マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『神々の軍勢』モダン・メタゲームブレイクダウン

【戦略記事】 プロツアー『神々の軍勢』モダン・メタゲームブレイクダウン

authorpic_nateprice.jpg

Nate Price / Tr. Tetsuya Yabuki

2014年2月21日

原文はこちら

 デッキリストが出揃い、それぞれの数が表にまとめられた。プロツアー『神々の軍勢』版、メタゲームブレイクダウンの時間だ!

 総勢396人のプレイヤーが参加した今大会だが、とんでもないことに42ものアーキタイプが会場に姿を現した。ただひとりが使うものもあれば、ある地域の半数に支持されたものもある。それらの分布を形にすると、以下のようになる。

アーキタイプ使用人数割合
Zoo6416.16%
双子4511.36%
メリーラ・ポッド338.33%
白青赤フラッシュ297.32%
ジャンド276.81%
呪禁オーラ246.06%
親和225.55%
バーン153.78%
風景の変容143.53%
死せる生143.53%
ストーム123.03%
白青赤コントロール102.52%
キキ・ポッド102.52%
マーフォーク82.02%
ブルー・ムーン82.02%
トロン82.02%
感染71.76%
フェアリー61.51%
アミュレット51.26%
白青コントロール51.26%
その他307.57%

 ご覧の通り「Zoo」が最大勢力となったが、驚くことはない結果と言える。元々、相当数が使うだろうと考えられていたデッキだ。《野生のナカティル》の復活はこのデッキを再び使用率上位へと押し上げ、プレイヤーたちも《野生のナカティル》がモダンで使える日を心の底から待ち望んでいたのだ。今週末に使用された「Zoo」は大きく分けて3つに分類される。それぞれの分布は以下の通りだ。

アーキタイプ使用人数割合
ナヤ3453.12%
ドメイン・ズー2437.5%
カウンターキャット69.38%

 純粋なナヤ・カラーで組まれたものと、勇気を持って4色、5色へと手を伸ばした形とで、ほぼ互角の様子だ。基本的な3色のものがわずかに上回っているものの、「安定感」と「デッキ・パワー」のどちらを取るのが正解だったのかは、これから明らかになるだろう。最も少ない「カウンターキャット」は時代に合わないのか、モダン初期の頃以来、目にすることはなくなった。「カウンターキャット」が絶滅に瀕している大きな理由として、同じタイプのデッキながら《波使い》と《海の神、タッサ》で一気に強化された「マーフォーク」の復権が挙げられるだろう。

 そして2番目に大きな勢力を誇るのは、やや意外だが「《欠片の双子》」となった。いや、このデッキがモダンのベスト・デッキのひとつになれない、と言うつもりはない(事実、ベスト・デッキのひとつだ)。また、上位の勢力を持つほどではない、と言うつもりもない(事実、上位にいる)。ただ、大方の予想では「《出産の殻》」デッキの方が「《欠片の双子》」デッキより多いとされていたのだ。往々にして、予想というものは裏切られるもの、ということだろう。今大会で使用された「《欠片の双子》」デッキの分布は以下の通り。

アーキタイプ使用人数割合
青赤白2248.89%
青赤2044.44%
青赤緑24.44%
青赤黒12.22%

 よく見られる「青赤」と「青赤タッチ白」の形に加えて、勇気を持って新しい形に向かったものもある。とりわけ緑をタッチしたバージョンは《タルモゴイフ》を採用しており、数年前に見られた「ネクスト・レベル・ブルー」によく似た印象を与える。一方黒をタッチしたものは、むしろ《欠片の双子》コンボを勝ち筋にした「グリクシス・コントロール」と言えるだろう。

 その他のデッキは、ほぼ予想通りに収まっている。やはり「メリーラ・ポッド」と「白青赤フラッシュ」は使用者を集め、「ジャンド」は《死儀礼のシャーマン》という最高のカードを失いながらも、根強いファンがいることを証明した。「呪禁オーラ」は、昨年の世界選手権でリード・デューク/Reid Dukeが用い驚くべき成績を残したことから、使用者が急激に増えた。有名なプレイヤーたちも、こぞってこのデッキに収まったようだ。

 ひとつ面白い新アーキタイプをつけ加えるなら、チーム「MTG Mint Card」のメンバーの多くが使う実にクールなデッキ、「ブルー・ムーン」だろう。一見、普通の「青赤コントロール」だが、このデッキは《血染めの月》や《広がりゆく海》といったカードで積極的にマナ基盤を攻めるのだ。元々、モダンという環境はマナ基盤への攻撃に弱く、さらに「Zoo」が復活したため、それがより効果的になった。こういったコントロール的な要素に加えて、《波使い》や《殴打頭蓋》が必要に合わせてゲームを終わらせる攻め手になってくれる。この「ブルー・ムーン」はしばらくぶりに現れた革新的なデッキだ。有名プレイヤーを躍進させるか、それとも一瞬の輝きに終わってしまうのか、今から楽しみである。

前の記事: 【英語記事】 Round 4: Slippery Slopes Michael Hetrick vs. Stephen Mann | 次の記事: 【英語記事】 Feature: Spain's Joel Calafell on the Pro Tour
プロツアー『神々の軍勢』 一覧に戻る