マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:瀧村 和幸(日本) vs. Paul Dean(カナダ)

【観戦記事】 準決勝:瀧村 和幸(日本) vs. Paul Dean(カナダ)

080214_1291.jpg

Jacob Van Lunen / Tr. AOKI Chikara

2015年10月18日

原文はこちら

瀧村 和幸(アブザン) vs. ポール・ディーン/Paul Dean(アブザン)

 ポール・ディーンは昨日のスイスラウンド最終戦にオーウェン・ターテンワルド/Owen Turtenwaldと対戦することになった。最終戦の組み合わせ発表前、ディーンはインテンショナル・ドロー(意図的な引き分け)をすることによってトップ8に入れるものと思っていた。しかしターテンワルドは最終戦の結果の如何によらずトップ8入りが確実だったので、まだ当落線上で戦う親友のため、世界選手権準優勝者は戦いを欲したのだ。

 ディーンは負けた。負けた。負けた。こっぴどくやられ、落胆し、一人で隅っこに行って頭を抱えていた。そしてトップ8アナウンスが行われると、最低のイベントに成り下がっていたにも関わらず、彼が8位に滑り込んでいたことがわかった。

 さて今朝だ。ディーンはリベンジのチャンスを手に入れた。ターテンワルドはマナトラブルに見舞われ、ディーンは美しく舞った。戦いが終わり、カナダ人は準決勝で戦う権利を手に入れた。

 ディーンの対戦相手は、日曜日のステージに立つことを長く夢見てきた男、瀧村和幸だ。彼は昨年度シルバーレベルに到達したが、今週末の魔法は彼を新たな成功の領域に押し上げた。今や瀧村は優勝トロフィーと4万ドルの結婚祝いを、婚約者に持ち帰る決心をしている。

sf_dean_takimura.jpg
プロツアートップ8入りがはじめての2人はここまで来れたことに興奮していたが、あとほんの2回勝つとトロフィー獲得だ。決勝に進むのはどちらか?

ゲーム

 第1ゲームは瀧村の先手で始まったが、ディーンの《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》がファーストアクション。そこですぐに、土地を他のパーマネントよりも後ろに置いてプレイしなければならないことを指摘される。

「覚えがあるぞ」カナダ人は笑う。

 瀧村の《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》はすぐに《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》される。

 瀧村は《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》を裏向きで出すが、4枚目の土地を置けず、ディーンの《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》のカウンターが2個に。

 ディーンは《ドロモカの命令/Dromoka's Command(DTK)》をエンチャント生け贄&格闘モード(自分の《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》と瀧村の変異を対象)で使用。この使い方は普通に+1/+1カウンター&格闘のモードよりも安全だった。というのも、ゲーム開始から手札に《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》があるように思えないし、飛行機械・トークンでプレッシャーを与え始められるからだ。

 瀧村の土地は未だに3枚で止まっており、引いたばかりの《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》も相まって、ディーンはすぐに決着をつけられるかに思えた。瀧村の《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》が《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》にプレッシャーをかけるが、チャンプ・ブロック用のトークンがいくらでも出てくる。

sf_dean.jpg
ポール・ディーンはニアミスのあと、ここでプレイできることに喜びを感じ、ひとつひとつのゲームを秩序だってプレイする。

 《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》で戦場を構築していくディーン。瀧村は4枚目の土地を引き込み《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を唱える。しかし《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》は唱えられても、2個目の白マナ不足により《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》をはじめとする強力な白いカードが手札に取り残されたままだ。

 瀧村はディーンを攻撃するが、《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》が迎え撃つ。

 《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》がディーンの側に加わり、何度も土地を置き損ねている瀧村は苦しそう。ただ奇妙なことに、瀧村のライフは高いままだ。《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》でディーンの《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》が除去されると、瀧村の《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》と《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》が攻撃を始める。

 ディーンが自身の《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》を大きくしようとした瞬間、《ドロモカの命令/Dromoka's Command(DTK)》が飛んでくる。瀧村はマナ不足を若干ながら解消しており、対戦相手に2/2の同盟者・トークンを無尽蔵に生み出す《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》がいるにもかかわらず、若干有利なように感じられる。

 瀧村は2体の《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》を大きくしながら攻撃を続け、ディーンのライフは1。瀧村が《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》を唱えた時点で大勢が決まる。

 次々と増していくプレッシャーもさることながら、ディーンは土地を引きすぎてしまった。次の攻撃を耐えられないとわかると第2ゲームに進んだ。

 お互いのデッキを静かにシャッフルしてから7枚のカードを提示してそれを確認する。彼らは頷き、笑顔で同時に言う。「「マリガン。」」

 ディーンは6枚の手札に満足したが、瀧村は5枚へ、さらに4枚へ初手を減らす必要があると判断した。4枚のカードはキープできる内容だったが、これで勝つのはありそうにない。

sf_takimura.jpg
瀧村和幸はゲームとゲームの間は微笑みを浮かべていたが、ゲームが始まるとレーザーのように焦点を絞っていた。

 どちらも最初の数ターンに何も行わず、ディーンが《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》で2枚のカードを引いた。4枚目の土地は見つからなかったが、《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》を戦場に。

 ディーンは4枚目の土地に嫌われ続け、瀧村は土地を並べ始める。1体目の《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》こそ《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》で対処したものの、続く《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost(KTK)》、2体目の《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》には手も足も出ない。

 耐えていきたいディーンだが、瀧村が毎ターン素晴らしいトップデッキを続け、このターンは《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》がもたらされた。日本人の観客が割れんばかりの拍手を送る。

 瀧村はトリプルマリガンをしたが、堅実なプレイと小さな幸運により勝利へ向かい、プロツアー『戦乱のゼンディカー』のトロフィーを家に持ち帰るための一歩を進めた。

瀧村和幸が2勝0敗でポール・ディーンを破って決勝進出!
瀧村 和幸 - 「アブザン」
プロツアー『戦乱のゼンディカー』 トップ8 / スタンダード
2 《森》
2 《平地》
2 《梢の眺望》
1 《窪み渓谷》
1 《燻る湿地》
4 《吹きさらしの荒野》
4 《樹木茂る山麓》
4 《溢れかえる岸辺》
2 《ラノワールの荒原》
4 《乱脈な気孔》

-土地(26)-

4 《始まりの木の管理人》
4 《棲み家の防御者》
4 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
4 《包囲サイ》
2 《風番いのロック》
3 《搭載歩行機械》

-クリーチャー(21)-
4 《ドロモカの命令》
4 《アブザンの魔除け》
1 《残忍な切断》
4 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》

-呪文(13)-
1 《風番いのロック》
2 《黄金牙、タシグル》
2 《強迫》
3 《絹包み》
3 《精神背信》
2 《究極の価格》
1 《自傷疵》
1 《真面目な訪問者、ソリン》

-サイドボード(15)-
Paul Dean - 「アブザン」
プロツアー『戦乱のゼンディカー』 トップ8 / スタンダード
3 《森》
1 《平地》
1 《沼》
2 《梢の眺望》
1 《燻る湿地》
1 《窪み渓谷》
1 《大草原の川》
4 《溢れかえる岸辺》
3 《汚染された三角州》
4 《樹木茂る山麓》
3 《吹きさらしの荒野》
2 《ラノワールの荒原》

-土地(26)-

4 《始まりの木の管理人》
2 《棲み家の防御者》
4 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
4 《包囲サイ》
2 《風番いのロック》
4 《搭載歩行機械》

-クリーチャー(20)-
3 《ドロモカの命令》
1 《絹包み》
3 《アブザンの魔除け》
3 《残忍な切断》
4 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》

-呪文(14)-
2 《棲み家の防御者》
3 《強迫》
2 《精神背信》
2 《究極の価格》
1 《正義のうねり》
1 《アブザンの魔除け》
1 《破滅の道》
2 《悲劇的な傲慢》
1 《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:玉田 遼一(日本) vs. Jon Finkel(アメリカ) | 次の記事: 【英語記事】 Finals: Kazuyuki Takimura vs. Ryoichi Tamada
プロツアー『戦乱のゼンディカー』 一覧に戻る