マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 ラヴニカへの回帰・ブロックにおける4色以上のドラフト

【戦略記事】 ラヴニカへの回帰・ブロックにおける4色以上のドラフト

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Masashi Koyama

2013年5月18日

原文はこちら

「マナは呪文より大事」

 こう言ったのはサム・ブラックだが、ラヴニカへの回帰・ブロックドラフトにおけるボブ・マーハーの方針の核心でもある。「良いマナを手に入れなければならない」とマーハーは言った。このリミテッドフォーマットにおいて、攻撃的なデッキの背景にある考え方は、可能な限り2色に近づけるべきだ、というものである。マーティン・ジュザ、ズヴィ・モーショウィッツやその他多くのプレイヤー達がこれまでに共有しているドラフト方法論だ。マーハーのアプローチはそれとは正反対だ。

「なんとしてでも2色のデッキじゃなきゃいけないって言う人もいるけれど」マーハーは続ける。「僕はその考え方には断固として反対だね。良いマナベースを手に入れることはちょっと上等なだけのコモンや隙間を埋めるカードを取るよりはよっぽど重要なんだ(爆弾級のレアは別だけどね)。僕のドラフトを見ればわかると思うけど、他のたくさんのカードよりもギルド門を優先して取った。なぜなら、僕が使っている白青デッキには9枚ずつの青と白のマナソースが入っているけれど、赤のカードを1枚、黒のカードを1枚、そして2枚の緑のカードをタッチしていて、それぞれの色について3枚のソースがある。大体のゲームにおいては7~10ターンほどかかるから、タッチカラーのマナ源を引き当てることができるはずだ」


殿堂顕彰者ボブ・マーハーは、ラヴニカへの回帰・ブロックのドラフトにおいて、マナベースは念頭に入れておくべき最も重要な側面であると強く信じている。

 なぜタッチしている多くのカードを有効に使うことができるのだろうか?「そういったカードが僕のデッキで違いを生み出しているんだ。僕が使っている、対戦相手のクリーチャーに -1/-0の修整を与える《夜帷の憑依者/Haunter of Nightveil(DGM)》や、《戦導者のらせん/Warleader's Helix(DGM)》、《雨雲を泳ぐもの/Nimbus Swimmer(GTC)》は守備的なデッキでマナを使い切る場合に大きな違いを生み出してくれる。他にも、《サルーリの門番/Saruli Gatekeepers(DGM)》は7点回復するクリーチャーだしね。たとえもし優秀な2色の攻撃デッキと対戦することになったとしても、マナさえ引けば、まあ僕のマナはとても優秀なんだけど、十分な勝ち目があるだろうね。」

 ライフ回復はマーハーのタッチ戦略において1つのテーマになっている。「4点回復の《戦導者のらせん/Warleader's Helix(DGM)》、7点回復の《サルーリの門番/Saruli Gatekeepers(DGM)》、5点回復の《閉廷宣言/Fall of the Gavel(RTR)》、それと多くの高タフネスクリーチャーのおかげで6、7マナかかる飛行生物、《雨雲を泳ぐもの/Nimbus Swimmer(GTC)》なんかをプレイできるんだ」

 しかしタッチ戦略に付きまとうのはつまるところマナの問題だ。「ドラゴンの迷路では」とマーハーは説明する「パックを開けて、僕は中身を見てこう言うんだ。『この色でデッキを組んだ時に、このカードがデッキに無ければ失望するのかどうか?』色を広げれば、プレイに値するカードが23枚はあるだろうし、他のランダムなコモンと比べてこのカードが無ければ失望するほど上等なのか? 多くの場合、特にドラゴンの迷路において、答えはノーだ。もし、そのカードを持っていないことに失望しないならば、僕はギルド門を取るよ」

 2日目のドラフト(ドラフトビューアーで見ることができる)でマーハーは何回か分岐点があったと挙げた。「《戦導者のらせん/Warleader's Helix(DGM)》対《イゼットのギルド門/Izzet Guildgate(DGM)》だね。つまり、ただの除去ではあるが、選局を左右する除去だ。全力をもって取るべきるだろう。そのカードがデッキに無ければ失望するから、最終的に門よりも優先して取ることにした。一方で2枚の《変転充填魔/Fluxcharger(DGM)》を見かけたんだ。とてもいいカードなんだけどね。それらを流すのは本当に心が痛かったけれど、時にはただの1/5飛行になってしまうからね。だから門や他の何かと比べてそれらがデッキに無くても、それほど失望はしないよ。」

 マーハーはもう1点、マナの重要性について強調する。「通常、2枚か3枚の導き石を取るように努めているよ。」ドラゴンの迷路に入っているコモンのマナ調整アーティファクトだ。「非常に高めに評価していいと思う。特に門番とかそういったものと一緒に流れてきた場合はね。そもそも心から門番をあてにしていることはない。いつもまずギルド門を取ってそれから流れてくる門番があれば見ているくらいだ。デッキに必要不可欠なパーツだというわけではない。」

 マーハーは多色へのアプローチを簡単に要約した。「マナ基盤が正常に機能するか常に確かめておくことだ。常に、だ。マナ基盤が正常に機能し、より強力な呪文があれば、試合を有利に運ぶことができる。」

前の記事: 【英語記事】 ドラフト席順: Draft 2 | 次の記事: 【トピック】 すべてはプリンセス・バターカップのために
プロツアー「ドラゴンの迷路」 一覧に戻る