化する未開地》

-土地(26)-

4 《枷霊》
4 《聖トラフトの霊》
4 《修復の天使》
4 《電位式巨大戦車》

-クリーチャー(16)-
4 《火柱》
2 《霊炎》
3 《静かな旅立ち》
3 《硫黄の流弾》
4 《小悪魔の遊び》
2 《神聖なる反撃》

-呪文(18)-
4 《スレイベンの異端者》
3 《ファルケンラスの匪賊》
2 《墓場の浄化》
1 《静かな旅立ち》
3 《いかづち》
1 《神聖なる反撃》
1 《処刑者の要塞》

-サイドボード(15)-

前の記事: (英語)Feature: Angels Everywhere | 次の記事: (翻訳記事)第13回戦:アメリカン・アイドル
Jon Finkel(アメリカ) vs. 清水 直樹(日本・大阪)

プロツアー:アヴァシンの帰還・バルセロナ 一覧に戻る