マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第5回戦:ドロー・カードは時を越えて Eric Froehlich(アメリカ) vs. Bob Maher(アメリカ)

【観戦記事】 第5回戦:ドロー・カードは時を越えて Eric Froehlich(アメリカ) vs. Bob Maher(アメリカ)

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Tetsuya Yabuki

2013年5月17日

原文はこちら

エリック・フローリッヒ/Eric Froehlich(エスパー・コントロール) vs. ボブ・マーハー/Bob Maher(バント・コントロール)

 対戦相手のライフ総量が底をつくまでに、いったい何枚の《思考を築く者、ジェイス》が使われたことだろう? 殿堂顕彰者ボブ・マーハーの場合は3ゲームでのべ6枚を要した。彼はバント・コントロールを繰り、プロツアー「ギルド門侵犯」トップ8進出者でありこちらも長年のプレイヤー、エリック・フローリッヒのジェイス入りエスパー・コントロールを下した。


エリック・フローリッヒと殿堂顕彰者ボブ・マーハーは、両者とも10年前のプロツアートップ8にその名を残している。ふたりのベテランにとって、ドローゴーと《嘘か真か》が織り成す昔ながらのゲームは慣れ親しんだ世界だ。

 フローリッヒの評価はここ数ヵ月、とりわけ前回のプロツアー後から上昇傾向にある。今シーズン4つのグランプリでトップ8を記録していることはさておき、彼が10年以上前にプロツアー・サンディエゴ2002でトップ8に名を連ねたことは記憶におありだろうか。

 マーハーが最後にプロツアートップ8へ名を残したのも10年前の2002年、ヒューストンでのことだった。だがそれよりも彼を一気にマジック・プレイヤーたちの心に刻んだのは、ブリュッセルでの世界選手権2000、その決勝の舞台でジョン・フィンケル/Jon Finkelに惜しくも負けたことだった。この週末にマーハーが活躍する姿を見ると、マジックというゲームにおける偉人がどれだけ長い間プレイしているのか、誰もがそのことを思い起こさずにはいられない。

 簡潔に言ってしまえば、《思考を築く者、ジェイス》第二の能力は「小型《嘘か真か》」と言える。そのスペルは両プレイヤーとも10年前に良く知っていたものだ。そして、カードの枚数において有利を取れる能力がコントロール同系戦での勝者を決める、というのは今も変わらない。どちらのデッキにとっても大切な要素だった。「ここだというタイミングにジェイスを出せなかった」試合後、フローリッヒはそう語った。「ゲーム全体でアドバンテージを取っていたのはジェイスだったよ」と、早い段階で出た《思考を築く者、ジェイス》に裏打ちされたマーハーの強固な支配を振り返る。


1ゲーム目を通して、マーハーは《思考を築く者、ジェイス》の強力なドロー能力を後ろ盾に、素早い動きを見せた。

 勝利を得たものの、想像しているほどマーハーはこの試合に対する準備をしていなかったようだ。「どっちのデッキが良いかわかるにはプレイ回数が足りなかった。構築は尚更ね。こうして試合の後でも、どっちが良いか答えられないよ。3ゲームともドロー勝負にもつれ込んで、ゲームが終わる瞬間でも引き続けていた......」と、マーハーは3ゲーム目の終わりに《霊異種》がフローリッヒの《ヴィズコーパの血男爵》と向かい合う息の詰まる場面を振り返って、そう言った。「......本当に投げ出してしまう直前だった。ギリギリだったよ」

 《思考を築く者、ジェイス》の重要性については、1ゲーム目の早い段階から明白だった。マーハーが4ターン目にそのプレインズウォーカーを唱えると、すぐさまフローリッヒが《心理的打撃》を放ったのだ。マーハーは次のターンに2枚目の《思考を築く者、ジェイス》を続けた。2ターン後、フローリッヒがマナを《スフィンクスの啓示》に注ぎ込みタップ・アウトすると、マーハーは《霊異種》を通した。この《霊異種》は《遠隔+不在》でフローリッヒにバウンスされるが、一方マーハーはフローリッヒのジェイスを打ちのめす《原形質捉え》を持っていた。フローリッヒから奪ったマナを使い、マーハーは《霊異種》を守れる青マナを残しつつ余裕を持って戦場へ送り直した。土地を置けないターンが続いた後のフローリッヒには、ほぼ破壊できないクリーチャーを対処する手段はなかった。

 2ゲーム目もまたドローが勝敗を決める試合となった。マーハーはしばらく3枚から土地が引けず、何度かディスカードを余儀なくされた。最終的にフローリッヒの10枚に対して5枚しか土地を出せなかった。勇敢さを捨てず、マーハーはフローリッヒの《霊異種》2体の前にジェイスを繰り出したが、予定通りマーハーのライフはたった2回の攻撃で切り刻まれた。

 両者がコントロール・デッキを使っていながら、ラウンド残り時間は半分ほどあった。ジャッジが時間を確認し、時間通りに進められるようなできごとがあったのか尋ねた。「時間切れになる前に、デッキが切れると思うよ」フローリッヒが冗談を飛ばす。

 もっとも、3ゲーム目は始めから大きく傾いた。マーハーが3ターン目《ロクソドンの強打者》、4ターン目《思考を築く者、ジェイス》と、アグレッシブなスタートを切ったのだ。フローリッヒはすぐさま《遠隔+不在》の《遠隔》側を使って《ロクソドンの強打者》を送り返すが、《思考を築く者、ジェイス》がほぼ毎ターン追加のドローを与え、マーハーの支援を始めた。マーハーは《取り消し》でフローリッヒの《拘留の宝球》を止め、《思考を築く者、ジェイス》を守った。フローリッヒの《ヴィズコーパの血男爵》は通し、間髪入れずに《至高の評決》で除去した。それからフローリッヒは自分も《思考を築く者、ジェイス》を出して、対消滅を狙った。そこで起こった《取り消し》、《払拭》、《払拭》の打ち消し合戦はマーハーの勝利に終わり、彼は潤沢にマナを残して《霊異種》をプレイした。


フローリッヒは2ゲーム目で状況をイーブンに戻したが、最後の3ゲーム目にはマーハーの《思考を築く者、ジェイス》によるアドバンテージ差の前に屈した。

 3ゲーム目を通して、フローリッヒは《思考を築く者、ジェイス》は無かったものの、序盤から《地下世界の人脈》でドローをしていた。《地下世界の人脈》で引いた5枚のカードのおかげで、減ったライフにとって致命的な《霊異種》を対象にした《アゾリウスの魔除け》を巡る2度目の打ち消し合戦を戦うことができた。安全を確保すると、フローリッヒは2枚目の《ヴィズコーパの血男爵》を投入し、ゲームを《霊異種》とのライフ・レースに持ち込んだ。ところが、フローリッヒがメイン・フェイズに《スフィンクスの啓示》をX=7で撃ち隙を見せたそのとき、マーハーの忍耐が実を結んだ。《セレズニアの魔除け》の強化を受けたマーハーの《霊異種》が残りをパワーに注ぎ込むと、ライフ11点では足りなかったのだ。

前の記事: 【英語記事】 Round 4: Three "Games"
Ben Stark (Boros Blitz) vs. Gaudenis Vidugiris (Bant Control)
| 次の記事: 【英語記事】 Round 6: One Step Ahead
Samuele Estratti (UWR Control) vs. Uri Peleg (Azorius Control)

プロツアー「ドラゴンの迷路」 一覧に戻る