マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第8回戦:行き止まり Patrick Dickmann(ドイツ) vs. Michael Hetric(アメリカ)

【観戦記事】 第8回戦:行き止まり
Patrick Dickmann(ドイツ) vs. Michael Hetric(アメリカ)

authorpic_nateprice.jpg

Nate Price / Tr. Takuya Masuyama

2014年2月21日

原文はこちら

パトリック・ディックマン/Patrick Dickmann(青赤緑・双子) vs. マイケル・ヘトリック/Michael Hetric(死せる生)

 1日目も終わりへと近づき、7-0を記録した3人のプレイヤーが彼らの無敗の道筋を2日目へとつなげるべく懸命になっている。3人は皆独特なコンボ・デッキをプレイしていて、モダンの多様性の強調と、ジャンドがコンボの潮流をコントロールしていた影響、その両方を示している。ドイツのパトリック・ディックマンとアメリカのマイケル「ShipItHolla」ハトリックは貧乏くじを引いてしまい、対戦してどちらかがこの週末の最初の敗北を味わうことを余儀なくされた。

デッキ

 ディックマンの双子デッキのリストは、以前に我々がプロ・レベルのモダンのイベントで見かけた一般的な赤青や赤青白のバージョンから少々逸脱している。《修復の天使/Restoration Angel》と《村の鐘鳴らし/Village Bell-Ringer》のコンボのために白を加える代わりに、ディックマンと彼について行くことを選んだチームメイトは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》にアクセスするための緑を選択した。

「このデッキは基本的にすごく脆いんだ」と、彼は言う。「そして大体の相手はこれに対して対策ができてる。《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を入れることで常に効果的に4/5が得られて、相手にダメージを与える助けになる。大抵は殴って勝ちに行けるし、《欠片の双子/Splinter Twin》コンボが揃えばいつでもそれで勝ちに行く選択肢もある」

 対するテーブルの向こう側、ハトリックのプレイするコンボデッキは《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》の旅立ちによって船に積みきれないほどの有利を得たデッキ、《死せる生/Living End》だ。墓地を参照し続ける強力な1マナクリーチャーがいなくなれば、《死せる生/Living End》は最大の天敵である捕食者を失うことになり、このデッキがそこそこの位置からトップに躍り出るための加速を得て、そしてハトリックはその流れに乗ったのだ。彼はこのデッキのプレイ配信を1年のほとんどの間行っていて、そして彼のこのデッキの練習が実を結んだのは明らかだろう。

r8_dickmann_hetrick.jpg
ここまで7-0の両雄、パトリック・ディックマンとマイケル・ハトリックは、ジャンドが《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》のシャーマンを失った恩恵を受け、驚異の必殺技を繰り出すモダン・フォーマットのコンボの多様性を披露する。

ゲーム

 ハトリックはゲーム序盤のターンを、《死せる生/Living End》デッキの行動である、サイクリングして最終的に戦場に呼び戻すために墓地にクリーチャーを埋めることにきっちりと費やした。彼は3ターン目に襲いかかり、《暴力的な突発/Violent Outburst》をディックマンのアップキープに唱えた。これは続唱された《死せる生/Living End》に《差し戻し/Remand》することをディックマンに強制し、ハトリックへ効果的に自由なターンをもたらした。ハトリックは彼のターンに同じ仕掛けを繰り返す。今度はその《死せる生/Living End》は解決され、《通りの悪霊/Street Wraith》、《巨怪なオサムシ/Monstrous Carabid》、《死の一撃のミノタウルス/Deadshot Minotaur》が戦場に現れた。土地が2枚で止まっているディックマンは2枚の《稲妻/Lightning Bolt》で1ターンを稼いだが、再び3枚目の土地を引くことに失敗すると不満げにカードを片付けた。

r8_hetrick.jpg
ハトリックの《死せる生/Living End》は彼を第1ゲームの迅速な勝利へと導いた。

 かなり一方的だった第1ゲームの後、少なくとも第2ゲームの序盤はより双方向的なバージョンのマジックが繰り広げられた。ハトリックは序盤から墓地を増やし始め、《意思切る者/Architects of Will》と2枚の《巨怪なオサムシ/Monstrous Carabid》をサイクリングした。ディックマンはハトリックを妨害するべく抜け目ない選択をし、《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》の総督をハトリックのアップキープに唱えてそのターンの《暴力的な突発/Violent Outburst》を阻止した。その返しに、ハトリックは《叫び大口/Shriekmaw》を想起して、ディックマンが次のターンに《欠片の双子/Splinter Twin》を《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》につけて勝利してしまうことを阻止した。

r8_dickmann.jpg
ディックマンはハトリックのコンボへの試みを打ち消しの壁で阻み、ゲームを展開していく。

 そこからゲームは大きくスローダウンしていき、ハトリックはディックマンの《謎めいた命令/Cryptic Command》の壁に阻まれ呪文を得ることができなかった。しかしついにはディックマンの回答は尽き果て、ハトリックは《悪魔の戦慄/Demonic Dread》を唱えるチャンスを掴み、決め手となる《死せる生/Living End》が続唱されて、1つの呪文で24点分のパワーがテーブルへと戻ってきた。ハトリックが山ほどの誘発を解決し終えた後、ディックマンはターン終了時に《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》で勝利への最後の試みをするが、ハトリックは2枚の《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を生け贄に捧げてディックマンの赤マナを潰し、ディックマンは敗北を認めた。

「まさか《死せる生/Living End》が通るとは思わなかった。驚いたよ」とハトリックは安堵しながら言った。

「何も引けなかっただけさ」ディックマンは沈んだ様子で答え、彼の完璧な記録はハトリックの《死せる生/Living End》の前に崩れ去った。

ディックマン 0-2 ハトリック

前の記事: 【戦略記事】 野生への解放 | 次の記事: 【英語記事】 Video Feature: Day One Wrap-up
プロツアー『神々の軍勢』 一覧に戻る