マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『戦乱のゼンディカー』スタンダードメタゲーム・ブレイクダウン 2日目

【戦略記事】 プロツアー『戦乱のゼンディカー』スタンダードメタゲーム・ブレイクダウン 2日目

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Tetsuya Yabuki

2015年10月17日

原文はこちら

 2日目に向けての足切りが行われ、プロツアー『戦乱のゼンディカー』におけるメタゲームは一段階進んだ。今大会2日目に残ったデッキは以下の通りだ。

アーキタイプ使用者数使用割合
アタルカ・レッド3515.22%
ダーク・ジェスカイ3213.91%
緑白「大変異」2812.17%
エスパー・ドラゴン146.09%
エスパー・コントロール114.78%
赤緑「上陸」114.78%
アブザン104.35%
4色ドラゴン73.04%
青黒アリストクラッツ62.61%
エスパー・プレインズウォーカーズ52.17%
ジェスカイ・トークン52.17%
ナヤ「大変異」52.17%
バント「大変異」41.74%
ブルー・アブザン41.74%
5色「白日の下に」41.74%
4色コントロール41.74%
ジェスカイ41.74%
バント・トークン31.30%
黒赤ドラゴン20.87%
ダーク・ジェスカイ・ドラゴン20.87%
4色「大変異」20.87%
緑黒アリストクラッツ20.87%
ジェスカイ・ドラゴン20.87%
マルドゥ20.87%
マルドゥ・ドラゴン20.87%
マルドゥ・トークン20.87%
レッド・アブザン20.87%
赤黒ドラゴン20.87%
アブザン・ラリー10.43%
ブルー・マルドゥ10.43%
エスパー「悪魔の契約」10.43%
エスパー「戦士」10.43%
5色コントロール10.43%
4色プレインズウォーカーズ【初日は「5色」でした】10.43%
4色ラリー10.43%
緑黒エルドラージ10.43%
緑白エルドラージ10.43%
グリクシス・ドラゴン10.43%
ジャンド・カンパニー10.43%
ジャンド・ドラゴン10.43%
マルドゥ・プレインズウォーカーズ10.43%
ナヤ・エルドラージ10.43%
赤ドラゴン10.43%
赤黒アグロ10.43%
ティムール・ドラゴン10.43%
ティムール「上陸」10.43%
合計230100.00%

 初日と同様、すべてを分類するとやや分析がしにくい。主要なアーキタイプにまとめて広く見てみよう。

アーキタイプ使用者数使用割合
赤アグロ系4620.00%
ジェスカイ系4519.57%
「大変異」系3916.96%
エスパー系3113.48%
4色/5色系187.83%
アブザン系166.96%
その他3515.22%
合計230100.00%

 こうして見てみると、4勝4敗という成績を基準にふるいにかけられる大会として、順当な結果だと言えるだろう。わずかに数字の変化はあるものの、各デッキの割合はほぼ変わらなかった。初日と変わらず、「ジェスカイ系」と「赤アグロ系」が上位ふたつのアーキタイプとなり、それに「『大変異』系」、「エスパー系」、「アブザン系」、「4色/5色系」が続く形になったのだ。

 そう、一見して何も変わっていないときこそ、すべてが変わっているものだ。ここで、初日を6勝2敗(マッチ・ポイント18点)以上で終えた成績優秀者の使用デッキをまとめてみよう。

アーキタイプ使用者数使用割合
ジェスカイ系1326.53%
赤アグロ系1122.45%
アブザン系816.33%
「大変異」系612.24%
エスパー系612.24%
青黒アリストクラッツ12.04%
4色コントロール12.04%
4色ドラゴン12.04%
赤黒アグロ12.04%
ティムール・ドラゴン12.04%
合計49100.00%

 こうすると、もう少し詳しく状況が見えてくる。すなわち、多色を極めたデッキたちが姿を消しているのだ。また、世界のトップ・プレイヤーやトップ・チームの決断も明らかになるだろう。彼らの多くが、「ジェスカイ系」や「赤アグロ系」の方を選択したのだ。

 そして、2日目進出率のデータも興味深いものになっている。

アーキタイプ初日使用者2日目進出者進出率
ジェスカイ系694565.20%
赤アグロ系674668.70%
「大変異」系663959.10%
エスパー系443170.50%
アブザン系341750.00%
4色/5色系301860.00%
アリストクラッツ系12866.70%
その他452657.80%
合計36723062.70%

 全体の2日目進出率はおよそ63%で、そこから「勝ち組」と「負け組」のデッキが明るみに出てきた。「アブザン系」はトップ・チームに注目されなかったものの、初日に多くの数が送り込まれた。しかし2日目進出率は、同じくらいの数を集めた「エスパー系」と比べて大きく差をつけられる結果になったのだった。

 「赤アグロ系」は、6勝2敗以上の成績優秀者の数ではやや劣ったものの、「エスパー系」に続いて2日目進出率上位デッキの座を獲得した。そして特に興味深いのは、《ナントゥーコの鞘虫》や《ズーラポートの殺し屋》を用いて、『ギルド門侵犯』当時のスタンダードに存在した「ファルケンラスの貴種/Falkenrath Arisocrats」デッキを思い起こさせる形に仕上げた、「アリストクラッツ系」デッキの今大会での活躍だ。2日目進出率自体は全体平均と同じくらいだが、あるチームでは8名のプレイヤーが青黒型の「アリストクラッツ」デッキを操り、そのうち6人を2日目の戦いに送り込んだのだった。

 2日目をスタンダード・ラウンドで締めくくれるかどうかは、ドラフト・ラウンドの結果次第だ。とはいえ、トップ8の舞台に上がりそうなデッキが徐々に輪郭を示してきたのではないだろうか。

前の記事: 【トピック】 Facebookアルバム プロツアー『戦乱のゼンディカー』1日目 | 次の記事: 【英語記事】 ドラフトビューワー:第2ドラフト、ポッド1
プロツアー『戦乱のゼンディカー』 一覧に戻る