マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(翻訳記事)Round 11: Andrew Cuneo(アメリカ) vs. Gerard Fabiano(アメリカ)

(翻訳記事)Round 11: Andrew Cuneo(アメリカ) vs. Gerard Fabiano(アメリカ)

Bill Stark / Translated by Yusuke Yoshikawa

原文はこちら


「おれは世界じゃあ6番目さ...プレインズウォーカー・ポイントで言うならね」

 卓越したジョーク使いとして知られるGerard Fabianoは、第11回戦のフィーチャーマッチの席に座るなりそう言った。

「6番目だって? プレインズウォーカー・ポイントじゃなくて別のものなら、私が勝っているんだが」

 Andrew Cuneoも、Fabianoのジョークに応じて笑った。

 彼らはゲームに向けたシャッフルの間も、生き生きとドラフトについて語り合っていた。と、Fabianoが私に向き直って言う。

「シャウト・アウトしてもいいかな?」

 返事をする間もなく、Fabianoは口走っていた。

「やあ、カバレージを読んでくれてるGenn、母さん、妹、Bobby Peacock!」

(訳注:シャウトアウトとは、ヒップホップ音楽において尊敬している人物へ捧げる言葉のこと)


Andrew CuneoとGerard Fabianoは、ゲームの前にジョークでお立ち合い。

Game 1

 Cuneoは第1ゲームをマリガンして始めることとなったが、2回目の初手を誤って7枚引いてしまったことに気がついた。ジャッジのIngrid Lind-Jahnは、その7枚から2枚ライブラリに戻し、5枚へのマリガンをしたものとみなす、という裁定を告げた。これはベテランマジックプレイヤーにも厳しいものと思われた。

 CuneoとFabianoの二人は、プロツアー参戦がもう10年になろうかという、古参の中の古参だ。Fabianoは《深夜の出没/Midnight Haunting(ISD)》をキャストし、自身のプロプレイヤー・カードを取り出してスピリット・トークンとした。一方のCuneoは《小村の隊長/Hamlet Captain(ISD)》から入った。


2人の空飛ぶFabiano・トークンがダメージを与える。

 Cuneoは《蜘蛛の掌握/Spidery Grasp(ISD)》によって相手の飛行クリーチャーの片方を撃ち落とした。Fabianoの土地は《平地/Plains(TSP)》のみで、明らかに色事故を起こしているようだった。Cuneoは《苛まれし最下層民/Tormented Pariah(ISD)》は《猛り狂う狼男/Rampaging Werewolf(ISD)》へと変身させ、《小村の隊長/Hamlet Captain(ISD)》とともにFabianoに襲いかかる。

 この攻撃がブロックされなかったところで、Cuneoは《茨群れの頭目/Briarpack Alpha(DKA)》を瞬速で追加しパンプアップ、Fabianoのライフは6に落ちる。

 Fabianoはしばし計算をし、勝てる望みがないかどうか探したが、どうにも良くない結果が出たようだった。彼は一応、いくつかのクリーチャーが交換になるようにブロックしてみたが、《月霧/Moonmist(ISD)》がそれすらも許さずFabianoは手勢を失った。ドローの後、彼はサイドボードへと手を伸ばし、結局Cuneoのマリガンでの失敗は大きな痛手にならずに終わった。

Andrew Cuneo 1, Gerard Fabiano 0

「まだニュージャージーに住んでいるのかい?」

 Cuneoは次のゲームへのシャッフルをしながら対戦相手に聞いた。

「そうだよ。教師の職に就けたのでね」

 Fabianoは答えると、すぐに次のゲームに集中を移した。

Game 2


 第1ゲームで現れたのはFabianoのデッキの白い部分だけだったが、今回は青い部分だけをプレイしているようだった。彼は《島/Island(M12)》のみの初手から始め、《思考掃き/Thought Scour(DKA)》によって第3ターンの《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》を実現した。さらに第4ターンにには《ランタンの霊魂/Lantern Spirit(ISD)》を加えながら、相手の《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》を《静かな旅立ち/Silent Departure(ISD)》で戻す。

 Cuneoはこのパワフルな2/2を再キャストし、Fabianoは《幻影の掌握/Grasp of Phantoms(ISD)》で二度目のバウンスを行った。

 Fabianoの航空戦力の攻撃を受けている状況下のため、Cuneoは3ターン連続となる《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》のキャストをする以外にない。

 不運なことに、Fabianoは5枚目の土地を置けず、これを速やかに処理する《静かな旅立ち/Silent Departure(ISD)》をフラッシュバックすることができなかった。それでも攻撃によってCuneoのライフは2に落ち込んだ。《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》がで4ライフに戻したとは言え、きわめて危険な状態といえる。

 対戦相手が終了ステップにプレイした《深夜の出没/Midnight Haunting(ISD)》は、Cuneoにとって非常に厳しいものかと思われた。,.


恐ろしい軍勢に直面し、Cuneoと狼男たちは倒れようとしている...

 しかし、彼は終わっていなかった!

 Fabianoはとどめの一撃を加えようと攻撃するが、Cuneoは《月霧/Moonmist(ISD)》を持っていた。《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》の能力と《高原の荒廃者/Ravager of the Fells(DKA)》への変身による誘発を合わせて、《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake(ISD)》を除去することにも成功した。Fabianoは《精鋭の審問官/Elite Inquisitor(ISD)》と《首無しスカーブ/Headless Skaab(DKA)》を追加し、まだ主導権を渡さない。

 いや...そうではなかった。Cuneoは《夜鳥の手中/Nightbird's Clutches(ISD)》をキャストし、すべてのクリーチャーを攻撃に送った。早いターンに現れていた《常なる狼/Immerwolf(DKA)》が、この攻撃をちょうどライフを削り取るものに引き上げていたのだ。

 Fabianoは受けるダメージを数え、また数えなおし、そして落胆して首を振った。

「いいデッキだったと思ったんだけどなあ」

 しかしながら、運命を変えることはできなかった。

 わずかな沈思黙考の後、彼は笑って手を差し出し、Cuneoのこの後の幸運を願った。

Andrew Cuneo 2, Gerard Fabiano 0

前の記事: (英語)Round 10: Josh Utter-Leyton vs. Gaudenis Vidugiris | 次の記事: (英語)Feature: Back to Beach House Battling
プロツアー:闇の隆盛・ホノルル 一覧に戻る