マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:Owen Turtenwald(アメリカ) vs. 高橋 優太(日本)

【観戦記事】 準々決勝:Owen Turtenwald(アメリカ) vs. 高橋 優太(日本)

chapman.jpg

Chapman Sim / Tr. AOKI Chikara

2016年8月7日

原文はこちら

オーウェン・ターテンワルド/Owen Turtenwald(世界ランキング2位/ティムール昂揚)vs. 高橋優太(バント・カンパニー)

 《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》がプレビューに現れた時、直前のブロックにコジレックとウラモグしかおらず「三位一体」がいつ完成するのか憂いていた我々は歓喜したものだ。13マナのカードはスタンダードにおいて重すぎるという疑念がある一方で、予見者たちのグループがその実現性を確かめていた。

「ジョン・フィンケルがあなたにエムラクールを使うように言ったって聞いたんです」 高橋が尋ねる。

「エムラクールは壊れてるって言われたんだ」 ターテンワルドはフィンケル信者であった、今でもそうかはわからないが。チーム「Pantheon」が《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》の使い道を見つけると、彼らはそのまま突き進んだ。

「そのデッキならコストを{7}まで減らせます?」

「{6}までだね。1枚だけ入っている《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller(OGW)》を墓地に用意できれば」

 このキーカードのタイミングを管理するのは非常に重要だったので、お互いの合意のもとに墓地のカード・タイプをダイスで数えることになった。新しいプレイヤー・オブ・ザ・イヤーはそのダイスの数値が上昇することに何ら異存はない。反対側の高橋はその逆を望む。

 プロツアー『異界月』が始まる前のスタンダードで鬼っ子扱いされていたバント・カンパニーだが、いろいろなデッキがその支配を抑制するために「現出」してきた。もっとも重要な改革は《コジレックの帰還/Kozilek's Return(OGW)》の能力を以前よりもうまく使うことであり、多くのエルドラージ・クリーチャーを実際には7マナ以上あるマナ・コストを払わずに唱えられ、《コジレックの帰還/Kozilek's Return(OGW)》を墓地から誘発させるのだ。

 このマッチアップは打ち消しで妨害できるテンポ・プレイができるからバント・カンパニーがとても有利であると主張する高橋。『異界月』のさらなるアツいカード、《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》が墓地を肥やす《過去との取り組み/Grapple with the Past(EMN)》や《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》、《群れの結集/Gather the Pack(ORI)》を止めてターテンワルドの戦略を遅くする。

ゲーム展開

 スイスラウンドの順位が高かった高橋は賢明に先手を選ぶが、初手を見て「すごく弱い」と、許容できる6枚を求めるために7枚をデッキに戻す。

 最初の衝突はターテンワルドが2ターン目に《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》を唱えた時に起きた。高橋は即座に《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》で応える。土地が2枚のターテンワルドは《群れの結集/Gather the Pack(ORI)》を唱えるが土地は手に入らない。

 ターテンワルドの窮地に付け込みたい高橋は、次なる脅威として《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を送り込み、3回の調査をすべて手札に変える。6/5と2/3に殴られ始めたターテンワルドは未だ3枚目の土地にたどりつけない。高橋は手を緩めることなく第1ゲームを取った。

QF-Turtenwald.jpg
第1ゲームで土地に苦労したオーウェン・ターテンワルド。

 新しいルールを思い出す前に、ゲーム2に備えてサイドボードに手を伸ばした高橋。プロツアー『イニストラードを覆う影』から、5本制の試合だとサイドボーディングは第3ゲームから許される。

 そんなわけで、お互いメインデッキを相手に提示して第2ゲームに備える。

 ターテンワルドの《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》は、《群れの結集/Gather the Pack(ORI)》によって昂揚を達成すると3/3の脅威になるが、それは成されず。ライフが19点になった高橋は《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》を出す。《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage(ORI)》と《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》がターテンワルドのマナ問題を確実に解決してくれる一方で、今度は高橋が土地を置けない。

 ありがたいことに《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》が3枚目の土地を引かせてくれた。脅威に対して高橋は最善の努力を試みるが、手札に対応策はあるものの追いつくことができない。ターテンワルドは7マナに到達しようとしており墓地には5種類のカード・タイプがある。《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》はすぐそこまで来ている。実際に唱えられたエルドラージは《オジュタイの命令/Ojutai's Command(DTK)》で打ち消されるものの、その能力でターテンワルドは高橋の立場を壊せる。

 高橋の手札に控える2枚の《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》では影響を与えられず、《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》と《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》も同様だ。ターテンワルドは《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》で《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》に向かって攻撃するだけでターンを返す。《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》と《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》を出した高橋だが、《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend(EMN)》で《コジレックの帰還/Kozilek's Return(OGW)》を「フラッシュバック」するターテンワルドには絶好の機会になった。

 その後、《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller(OGW)》が《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage(ORI)》を新しい2枚にしてくれて、《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend(EMN)》と《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》が防御を担う。つづくドロー・ステップに3枚になったカードを新しい4枚にすると、そこには2枚目の《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》が!

 ターテンワルドは高橋の全クリーチャーを特攻させ、《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》を《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》して3度目を手助けした! あまりにも多くのことができるようになってしまったので、両者1本ずつを取ってサイドボード後のゲームに移ることになった。

QF-Takahashi-and-Turtenwald.jpg
サイドボード後のゲームが近づく中、ターテンワルドと高橋はお互いマッチをコントロールすることを望む。

 第3ゲーム、高橋は《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》で開始、すぐに《爪の群れの咆哮者/Krallenhorde Howler(SOI)》に変身する。《崩れた墓石/Corrupted Grafstone(SOI)》、《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage(ORI)》、《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》という最高のスタートを切ったターテンワルドは、《コジレックの帰還/Kozilek's Return(OGW)》で高橋が手掛かりを生け贄に捧げる前に《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を除去する。

 7マナに到達したターテンワルドだが、墓地がほぼ空なので《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》にはもう数ターン掛かりそうだ。事態を好転させるべく唱えられた《群れの結集/Gather the Pack(ORI)》は成功する。欲していたエルドラージを得た上に、墓地のカード・タイプを5種類まで増やす。そして《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》が第3ゲームを決定づける《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》までの防御を提供する。

 だがしかし、高橋は《即時却下/Summary Dismissal(EMN)》を用意しており、《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》本体だけでなくその《精神隷属器/Mindslaver(MRD)》能力も追放してみせた!

 ターテンワルドは《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》を《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》に捕らえられるが、代わりに《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》を通す。このエンチャントが2枚目のエムラクールと高橋のクリーチャーを一掃する《コジレックの帰還/Kozilek's Return(OGW)》を墓地にまとめてもたらす。今度は《オジュタイの命令/Ojutai's Command(DTK)》で打ち消す高橋。今度はエルドラージの能力を止めることができす、ターテンワルドは《集合した中隊/Collected Company(DTK)》で高橋の占術6を行い、《束縛なきテレパス、ジェイス/Jace, Telepath Unbound(ORI)》を[-3]して墓地に送る。

 ガス欠になりそうだったターテンワルドだが、《過去との取り組み/Grapple with the Past(EMN)》をトップデッキすると、高橋含むテーブルの回りにいた全員が笑いながら促す。

「ナイス! 3回目の《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》?」

 そりゃあターテンワルドはそうする。

 ところが今回高橋の手札がすべて土地だったので、《諜報網/Spy Network》としてしか機能しない。《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》の影響後、高橋は《集合した中隊/Collected Company(DTK)》からの《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》で《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》を手札に戻し、総攻撃してターテンワルドのライフを6にする。

 ターテンワルドが何も引けなければ高橋が第3ゲームを取れる。だが、ちょうど欲しかった《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend(EMN)》で一息つくと、4回目の《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》が。

QF-Takahashi.jpg
4回唱えられた《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》が高橋に大損害を与える。

「こんなの初めてだ。ここまでやらなくちゃいけなかったことなんてない。高橋は本当にうまく耐えたね」と、後にターテンワルドは感慨を込めた。

 2勝1敗でターテンワルドがリードしており、高橋がマッチに勝利するには残り2ゲームを取る必要がある。ターテンワルドが《過去との取り組み/Grapple with the Past(EMN)》、《崩れた墓石/Corrupted Grafstone(SOI)》で加速すると、高橋は間髪入れずに《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》、《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》でビートダウンを開始。

 高橋は《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を、ターテンワルドは《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》と《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》を自陣営に追加する。高橋はプランを遅れさせるものかと、2枚目の《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》で接死持ちを手札に送り返す。《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》でブロックせず、ターテンワルドのライフは6、現出の兆候だ。

 《不憫なグリフ/Wretched Gryff(EMN)》が現出すると、墓地からの《コジレックの帰還/Kozilek's Return(OGW)》が哀れな高橋の戦力を一掃してしまう。

 ゲームは目まぐるしく動き、昂揚状態にある3体の《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad(EMN)》は日本のプレイヤーの道が閉ざされていることを示し、続くターンの《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》が高橋のプロツアー『異界月』を終わらせた。

 今回はプラチナ・レベルで満足せざるを得ない高橋はターテンワルドの次の試合の幸運を祈った。

オーウェン・ターテンワルドが高橋優太を3勝1敗で破って準決勝に進出。

 高橋が握手をして、プロツアー・サンデーから退出する前に最後の質問をする。

「まだプロツアーは勝ってないんですよね?」

「そうだね。」

『まだ』。

 ターテンワルドはそれを変えるべく。

高橋 優太
プロツアー『異界月』 トップ8 / スタンダード (2016年8月5〜7日)
4 《森》
4 《平地》
1 《島》
3 《梢の眺望》
3 《大草原の川》
4 《ヤヴィマヤの沿岸》
2 《伐採地の滝》
4 《進化する未開地》

-土地(25)-

4 《薄暮見の徴募兵》
4 《ヴリンの神童、ジェイス》
4 《森の代言者》
4 《反射魔道士》
4 《呪文捕らえ》
4 《不屈の追跡者》
2 《巨森の予見者、ニッサ》

-クリーチャー(26)-
4 《ドロモカの命令》
4 《集合した中隊》
1 《オジュタイの命令》

-呪文(9)-
1 《苛性イモムシ》
3 《ラムホルトの平和主義者》
2 《ランタンの斥候》
4 《否認》
2 《石の宣告》
2 《神聖なる月光》
1 《即時却下》

-サイドボード(15)-
Owen Turtenwald
プロツアー『異界月』 トップ8 / スタンダード (2016年8月5〜7日)
7 《森》
3 《島》
1 《山》
4 《ヤヴィマヤの沿岸》
3 《獲物道》
3 《シヴの浅瀬》

-土地(21)-

4 《節くれ木のドライアド》
3 《約束された終末、エムラクール》
3 《巡礼者の目》
2 《墓後家蜘蛛、イシュカナ》
1 《不憫なグリフ》
3 《老いたる深海鬼》

-クリーチャー(16)-
4 《発生の器》
4 《過去との取り組み》
4 《群れの結集》
2 《崩れた墓石》
4 《コジレックの帰還》
4 《ニッサの巡礼》
1 《炎呼び、チャンドラ》

-呪文(23)-
2 《ヴリンの神童、ジェイス》
1 《棲み家の防御者》
2 《失われた業の巫師》
2 《払拭》
2 《焦熱の衝動》
2 《侵襲手術》
1 《翼切り》
1 《久遠の闇からの誘引》
1 《否認》
1 《即時却下》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【トピック】 プロツアー『異界月』 トップ8プレイヤープロフィール | 次の記事: 【英語記事】 Quarterfinals: (15) Reid Duke (Red-Green Delirium Ramp) Vs. (5) Luis Scott-Vargas (Bant Company)
プロツアー『異界月』 一覧に戻る