マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 決勝:至高の敗北 Dusty Ochoa(アメリカ) vs. Craig Wescoe(アメリカ)

【観戦記事】 決勝:至高の敗北 Dusty Ochoa(アメリカ) vs. Craig Wescoe(アメリカ)

authorpic_nateprice.jpg

Nate Price / Tr. Tetsuya Yabuki

2013年5月19日

原文はこちら

ダスティ・オチョア/Dusty Ochoa(エスパー・コントロール) vs. クレイグ・ウェスコー/Craig Wescoe(セレズニア・アグロ)

 全体除去が全体除去として機能しない? セレズニア・アグロを相手にすると、そういうことが起こるらしい。

 決勝戦の第1ゲームをダブルマリガンでスタートしたにも関わらず、クレイグ・ウェスコーは幾度となく《至高の評決》を受けながら突き進み、ダスティ・オチョアの操るエスパー・コントロール・デッキに3-0のストレートで勝利を収めた。


第1ゲームをダブルマリガンで迎えながらも、クレイグ・ウェスコーのセレズニア・アグロ・デッキはダスティ・オチョアのエスパー・コントロール・デッキを3-0で押し切った。

 今大会圧倒的に人気のあったデッキを使うダスティ・オチョアは、ウェスコーが初手を続けて2回デッキに戻したのを見て「しめた」と思ったことだろう。だが5枚の手札で爆発的なスタートを見せつけられたら、その思いは瓦解するに違いない。

「《護民官のサーベル》を装備して、8点」

 この言葉とともにウェスコーは、オチョアをあと1ターンの死の淵へ放り込んだ。ウェスコーは開幕から《審判官の使い魔》、《復活の声》、《議事会の招集》と爆発的に門から飛び出した。オチョアは《アゾリウスの魔除け》で《復活の声》をバウンスし、命からがら《至高の評決》で盤面を流した。ところが《復活の声》が戦場に戻り《護民官のサーベル》を装備すると、《ワームの到来》とともにその仕事を完遂した。

 次の《至高の評決》も効果は薄かった。オチョアは《思考を築く者、ジェイス》を使ってウェスコーのクリーチャーを誘い出し、《復活の声》、《議事会の招集》のトークン、《ドライアドの闘士》、そして《ワームの到来》のトークンを引き出した。《至高の評決》がウェスコーの盤面を壊滅させたように思えた。ところが、盤面にはエレメンタル・トークンが置かれ、さらに《ワームの到来》のトークンが瞬速のタイミングで出てきたのだ。《至高の評決》でクリーチャーを流されてもなお、ウェスコーはアンタップ後7点で攻撃する準備ができた。2枚目の《至高の評決》は無く、オチョアはただ返しのターンで投了するしかなかった。


オチョアの《至高の評決》は一見するとこのマッチアップに有効なカードだが、実際は効果的でないことが明らかになった。

 オチョアはここまで2回《至高の評決》を撃っているものの、大きな効果は得られなかった。《至高の評決》は、ウェスコーができること、つまり戦場へクリーチャーを繰り出すということに対して最高のカードのはずだったが、オチョアを救うことはできなかった。決勝の最終ゲームは、終結にふさわしい虚しさを感じさせる一幕となった。

 再びウェスコーが門から飛び出し、《実験体》と《議事会の招集》のトークンを戦場に加えた。オチョアは軽い除去スペルを持っており、《肉貪り》と《劇的な救出》でそれぞれを除去した。オチョアが土地を伸ばす合間に、ウェスコーは先ほど除去された2枚をまったく同じように展開し直した。4ターン目、オチョアはライフ20以上で4枚目の土地を置くことに成功した。ここまではオチョアにとって最高の流れに見えた。

 ここでウェスコーが攻撃後、2点払って《寺院の庭》をアンタップ・インし、4マナ立たせてターンを渡した。《ワームの到来》を視野に入れた動きだろう。オチョアは《至高の評決》で盤面を流すことに決めたが、《根生まれの防衛》がウェスコーのクリーチャーを守り、同時に3/3クリーチャーがもう1体増えた。これで《実験体》も2回目の進化を遂げた。アンタップ後、ウェスコーは攻撃でオチョアのライフを8まで落とすと、自軍に《復活の声》を加えた。


ウェスコーが操るセレズニアのカードたちは、全体除去など笑いが出るほど効かないということを明らかにし、彼の対戦相手は評議会の攻撃への対応に苦しんだ。

 オチョアがもう一度仕掛けた。タップ・アウトで2枚目の《至高の評決》を放つ。ウェスコーは《実験体》からカウンターを取り除き再生すると、他のクリーチャーたちは墓地へ送った。《復活の声》の能力が誘発し、クリーチャーが出ると同時に《実験体》にカウンターが乗った。オチョアのターンの終わりに、ウェスコーは残ったマナで《セレズニアの魔除け》を使い、2/2のトークンを出した。致死ダメージが近いことを感じさせるクリーチャーだった。2回続けての《至高の評決》、そのどちらにおいても、ウェスコーは《至高の評決》を撃たれる前と比べて、少なくともクリーチャーの数を維持した。あと彼がやるべきことは、アンタップして《ワームの到来》をプレイし、エレメンタル・トークンを4/4にして勝利へ向かって攻撃を仕掛けるだけだった。

 オチョアは彼の切り札があまりにも効かなかったため呆然とした様子で、試合中も言葉は少なかった。傍から見れば、なす術が無かったように思える。何とか4回放った《至高の評決》も、盤面を流すことができたのは1度きりだった。その原因のほとんどは、ウェスコーが《至高の評決》への耐性にひと際優れたカードでデッキを埋めていたことによる。その驚くべき決断が、週末の戦場でカードの有利をもたらしたのだ。


クレイグ・ウェスコー、プロツアー「ドラゴンの迷路」優勝おめでとう!
Dustin Ochoa
プロツアー「ドラゴンの迷路」2013
4 《アゾリウスのギルド門》
4 《神無き祭殿》
4 《神聖なる泉》
4 《湿った墓》
3 《島》
3 《平地》
2 《ディミーアのギルド門》
2 《オルゾフのギルド門》
2 《沼》

-土地(28)-

2 《幽霊議員オブゼダート》
2 《霊異種》
2 《静穏の天使》

-クリーチャー(6)-
3 《遠隔+不在/Far+Away(DGM)》
4 《アゾリウスの魔除け》
4 《中略》
3 《肉貪り》
4 《思考を築く者、ジェイス》
4 《スフィンクスの啓示》
4 《至高の評決》

-呪文(26)-
3 《払拭》
1 《肉貪り》
1 《劇的な救出》
4 《心理的打撃》
4 《罪の収集者》
1 《拘留の宝球》
1 《心理のらせん》

-サイドボード(15)-
Craig Wescoe
プロツアー「ドラゴンの迷路」2013
9 《森》
9 《平地》
4 《寺院の庭》
1 《セレズニアのギルド門》

-土地(23)-

4 《ドライアドの闘士》
4 《実験体》
4 《審判官の使い魔》
4 《復活の声》
4 《ロクソドンの強打者》

-クリーチャー(20)-
1 《護民官のサーベル》
4 《議事会の招集》
4 《セレズニアの魔除け》
4 《根生まれの防衛》
4 《ワームの到来》

-呪文(17)-
2 《派手な投光》
2 《ドルイドの講話》
2 《ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士》
4 《ひるまぬ勇気》
1 《オルゾヴァの贈り物》
4 《セレズニアの声、トロスターニ》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【英語記事】 Semifinals: Selesnya's Courage
Josh Utter-Leyton (Boros Blitz) vs. Craig Wescoe (Selesnya Aggro)
| 次の記事: 【英語記事】 Feature: Archetype Breakdown for Pro Tour Dragon's Maze
プロツアー「ドラゴンの迷路」 一覧に戻る