マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第6回戦:Andrew Cuneo(アメリカ) vs. 行弘 賢(日本)

【観戦記事】 第6回戦:Andrew Cuneo(アメリカ) vs. 行弘 賢(日本)

080214_1291.jpg

Jacob Van Lunen / Tr. Tetsuya Yabuki

2015年2月6日

原文はこちら

アンドリュー・クネオ/Andrew Cuneo(感染) vs. 行弘 賢(アブザン)

 ゴールド・レベル・プロのアンドリュー・クネオには、プロツアーの上位戦線など手慣れたものだ。プロツアー・トップ8入賞2回、グランプリ・トップ8入賞2回の記録を持つこのペンシルバニア出身のプレイヤーは、今大会、この最高の舞台で十分に踊れることをここまで証明してきた。クネオは「《出産の殻》」系のデッキの中でも「メリーラ・ポッド」型の先駆者であり、そのデッキは長らくモダン環境をリードし続けていた。そんな彼がこの週末に操るのは、トム・ロス/Tom Ross謹製の「感染」デッキ。《野生の抵抗》や《強大化》といったカードを活用するこのデッキは、とんでもないところから勝利をさらっていきそうだ。

 対する行弘 賢は、日本のゴールド・レベル・プロ。プロツアー・トップ8入賞1回と、実に6度のグランプリ・トップ8入賞を誇るプレイヤーだ。行弘の操るデッキは今大会で人気を集めた「アブザン」デッキ。爆発力のある感染戦略に対しては、やや不安を抱えた状況だと言える。「感染」デッキに対しては《思考囲い》と《未練ある魂》が最も効果的であり、タイミングの良い除去とともに、それらのキーカードを複数枚引き込めるかどうかが勝負の分かれ目になるだろう。

r6_cuneo_yukuhiro.jpg
アンドリュー・クネオと行弘 賢、ふたりのゴールド・レベル・プロは、それぞれ異なる形でモダン・フォーマットに挑む。

ゲーム展開

 第1ゲームはクネオが《ぎらつかせのエルフ》から《荒廃の工作員》と素早い滑り出し。

 行弘は《思考囲い》を持っていたが、クネオはすでに「感染」クリーチャーを展開し終えていて、公開された手札には強化呪文が溢れていた。行弘は《巨森の蔦》を取り去り、除去を通せるようにする。

 クネオは次のターンで《強大化》を放ち勝負を決めにいくことを選択しなかった。しかし行弘が《未練ある魂》をプレイすると、行かざるを得ない状況になる。だが行弘はここで生き残るために必要な《流刑への道》や《四肢切断》を持っておらず、勝負は第2ゲームへと進むのだった。

r6_cuneo.jpg
クネオの持つ脅威はすでに戦場にあり、強化も足りていた。

 第2ゲームに向けて静かにシャッフルを進める両者。今度は行弘の先攻でゲームが始まり、クネオが最初の数ターンで勝利を掴む可能性は大きく減った。

 クネオは再び第1ターンに《ぎらつかせのエルフ》を展開。だが行弘も、素早くサイズを上げてブロッカーの役目を果たす《タルモゴイフ》をプレイする。

 行弘は《大渦の脈動》でクネオの《ぎらつかせのエルフ》を除去すると、次のターンから《未練ある魂》を手札と墓地から連続で唱えた。

 クネオは《ペンデルヘイヴン》を擁するスピリット・トークンの軍勢を前に突破口を探すが、3枚もの《未練ある魂》が《タルモゴイフ》とおまけに《復活の声》も合わせて膨大なブロッカーを生み出し、ゲームを終わらせるにはそれで十分だった。

 ここで両プレイヤーには、カメラが他の試合を映す間、試合を進めないよう要請がなされた。行弘は席を立ち、試合中の日本人プレイヤー、世界ランキング16位の山本 賢太郎と中村 修平の様子を見にいった。

 クネオが尋ねる。「誰に勝ってほしい?」

 行弘は山本を示し、「僕のチームメイトに」

 他の試合が終わると、再びカメラが彼らのテーブルを映す。第3ゲームが幕を開けた。

 クネオは《貴族の教主》からゲームを始め、一方の行弘は《思考囲い》を放ち、クネオの手札からそれ1枚でゲームを決め得る《強大化》を取り去った。

r6_yukuhiro.jpg
行弘のデッキは強力な妨害手段を有している。

 クネオは続くターン《ギタクシア派の調査》をプレイし、このゲームが彼にとって厳しいものになることを悟った。行弘の手札には2枚目の《思考囲い》と《未練ある魂》、そして過剰なほどの単体除去があったのだ。

 それでもクネオは攻勢に向かった。しかし、あまりに強力な対策を前にできることは少なかった。

 行弘の《黄金牙、タシグル》がクロックを刻み、すでに攻撃手を失った対戦相手にカード・アドバンテージの面でも優位に立った。

 やがてクネオは、《荒廃の工作員》に望みを託した。スピリット・トークンの群れを越えて攻撃できるのはこいつだけだ。

 しかしそれは叶わなかった。行弘は《突然の衰微》を抱えており、クネオの希望の光を遮ったのだった。

 クネオはなおも攻撃の手を用意しようともがくが、《黄金牙、タシグル》の攻撃により、その後数ターンで勝負は決したのだった。

クネオ 1-2 行弘
行弘 賢
プロツアー『運命再編』 / モダン
4 《湿地の干潟》
4 《新緑の地下墓地》
4 《吹きさらしの荒野》
2 《神無き祭殿》
2 《草むした墓》
2 《活発な野生林》
1 《森》
1 《平地》
1 《沼》
1 《地盤の際》
1 《寺院の庭》
1 《森林の墓地》

-土地(24)-

4 《タルモゴイフ》
4 《復活の声》
4 《包囲サイ》
4 《黄金牙、タシグル》

-クリーチャー(16)-
4 《コジレックの審問》
4 《流刑への道》
4 《思考囲い》
3 《突然の衰微》
4 《未練ある魂》
1 《真面目な訪問者、ソリン》

-呪文(20)-
3 《虚空の杯》
3 《石のような静寂》
2 《原基の印章》
2 《潮の虚ろの漕ぎ手》
1 《盲信的迫害》
2 《大渦の脈動》
1 《ナイレアの弓》
1 《殴打頭蓋》

-サイドボード(15)-
Andrew Cuneo
プロツアー『運命再編』 / モダン
4 《墨蛾の生息地》
3 《霧深い雨林》
3 《新緑の地下墓地》
2 《繁殖池》
2 《森》
2 《ペンデルヘイヴン》
2 《樹木茂る山麓》
1 《吹きさらしの荒野》

-土地(19)-

4 《ぎらつかせのエルフ》
4 《貴族の教主》
4 《荒廃の工作員》
1 《呪文滑り》
1 《ヴィリジアンの堕落者》

-クリーチャー(14)-
4 《ギタクシア派の調査》
4 《古きクローサの力》
4 《変異原性の成長》
4 《巨森の蔦》
2 《ひずみの一撃》
1 《手練》
2 《使徒の祝福》
2 《野生の抵抗》
4 《強大化》

-呪文(27)-
1 《ドライアドの東屋》
3 《自然の要求》
2 《払拭》
2 《呪文貫き》
2 《よじれた映像》
3 《呪文滑り》
1 《野生の抵抗》
1 《屍肉の呼び声》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【英語記事】 Round 5: (17) Patrick Chapin vs. Matthew Sperling | 次の記事: 【英語記事】 Round 7: Lukas Blohan vs. (15) Jacob Wilson
プロツアー『運命再編』 一覧に戻る